仕事が豊富にある!今は誰もがフリーランスになれる時代だ

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

挫折してしまうのは仕事の少なさが原因!?

sb1

フリーランスを目指し一度は挑戦してみたものの、収入がアップせず、むしろ以前よりも格段に下がったりしてしまい、挫折してしまう人もいるようですね。

確かに、フリーランスとして高収入を稼ぎ、なおかつ安定させていくのは難しいかもしれません。しかし、フリーランスって決して仕事が少ないわけではないのです。

仕事が少なくて見つからないから収入が下がるとか、仕事を探すのが大変だからとか、そういう理由でフリーランスを挫折しているわけではないのです。

実際に、現在フリーランスの需要は高まってきており、フリーランスとクライアントを結ぶクラウドソーシングサービスはどんどん成長してきています。最近は、SNS運営を主体としている某大手起業も、クラウドソーシングに手を出してみたり、起業自体がフリーランスを募集していたりもしています。

なので、仕事が少ないから挫折する人が多いのではありません。以前は仕事の少なさに挫折してしまう人も多かったのかもしれませんが、今は「自分自身」が原因で挫折しているのではないかと思われます。

フリーランスを挫折してしまう本当の原因

フリーランスを挫折してしまう本当の原因は仕事の少なさではありません。実際にフリーランスを募集しているクライアントなんていくらでもあるし、仕事量だって以前と比べればかなり増えてきているのです。

そこで仕事が見つからないからフリーランスとして続けていけないなんて、そういうのはただの贅沢に感じてしまいます。

上手に探して上手にクライアントと契約することで、若い人でも、同じ年代の平均年収を遥かに上回るくらい稼ぐことだって可能なのです。

では、なぜフリーランスを挫折してしまう人が多いのかというとまずはフリーランスを甘く見ていることが原因なのかもしれません。

フリーランスって自分の部屋だろうが、カフェだろうが、公園だろうが、どこで仕事をしてもいいのです。そして、朝はのんびりしてお昼からとか、午前中に一気に片付けて午後は自由にするとか、今週は4日間休んで3日間だけ仕事をするとか、仕事をする時間も配分も自由なのです。

この自由に憧れてフリーランスになってみようかと思う人が多いと思いますが、フリーランスはそうそう甘くはありません。

仕事は仕事ですから楽して稼げるわけもありませんし、仕事の効率が良くなるまで時間がかかりますから、最初から短時間で高収入を得ることもできません。

しかし、フリーランスになったらすぐに短時間で稼げるとか、自由な時間がたくさん持てるとか、そういった甘い考えを持ちながら挑戦したとき、現実の厳しさとそのギャップに耐え切れずにフリーランスを挫折してしまうのはないかと思います。

他にも、仕事に集中ができなかったり、生活リズムが崩れてだらだらと過ごしてしまい納期に間に合わなかったり、ただ単に自分の性格やライフスタイルと、フリーランスという働き方が合わないがために挫折してしまう人もいるようです。

やはり自由に仕事をすると、つい他のことに誘惑されて集中できないから、企業で働いたほうが向いているという人もいますね。

フリーランスを挫折してしまう人のほとんどは仕事が見つからないからではありません。自分に向いていないから、理想と現実のギャップに耐えられないからだと思います。

フリーランスのお仕事は増えてきている

sb2

フリーランスのお仕事ってやっぱり少ないのではないかと疑問に思う人もいるかもしれませんが、実際にはフリーランスのお仕事は世界的にも増えてきているのです。

日本よりも遥かにフリーランスの人口が多いアメリカも、フリーランスのお仕事がどんどん増えてきていますし、日本だって同じくフリーランスを必要とするクライアントがどんどん増えてきているのです。

また、クライアントからの依頼が多すぎて、1人ではどうにもならないので、自分からさらに他のフリーランスへ外注する人もいます。

自分だけでは手が回らない人って意外と多かったりするんです。それくらい、フリーランスのお仕事はたくさんあります。

「どれも低単価のお小遣い程度しか稼げないような仕事でしょ?」と言う人もいますが、実際最も人口も募集も多いフリーライターでも、未経験でも高単価で、時給換算すると普通にアルバイトしたり、会社員として働くよりも高くなるお仕事だってたくさんあるのです。

クラウドソーシングだって新しいウェブサイトがどんどんオープンしていますし、どのサイトも仕事が山ほど紹介されています。

日本のクライアントだけでもかなりの募集をしているので、海外に目を向けると相当数のクライアントがフリーランスを必要としているのです。

誰でもフリーランスに挑戦できる時代!

フリーランスを必要としているクライアントが増えてきていますし、今では誰でもフリーランスに挑戦できる時代だと思います。

成功できるか、挫折するかどうか別として、きちんとフリーランスとしての仕事に向き合うことができれば、誰もがフリーランスとして働くことができるのです。

もちろん、いきなり仕事を辞めてフリーランスになるにはリスクが高すぎると思いますが、定職に就いている人でも、1日の空いた時間を利用してこなせる仕事もあるので、ちょっとしたお小遣い稼ぎ程度にはフリーランスとして働くことも可能です。

本格的に働くもいいし、副業としてちょっとずつ働くのも良し。仕事が豊富になっているので、誰でもフリーランスになることができるのです。

フリーランスになるにはどうしたら良いのか?

sb3

フリーランスになるのはとっても簡単です。ウェブサイトを通じてクライアントとやりとりをするクラウドソーシングを利用して仕事を見付けたり、自分とクライアントが直接やりとりをして契約をするフリーランスの募集サイトを利用することで、簡単にフリーランスの仕事を探すことができます。

もちろん、本格的にフリーランスとして活動するなら、税務署への届け出など、さまざまな届け出が必要になりますが、フリーランスとして試しに何か仕事をしてみようという挑戦すること自体は、クライアントと契約して仕事をもらうだけなので簡単です。

あとは、責任をもって最後まで仕事を遂行することで、クライアントから報酬を受け取ることができます。

フリーランスになるには複雑な届け出などを省いてしまえば、たったこれだけです。これだけで誰でもフリーランスになれます。

フリーランスとして挫折しないためには?

フリーランスとして挫折しないためには、最初から上手くいくはずがないと思うことかもしれません。

やはり最初から上手くいく、楽に稼げると思っていると現実との厳しさを痛感して挫折してしまいます。挫折しないためには最初からハードルをあげないことです。

また、現在きちんと働いているなら、いきなり仕事をやめるのは絶対に避けるべきでしょう。

一生フリーランスとしてやっていく覚悟があったり、もう今の職場にいること自体が辛いとか、そのような理由があるなら辞めてすぐにフリーランスになってもいいかもしれませんが、特に不満もないのに憧れだけで仕事を辞めてフリーランスになるのは失敗しやすいケースだと思います。

最初はちょっと大変かもしれませんが、月に数万円程度稼げる感じのゆるやかなフリーランスのお仕事に挑戦し、徐々に慣れていくと、いざフリーランスとして本格的に活動を始めるときに挫折しにくくなりますし、仕事の効率も上がるのではないでしょうか。

仕事が多くてもライバルはいる

ただし、フリーランスとしての仕事は探せばいくらでもあるとは言え、やはりライバルは必ずいます。

特に高単価な案件には沢山の人から注目を浴びていると思いますし、その分競争率が激しくなると思います。しかし、経験を積めば必ずあなたのスキルとして身につきます。

最初はライバルに負けてしまい、収入がなかなかアップしないかもしれません。しかし、どんな案件でもきちんと仕事をこなすことで、必ずあなたのスキルとして身につき、いずれはライバルに勝てるようになります。

フリーランスの人口はこの先増えていく

sb4

以前より格段にフリーランスの人口は増えましたが、これから先もどんどんフリーランスの人口は増えていくと思います。

まず、今の若い世代の人が、最初に就職した企業で一生働いていくという気がありません、いずれは転職したり、フリーとして活動していきたい、起業したいというぐとが多いのです。

働き方や将来のビジョンの見方が時代とともに変わってきているのです。

この若い世代の人は、フリーランスとして働きたいと思っている人も多く、実際にフリーランスの多くが20~30代の若い世代の人ばかりです。

きっとこの先もどんどん増えていくと思います。だから、今よりももっと、仕事が探しやすくなると思いますし、より働きやすくなると思います。

しかし、今現在も誰もがフリーランスとして働ける時代ですので、今から経験を積んでおくのも良いかもしれません。

上手に仕事をこなすことができれば、フリーランスはとても素晴らしい働き方です。興味のある人は、とりあえず簡単なお仕事から挑戦してみてはいかがでしょうか。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …
  2. ニゴンボのレストランでは店のほとんどの所がアルコールを出していなく、何処に行ってもない!と断…
  3. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP