今年の夏はここで決まり!メキシコでおすすめの観光スポット11選

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

100010755-sites-default-files-images-100010755-mexico-flag-cuetzalan-puebla-gettyp-1910x1000

中米・メキシコと聞いて、皆さんはどんなイメージを思い浮かべますか?名前は聞いたことがあるけど、あまりよく知らない…という方、きっと多いでしょう。

実はメキシコは、謎多き古代遺跡や世界屈指のリゾート地、そして豊かな自然を持つ魅力的な国です。文化やグルメも興味深く、訪れる旅人の心を魅了し続けています。

今回は、そんなメキシコで絶対に訪れるべき観光スポット11選を紹介していこうと思います。今年の夏に向けて、今から計画に取り掛かりましょう。

pueblabuildings_rem

プエブラ

メキシコは1521年~1821年の300年間、スペインの植民地だったため、今もなお多くの都市が植民地時代の一見ヨーロッパ風な街並みを残しています。そんなメキシコの中でもプエブラの街並みは、群を抜いて魅力的だと感じました。スペイン植民地時代のコロニアルとキリスト文化が未だ色濃く「プエブラ」は、メキシコらしい歴史都市として観光客から人気を集めています。

何といっても、タラベラ焼きのタイルが彩るカラフルな街並みには目と心を奪われます。タラベラ焼きとは、古くスペインから伝来した陶器の焼き物で、メキシコ各地で多く見られるのですが、特にプエブラはタラベラ焼きの名産地として知られています。また、黄金で装飾された煌びやかな礼拝堂もあります。

カラフルな街並みが可愛らしく、また食事も美味しいと有名です。街自体の雰囲気が良いそうで、オススメ度No.1の街なのだと言います。

プエブラは市街地まるごと1987年に「プエブラ歴史地区」として世界文化遺産に登録されています。古風で洗練された色とりどりの街並みに誰もが魅了されることでしょう。また、メキシコを代表する郷土料理の多くが、プエブラ州で生まれました。プエブラを訪れた際には是非これらのメキシコ料理を堪能したいものです。メキシコを訪れた際は、絶対に外せない観光スポットです。

93931301

メキシコシティ

ショッピングやアートが好きなら、「メキシコシティ」を訪れるのもオススメです。

街並みがポップなカラーで可愛らしく、また世界遺産がなんと5つもあるのにも驚きです。特にメキシコシティから1時間ほど離れた場所にある「テオティワカン遺跡」はとても壮大で、一見の価値ありです。

gettyimages-141478340_full1

サンクリストバル

マヤ文化の中心地として、メキシコ観光局が力を注いでいる魅惑の街「サンクリストバル」。旅人からも、メキシコのオススメ観光スポットとして一押しされることが多いこの場所。民芸品の宝庫で、先住民文化を知るのにとても良いエリアだそうです。

main-alcala-oaxaca

オアハカ

メキシコのなかで、もっとも先住民人口の比重が高い「オアハカ」。メキシコの魅力を凝縮した街として、観光客から人気があります。

コロニアル建築が並ぶ歴史地区と、先住民が残したモンテアルバノ遺跡は、世界文化遺産に登録されているそう。街歩きをしているだけで、楽しい気分に浸れる場所です。

veracruz-principal

ベラクルス

ベラクルスはメキシコ湾に面した常夏の街です。私は12月に行きましたが、本当に真夏という感じでした。私は普段内陸部で生活していたので、メキシコ滞在3ヶ月目にしてようやくメキシコの海を見ることができて、大感激したのを覚えています。

また、意外と知られていませんが、メキシコのコーヒー、特にベラクルスのコーヒーはすごく美味しいのです。

滞在したユースホステルの朝食で出されたコーヒーを口にした瞬間、衝撃が走りました。今まで飲んだコーヒーの中でも格別美味しかったのです。従業員に尋ねてみると「Bora de Oroのコーヒーだ」と教えてもらえました。これはベラクルス州コアテペック産のコーヒーで、深いコクと豊かな味わいが特徴的です。いやな苦みや酸味がないのでブラックでも美味しくいただけました。

また、ベラクルス州ハラパには、オルメカ族の巨石人頭像で有名なハラパ人類学博物館もあります。そしてベラクルス州ヒコ(Xico)というメキシコの中でもかなりの異彩を放つ秘境にも行ってきました。「Pueblos mágicos(魅惑的な街)」というメキシコ観光省のお墨付き観光スポットに認定されたのも納得できます。

特に「聖女マグダラのマリア着せ替えドレス博物館」が素晴らしいです。ヒコでは7月にヒケニャーダ(Xiqueñada)というお祭りが開催され、7月22日に聖女マグダラのマリアを讃えるパレードを行います。それまでの1ヶ月間毎日違う衣装を聖女像に着せかえるのですが、その際使用されたドレス全750着以上がこの博物館に保管されていて、しかも無料で一般公開されているのです。一番古いドレスはなんと1898年のものでした。

guanajuato-69744-6532806

グアナファト

「グアナファト」は、街並みが色鮮やかで可愛らしく、メキシコで一番美しいとさえ言われる場所です。スペイン植民地時代の美しいコロニアル建築や、歴史的な市街地が有名で、その美しさにハマってしまう旅人も多いんだそうです。

夜には灯りがともり、より一層美しく街を飾ってくれます。

playa-del-carmen-601751-smalltabletretina

プラヤ・デル・カルメン

ヨーロッパの人々に大人気のこちら。ゆったりとリゾート気分を楽しみたいのなら、ぜひ「プラヤ・デル・カルメン」を訪れてみてください。

カンクンの南65㎞ほどに位置する小さな港町ですが、年々人気がアップし、賑わいを増しているエリアです。安全なエリアのため、治安が心配な南米と言えど安心して観光を楽しめるでしょう。

199

プエルト・ヴァジャルタ

セレブが続々とお忍びで訪れる、メキシコの穴場リゾートとして人気の「プエルト・ヴァジャルタ」。

現地人にも人気のリゾート地で、カンクンより物価が安く海もきれいだといいます。「プレデター」など、ハリウッド映画のロケ地となったことでも有名です。

san-miguel-de-allende-9796-smalltabletretina

サン・ミゲル・デ・アジェンデ

街並みが美しく、絵画的な雰囲気を併せ持つ場所として人気の「サン・ミゲル・デ・アジェンデ」。

グアナファトから1時間半ほど離れた場所にあり、芸術の町、民芸品の町など、街の素晴らしさを讃える様々な名前で呼ばれています。

hospicio-cabanas-patio-1920x1087

オスピシオ・カバーニャス

孤児院と病院の複合施設である「オスピシオ・カバーニャス」は、1997年に文化遺産として世界遺産に登録されました。スペイン語圏アメリカにおいて最も歴史が古く、規模の大きい総合病院として機能していました。現在は文化会館として使用されています。

1024x1024

カンクン海底美術館

カンクン国立海洋公園が、珊瑚礁を守るプロジェクトの一環として始めた海底美術館です。カンクン沖、2ヵ所の海底に500以上もの彫像が沈められており、とても幻想的な雰囲気に包まれています。

またこの美術館は、野生の珊瑚に休息を与えることと、海の環境を保護するために寄与を促す役目もあるそうです。

carnival-mexico-region-image-2

まとめ

歴史、自然、リゾートが交差するメキシコ。そしてメキシコ先住民独特の文化、遺跡、自然、リゾート。たくさんの楽しみが詰まった国・メキシコ。暖かい国が持つ陽気な雰囲気やカラフルな街並みは、訪れる人々の心を掴んで離しません。

多少治安面に心配がありますが、十分に気をつけてメキシコの旅を楽しんでください。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  2. 写真:Yuuma Familyインド15日目、コルカタINしてから電車を乗り継ぎイン…
  3. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…

新着記事

  1. 海外旅行には頭痛の種である円安。円安では基本的に海外旅行費用がかさみますが、それは避けたいと…
  2. ガウディの残した建築物が多く残る街スペイン東部にある街がバルセロナです。バルセロナはスペイン観光…
  3. 夏といえば海とビーチ!今年の夏休みはどうしよう?そう考えている方はいませんか。夏といえば、何を楽…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP