僕の賢くマニラでロングステイ、長期滞在する方法まとめ

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

manila0

▼マニラに1ヶ月滞在予算の目安

日本に比べれば物価は安いものの、マニラという都会での生活はそれなりの費用を必要とします。

マニラで暮らそうとする人の中には、日本での暮らしと同じ予算で余裕のある生活ができることを重視する人もいます。また、生活費をミニマムに抑えることで収入のための仕事量を減らして自由に生きたいと考える人もいます。

マニラではそのどちらも可能です。日本の都会並みの予算を持てば運転手つきの生活ができ、多少の貯金か収入があればほとんど働かずに暮らすことも可能なのです。1か月滞在の場合、200,000円あればかなりリッチに暮らせ、一方では30,000円程度でも暮らすことができます。

▼マニラの物価(食料品の値段で比較)

フィリピンは日本と比べると物価がずっと安い国ですが、首都マニラはさすがにそれなりの生活費が必要となります。

食料品などの日常品は、ローカルのマーケットまで足を運んで買えば新鮮なものを安く手に入れることができますが、新興のスーパーマーケットでは意外な高値に驚くこともあるでしょう。

また、日本の食材そのものは、一部の外資系スーパーマーケットで扱っているものの品数はあまり多くなくもちろんかなり高いのが常識。よく似た食材はローカルマーケットでもチャイナタウンでも手に入るので、それで代用することで食費を抑えることが可能でしょう。

▼マニラの治安と安全対策

manila2
治安は目立って良くも悪くもありません。裕福な日本人だと認識されれば、それだけ犯罪に巻き込まれる可能性は高くなります。地元マニラっ子たちと持ち物、スタイル、行動を似せれば、日々の生活でおびえる必要はないでしょう。

危険だといわれるエリアはありますが、通常の生活で近づく必要がないため、危険は回避できます。高価な貴金属を見せびらかすように身につけるなら、自前の運転手つき乗用車で移動し、電車や歩きで移動するならば、カバンも目立たないショッピングバッグ程度にしておくと安心です。

特に、マニラ市内のショッピングセンターなどでは手荷物チェックが行われることがあり、カバンを持っていると煩わしいことが多いため、手荷物は常に最小限に留めておきましょう。

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

▼マニラのビザの取得方法

観光ビザで最長1年まで滞在できます。21日までの滞在はビザなしなので、その都度フィリピン国外への出入りを繰り返せば、1年まで延長が可能ということ。安価なLCCなどを利用して近隣国へ出ることが可能であり、1年未満の滞在であればこの方法でもいいでしょう。

正規の長期滞在ビザは、仕事が決まっている場合には移住・永住ビザの取得も可能ですが、それ以外は年齢別に金額の異なる貯蓄証明を提出することでも居住権を得ることができます。

▼マニラの近くの病院、医療事情(なるべく日本語が通じる)

manila3
都市部の大きな病院に関していえば、医療水準に問題はないでしょう。多くの医師はアメリカなどで学んでいるため、技術は高く、英語力にも問題ありません。

ただ、日本語対応となるとどこでも可能とはいきません。外資系の大病院では日本人看護婦や通訳を置いていることがありますが、パート勤務が多く、予約診療の場合には日本語で治療を受けられても緊急の場合には間に合わないこともあります。

また一部の開業医の中には、日本人対象として宣伝しているところもあり、医師自身または看護師などが日本語を話す場合があります。マニラ日本人会の診療所では日本人医師の診療も受けられます。

▼マニラの交通事情、電車、バスなどのローカル移動手段

manila4
マニラ市内の移動には、MRTとLRTという電車を使っての移動が、交通渋滞と時間や排ガスに悩まされずにすんで便利でしょう。価格では、乗合タクシーのジプニーに比べると若干割高です。

しかし、ジプニーには決まったバス停がなく、かなりの慣れがないと乗り降りしにくいこと、暑いこと、排ガスにまみれることなどから、利用するとしても歩ける程度の短距離の移動に限定している人が多いようです。

タクシーも涼しく便利ですが、渋滞に巻き込まれる可能性から時間が読めないことと、メーター使用を必ず確認したり交渉するという面倒くささがあります。

トライシクルなどのバイクリキシャもありますが、どちらかというと観光用なので、現地の言葉を話せないとボラれて割高になる可能性が高いでしょう。

▼マニラの主な見どころや観光スポット

manila5
スペイン統治時代の城郭都市「イントラムロス」内には、世界遺産を含む多くのスペイン風建造物が残されています。保存状態がよく、知っているようで知らないスペイン統治下のフィリピンを彷彿とさせます。

現在は博物館になっている旧大統領官邸「マラカニアン宮殿」を訪れたり、鄙びた雰囲気を持つチャイナタウンで飲茶を楽しんだりといった観光もおすすめです。

▼マニラの周辺にある美味しいレストランや食生活

マニラでは日本料理レストランが多く、比較的安価で美味しい日本食を楽しめます。アメリカ系のファストフードやアジア系フュージョンの麺屋チェーンのほか、中華料理やフィリピン料理を食べられる食堂もあり、外食でも安くボリュームある食事をとることができます。

外食産業は豪華さよりも、手軽さを売りにしているチェーン店が多いのが特徴で、自炊をしない人でも飽きることなく食費を抑えられます。

▼マニラの住まい(アパートメント、ゲストハウス等)

マニラの中心部のアパートメントは意外に狭く高く、驚くかもしれません。もちろん選択の幅は広く、お小遣いレベルの物件もあり、セカンドハウスや倉庫として利用している人もいるほどです。

長期に渡って快適に暮らそうと考えるならば、ある程度のセキュリティや設備が必要となってくるはず。台風で雨漏りがしない、湿度によるカビや害虫などに必要以上に悩まされないなどの条件をあげるなら、日本の地方都市でワンルームマンションを借りる程度の費用は必要になってきます。

マニラで安く快適な暮らしをするにはシェアがおすすめ。フィリピン人たちは共同生活を自然に受け入れているため、あちこちに貼り紙でまたはネット上でシェアメイトを募集しています。条件と相性によっては広々としたリビングをシェアしつつ個室も持てる快適生活が可能でしょう。

ただし、これはマニラ中心だけで、少し郊外に出れば同じ価格であってもかなり広いところを借りられます。ただ、物件数は少なくなるので根気強く気に入る場所を探す必要があるでしょう。

▼マニラのインターネット、ネットカフェ事情

manila6
マニラ市内であれば、高速インターネットが快適に利用できます。携帯電話の普及率も高く使用料も安いため、簡単な検索やメールのやりとり程度なら携帯でも十分です。また、プリペイドのインターネットカードも販売されていて、使用量が多い場合にお得になります。

また、サービスアパートメントなどはインターネット接続が含まれている場合も多くなっています。

▼マニラの年間天気、気候

ほぼ赤道直下であり年中熱い熱帯地方となります。気温は年間を通じて25~30度前後を保ちます。また同じマニラであっても、市街地と郊外とでは朝晩を中心に気温が異なり、マニラ中心地では夜更けであってもかなりの熱さに苦しめられます。一方で郊外では、早朝などは20度以下まで下がる日もあります。

また、1~4月がマニラでいうところの冬にあたり乾期となります。気温はそれほど下がらないものの湿度が若干低めとなり、過ごしやすく感じるでしょう。5月から12月は高温多湿が続き、特に6~9月頃にはかなり頻繁に大型の台風に襲われます。

洪水などの被害が起きることも多いので台風情報には十分な注意を払う必要があるでしょう。

▼マニラの長期滞在まとめ

manila7
日本での生活資金をそのまま持ち込めば、手が届きそうで届かない夢のような生活をすることもできるマニラ。ちょっとした定期収入があればあくせく働かなくても、十分に暮らしていけるマニラ。

そんな経済力の差を享受できる点はマニラロングステイの美味しい部分です。でも、マニラの美味しさはそれだけではありません。大都市の中に今も残る遺跡の数々は魅力的だし、そこで暮らす人たちの陽気で楽天的な雰囲気もまた魅力的です。

マニラは「遊び」か「リタイヤ」で行くところというイメージがこびりついていますが、最近は「自分らしい遊び」だったり「早期リタイヤ」だったりとそのスタイルは変わってきています。

日本人目線のマニラではなく、現地目線のマニラを楽しめる人にとって、マニラでの生活は時間もお金も自由に使いやすいパラダイスかもしれません。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…
  2. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …
  3. ※久々にパパが日記を書いてみました。トルコの人はフレンドリー過ぎる。10歩歩けば…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP