僕の賢くブリュッセルでロングステイ、長期滞在する方法まとめ

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

br0

▼ブリュッセルに1ヶ月滞在予算の目安

ベルギーのブリュッセルは小さな国の小さな都市の印象ですが、フランスともオランダともドイツとも違った独自の文化を持つ興味深い場所です。日本人の滞在者も観光客もフランスのパリほど多くはないものの少なくありません。

生活費は実際に暮らす地域や言語エリアによって若干違ってきますが、ブリュッセル内の場合には月1500ユーロ程度はかかるでしょう。ただ、学生寮や学生用アパートで暮らすと住居費を節約できるため月1000ユーロ以内でも生活できます。

また、生活する中での収入や支払すべてにおいて高額な税金が課せられています。仕事を得た場合には額面上と手取りの収入は大きく違うので注意しましょう。

br1

▼ブリュッセルの物価(食料品の値段で比較)

全体的に物価が高いヨーロッパの中では落ち着いているほうでしょう。ブリュッセルの中心では日本の都市部とほぼ同じくらいですが、少し郊外に出ると物価は驚くほど下がって暮らしやすくなります。

食料品も都市部の高級スーパーマーケットとローカルのマーケットではまったく価格設定が異なります。もっとも安く済ませられる方法はローカルマーケットで食料品を買い込んで自炊することです。日本食にこだわると、高級なスーパーマーケットを利用することになり、食費だけでも倍額になってきます。

br2

▼ブリュッセルの治安と安全対策

治安的には安定していて過剰な心配は必要ありませんが、観光地を中心にスリなどの被害が報告されているので、携行品の管理にはそれなりの注意が必要です。

また、町は昼と夜でまったく違った顔を持ちます。ほとんどの店は夕方には閉まってしまい、夜は歓楽的な店舗やレストランしか開いていません。一人歩きは避けたほうが無難です。

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

▼ブリュッセルのビザの取得方法

3か月未満の滞在であれば、ビザは必要ありませんが、それ以上の場合にはベルギー大使館発行のビザが必要です。現地での延長は原則としてできません。

また、長期滞在用のビザの発行には数か月程度かかることが多いため、早めの手続きを心がけましょう。

br3

▼ブリュッセルの近くの病院、医療事情(なるべく日本語が通じる)

ブリュッセルには日本語を話せる医師が何名かいるので安心です。また、ほとんどの総合病院で、英語が通じます。

ただ、専門医にかかるには、ホームドクターの診察を受けた上で紹介と予約が必要になります。いきなり総合病院に行っても急患でないかぎりは受け付けてもらえません。

br4

▼ブリュッセルの交通事情、電車、バスなどのローカル移動手段

ブリュッセル市内の移動には地下鉄、市電、バスが便利です。これらの3種の交通手段はチケットが共通なこともあって乗り換えが可能です。

また、市内には自転車レンタルシステムが導入されているので、シェア自転車も短距離の移動に利用できて便利です。

郊外や隣接する国々への移動は鉄道か飛行機を使いますが、LCCによる価格破壊が進んだ結果、近距離であっても鉄道よりも飛行機のほうが安く早い状況になっています。

br00

▼ブリュッセルの主な見どころや観光スポット

世界遺産に登録されている「グラン=プラス」は世界でもっとも美しい広場として知られています。歴史もありいろいろな物語的背景もあるので、一度は周囲の建造物と一緒にガイドつきで巡るといいでしょう。

毎日衣装替えをしている「小便小僧」の像も見逃せません。

美術館や博物館が多いのも特徴で、芸術性の高いものからマンガセンターのように遊び心のあるものまで幅広い趣味・年代の人が楽しめます。

br6

▼ブリュッセルの周辺にある美味しいレストランや食生活

ブリュッセルでの外食は税金が上乗せされているせいもあって、値段は高めですが、それでも時には楽しみたくなるようなおいしいレストランがたくさんあります。

特にイロ・サクレ地区には、シーフードレストランが多く、新鮮な食材をフランス風やベルギー風に調理したものを味わえます。

「オ・ザルム・ド・ブリュッセル」は魚を使ったベルギー料理がおいしいと評判の店です。いつも活気があり、週末は予約をしたほうがいいかもしれません。

グラン=プラス近くの「レストラン・ル・セール」もベルギー料理で知られた店ですが、17世紀の建物を使ったオシャレさから食事だけでなく目も楽しませてくれます。

ベルギー自慢のワッフルや小さなキャベツもあちこちで食べられます。

br7

▼ブリュッセルの住まい(アパートメント、ゲストハウス等)

大学などの寮は学生専用ですが、学生用の下宿やシェアハウスが多くあり、時には学生以外にも門戸が開かれています。安く快適に滞在でき、異文化交流もできるとして人気があります。

アパートはブリュッセルの中心街ではかなり高額ですが、中心から離れれば離れた分だけ広く安く借りることができます。

原則として契約は10~12か月です。月単位で借りる場合には物件数が限られてくる上、やはり家賃も高めに設定されがちです。しかし、ゲストハウスなどの宿泊施設の長期滞在はかなり割高なので、アパートの契約で短期間が可能かどうか交渉してみる価値はあるかもしれません。

br8

▼ブリュッセルのインターネット、ネットカフェ事情

大手ファストフード店や観光客の多いエリアのカフェやレストランではWi-Fiが使えることが多くなっています。

また、モバイル通信用のsimカードを利用すれば、プリペイド金額・情報量以内で使い放題となります。金額的にも安く、空港や自販機で購入できるようなsimが多く出回っているので、それを利用するという方法もあります。

br9

▼ブリュッセルの年間天気、気候

ブリュッセルは雨の多い街として知られています。また海からの風の影響を受けて気温の上下幅が大きいのも特徴です。

年間を通して霧雨に見舞われる日が多いのですが、10~3月は寒さが激しくなり雪も降り、日照時間が極端に減ります。夏は短く8月に一時的に暑くなっても7月や9月にはセーターなどが必要な涼しさとなります。

防寒と防水の両方に使えるジャケットを常に携帯していたほうがいいでしょう。

br5

▼ブリュッセルの長期滞在まとめ

中世の街並みを残し、歴史的な興味をそそる面をもつかと思えば、国際都市としての顔も持つブリュッセル。短期間の観光で訪れるとその表面的な部分しかみることができませんが、腰を落ち着けてみると、いろいろな顔を持ち、そのそれぞれが魅力的であることが分かってきます。

歴史や国際都市だけでなく、芸術面でも食文化の面でもブリュッセルの人々は自国文化に誇りを持っています。また、フランスとオランダの両方の影響を受けていることから、すべての生活でフランス風とオランダ風が溶け合うことなく混じり合っているのもおもしろいところでしょう。

また、都市部では英語が通じるものの、フランス語かオランダ語が話せると耳に入ってくる情報も体験できることも変わってきます。長期滞在するなら、語学を学ぶ前提で学生として訪れるとビザも取りやすく、住居も安上がりになり、そしてなにより、よりブリュッセルを堪能できるはずです。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. 一週間お世話になった宿のオーナーや従業員たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大…
  2. 夜のエッフェル塔エッフェル塔の裏にある公園。ほかの人たちは高台へ上がっていて貸切状態。…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP