僕の賢くパリでロングステイ、長期滞在する方法まとめ

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

Paris

パリの歴史・文化

パリの歴史は古く、常にフランス王朝の首都の座を占めてきました。
パリが芸術の都と言われるようになったのはナポレオン3世の時代に行われたパリ万国博覧会やパリの都市改造の時代です。
その後、第二次世界対戦によってパリはドイツの支配下に入り、人口は激減し、この時代の開花は絶たれました。
しかし、1960年代には高速道路や国際空港、ホテルが整備されて、国際都市としてますますその力をつけることになりました。
パリは今や世界第3位の都市と言われています。

パリの気候

Autumn

パリは夏は涼しく、冬は寒気の影響を大きく受け、かなり寒くなります。
築年数の古いアパルトマンでの滞在では、日本のマンションのような高い機密性や保温性がないので、冬場は特に注意が必要です。

パリの物価

現在(2014年10月時点)のユーロ高もあり、フランスでの長期滞在にはそれなりの費用が必要です。
パリは東京よりも物価が高いです。
何をするにしても、ユーロ高の影響もあって高く感じることでしょう。
とりわけパリでの暮らしには、住居費はもちろん、交通費や食費も多めに見積もることが必要です。
フランスでは、日本の消費税にあたる付加価値税TVAが、最高で19.6%と、非常に高いのが特長です。さらにチップをも必要とする場合がありますから生活費はかさみます。

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

パリの住まい

Apartment

パリで住まいにはワンルームタイプのステュディオ、夫婦やグループなどで利用しやすいアパルトマン、ホテル、ホームステイなどが挙げられます。
ステュディオはシャワーブースやミニキッチン、トイレ、ベッド、机などが配置されているコンパクトな物件で、単身者やカップルに向いており、特におすすめです。

パリの医療事情

フランスの衛生事情はおおむね良好に保たれ、医療水準は世界のトップレベルです。救急車の利用、医療機関の受診手続き等では日本と異なる点が多いので注意が必要です。例えば、日本の救急専門外来は、大きな怪我などをしない限り使うことはできませんが、フランスでは直ちに処置を必要とする場合は、重症度に関係なく昼間でも救急外来を受診できます。
一方、通常の診察には事前の予約が必要で、医薬品は医師の処方箋を持って薬局で購入しなければなりません。

パリのインターネット環境

パリでは、日本よりもWiFi環境の整備が進んでいて、滞在先のホテル、公共施設、市内のカフェなど街の至るところでインターネットに容易にアクセスすることができます。
スピードも早く、インターネットの接続で困ることは他の人気ロングステイ先と比較してあまりないと言っていいでしょう。
ロングステイ向きの物件、アパルトマンでも備え付けのWiFiがあるところがほとんどです。

パリの交通

SONY DSC

パリでは、市内全域をカバーしている地下鉄メトロ、高速鉄道、バス、タクシーと交通環境には非常に恵まれています。
特に市内14路線、全300駅以上を有するメトロはパリで最もメジャーな移動手段です。
乗り継ぎさえマスターすれば、パリ市内を縦横無尽に動き回ることができるでしょう。
また、日本よりも交通機関の運賃は安く、車がなくても生活に支障はほとんどありません。
ロングステイの滞在先にアパルトマンやホテルを選ぶときは、このメトロやバスの便を見て決めるといいでしょう。

パリのエンターテイメント

パリには見所が非常に多く、ロングステイをしていても飽きることはないでしょう。凱旋門やシャンゼリゼ通りといった有名な観光地に行かずとも、小洒落たカフェでコーヒーを嗜むだけでもロングステイヤーにとっては満足度の高いものでしょう。
また、西洋の芸術が好きな人にもパリはたまらない街でしょう。
ルーブル美術館をはじめとして様々な芸術品がパリ中に存在します。

パリの食生活

LocalFood

パリはグルメな街としても有名ですから、どのお店に行っても美味しい料理が食べられます。
値段は前述したとおりお高いところが多いので、やはり自炊メインをおすすめします。
また、パリだけでなくフランスでは食事に時間をかけるという習慣があります。
日本の2倍以上に時間をかけてたべるとも言われます。
パリでロングステイをするならそういった独特の食文化を真似ることもパリジェンヌに近づく一歩となるでしょう。

パリのビザ

旅行が目的もしくは短期の留学で、3ヶ月未満の滞在であれば、ビザは不要です。
ロングステイヤーの多くは、こうしたノービザ滞在が主流です。
そのため、日本の酷暑を避けるために夏が涼しいパリに2,3ヶ月滞在する人も多いです。

まとめ

パリは世界中の人々が憧れる都市です。
日本でも女性を中心にその魅力の虜になってしまう人が多いようです。
確かにパリにつきまとうイメージはおしゃれであったりファッションの最先端であったりとプラスのイメージが多いです。
しかし、そういった理想を描いてパリに来る観光客を狙ったスリなどの犯罪が後を絶ちません。
パリでのロングステイはお金も非常に多くかかりますし、治安も良いとは言えませんが、これだけ人気があるのは、それを気にしなくなるほどの魅力がパリにはつまっているということの裏返しでもあるようです。
ぜひ芸術の都パリで贅沢なロングステイ生活を送ってみてください!

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. 旅に出て半年経つあたりから「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常…
  2. ※写真:World Travelスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京…
  3. 写真:Yuuma Familyインド15日目、コルカタINしてから電車を乗り継ぎイン…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP