働きながら世界一周する方法、僕はこうやって一周した

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

AroundTheWorld

「働きながら世界一周」という言葉の中には、世界一周の費用の全てをその稼ぎで賄っている、一部を賄っている、収入としてはアテにしていない、ボランティアなどなど、いろいろな「働きながら」の「世界一周」の形が混じっていそうです。

誰でも勇気や根性があればできそうパターンや特定の人なら可能なパターン、日本や海外で就いている定職を利用するパターンなど、「働きながら世界一周」の可能性を追求してみました。

「世界一周」の費用全額を「働きながら」稼ぐ方法

「タダで世界一周する方法」にもつながるのがコレです。自己資金がゼロ、もしくは最小限しかなくても、「世界一周」に出発してしまえる方法もあります。

  1. まず考えられるのは「スポンサー」を探すこと。自分からさまざまな分野へ売り込みをかけてもいいでしょう。考えられる分野として、旅関連のウェブサイトでの連載や旅グッズを販売・レンタルしているショップとの提携、または、ショップからの依頼を受けての仕入れ作業などもある種のスポンサーと言えそうです。
  2. 多くはありませんが、「世界一周人募集中」といった広告やキャンペーンなどに参加して勝ち取るという方法もあります。
  3. 上記のような多少他力本願な方法以外にも、文筆業やアフィリエイトサイトやウェブページの運営、ネットショップ経営による利益でも、全額を賄うことは不可能ではありません。

いずれの方法も「ニーズ」を的確に読みとり、提案したり販売したりすることで対価を得ます。この対価をいかにして「世界一周費用全額」に見合う額にまで持ち上げるかが腕の見せ所となるでしょう。

「世界一周」の費用の一部を「働きながら」稼ぐ方法

「全額」を稼ぎ出そうとしない分、プレッシャーもハードルも低くなります。

一応の「世界一周」資金は用意できているが、プラスアルファを稼げたらラッキー、得意なことを生かして小銭稼ぎしながら旅を盛り上げよう、そんな風に考える二兎を追うタイプが取りやすい方法です。

その方法は、「世界一周費用全額」を目指す場合とほぼ同じ。ただし、目標設定が低くなるため、選択の幅は広がります。より手軽で自分自身の負担にならず、できれば楽しめる仕事を見つけることも可能でしょう。

ただし、「世界一周」することが「一芸」と考えられていたのはもう一昔前のこと。「世界一周」中の仕事として「世界一周」していることをウリにするためには、旅そのものや旅人自身にプラスアルファの魅力が必要になるでしょう。

費用は別物、収入にこだわらず「働きながら世界一周」する方法

「世界一周」のための費用準備は万全。でも、「世界一周」のテーマや目的の一つとして「働くこと」を選ぶ人もいます。

「働くこと」の定義は限りなく広く、捉え方も人それぞれです。日記やブログを書いてアップすることを「仕事」と考えることもできます。写真を撮っていくことを「仕事」とする人もいるでしょう。

また、発展途上国を中心にボランティア活動の場はたくさんあります。旅先でなんらかの地域活動や文化活動を行う事を「仕事」とするのも、もちろんアリです。

これらは、特別な知識も資格も持たなくても、ちょっとの勇気やきっかけさえあればできてしまいます。

世界各地のボランティア募集情報を集めたサイトを使ってもいいし、街の食堂やゲストハウスで無料の日本語や日本料理教室を開いてもいいでしょう。

必要なのは「ネットと知恵」? 誰でもできるかもしれない「働きながら世界一周」

稼ぎ出せる金額はともかく、多少の収入がともない、「世界一周」をしながらできる仕事にはどんなものがあるでしょうか?

  1. ブログを書いて、広告を貼り付けるだけでも、収入となることがあります。人が読みたいと思う「ニーズ」=「ブログの内容」、クリックしたい、申し込みたいと思う「ニーズ」=「興味をそそる広告」を揃えることが最低条件となります。
  2. 「世界一周」を応援するサイトに売り込みをかけて、「旅の様子を連載」させてもらう「ライター」になることもできます。この場合もやはり、読みたいと思う「ニーズ」を踏まえた上で、ある程度の文章力が必要となります。写真も大事な要素となるでしょう。
  3. バイヤーやブローカーなども旅先との為替や流行の違いをいかして行うことができる職種です。ブランド品などは、品揃えも価格も世界共通ではありません。そこへ為替による差額も加わり、「日本では手に入れにくい」という価値で高く売れるにも関わらず、比較的安価で仕入れることができる可能性があるのです。アジアン雑貨や現地モデルのPCや携帯なども可能性があります。

必要なのは「手に職」? 技術があるからできる「働きながら世界一周」

手に職があれば、職にあぶれる心配が少ないのは、日本を出ても同じなのかもしれません。

もちろん、所変われば品変わり職も変わります。訪れる国や地域によって必要とされるニーズも違えば、資格も違ってくるでしょう。

あなたが持っている職業知識や技術、資格は通用するでしょうか?

ウェブ関連のデザイナーやプログラマーなど

国内外に関わらず、場所を選ばず働くことができる代表的な職業といえるでしょう。ネットとPCさえあればできる作業がほとんどであり、時代の流れにのり、ある程度の技術と経験があれば、仕事が途切れることがないのも嬉しいですね。

 

医師・看護師

日本の医師や看護師の資格では、海外の病院で正式に就労するのは難しいのが現状です。ただし、その技術を生かして、病院などで補助的な職を得ることは可能です。特に日本人観光客の多い場所の病院では、通訳を兼ねた専門家としてパートタイムの職が意外に多くあります。

 

調理師・美容師

日本でも常に募集がかかっているこれらの職種の場合も、日本での免状が海外で通用する可能性は半々です。世界中にある日系のレストランや美容院では、スタッフを常時募集しています。中・長期のアルバイトとして働くことは可能でしょう。また、現地の店に飛び込んで働かせてもらうことも、簡単ではありませんが、腕さえ確かであれば不可能ではありません。

 

教師・講師

人に何かを教えられる技術や資格を持っていると、職を得やすくなります。教育機関で採用されれば、海外で働く場合にネックになる「就労ビザ」の取得も比較的楽な場合が多いようです。また、一時ほどではないにせよ、日本語学習は世界各地で人気です。さらに、skypeなどを利用した言語教師や家庭教師なら、時差だけ考えておけば、どこにいても働くことができます。

 

画家・通訳

街角で似顔絵を描く。これも立派な仕事です。人気の似顔絵師は、十分な生活費を稼ぎ出すことができるといいます。また、そのほかの分野の画家であっても、その作品を購入してくれる人さえいれば、収入に結びつきます。同じように通訳も、日本語と英語と現地言語が話せれば、かなりの確率で働くことができます。

 

ただし、海外で働く場合、多くの職種で基本的に就労ビザが必要となります。短期間のアルバイトにビザサポートをしてくれる企業は多くありません。

今の仕事のワーキングスタイルを変えるだけ?

現在の職に就いたまま「世界一周」をすることも、不可能ではありません。有給や出張を上手く活用して、小刻みにあちこちへと出かけて、世界を旅するのも、「働きながら世界一周」です。

また、航空会社や旅行会社に転職することで「働きながら世界一周」を叶える人もいます。さらには、世界をクルーズする船のスタッフになるという手もあります。

まとめとして

「働く」、「仕事」に明確な定義がなく、「世界一周」にもないとしたら、「働きながら世界一周」は、かなり幅広い表現といえます。

あなたの持つ「働く目的」と「世界一周の目的」の両方を満たす方法を見つけられれば、「働きながら世界一周」は夢ではないでしょう。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  2. ※写真:yuuma familyスタートから39日目~43日目…
  3. 家族四人で世界を歩いた思い出写真…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP