僕の賢く台湾でロングステイ、長期滞在する方法まとめ

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

Pig's Blood Cakes, Luxury Hotels Set For Sales Boost From Yuan

はじめに

台湾は今、日本人にとって最も人気の観光地になりつつあると言っていいでしょう。
それだけここには多く魅力がつまっています。
特に台北は台湾一大きな都市で、高層ビルが立ち並ぶ大都会です。
台北近郊にも日本の大人気映画、「千と千尋の神隠し」で有名になった九分や、黄色い提灯が揺れる廟口屋台と呼ばれる食屋台で有名な基隆などがあり、このような魅力的な都市にも日帰りで行くことができます。
そんな台北の魅力にハマり、台北でロングステイをする人が今増えています。
初めは旅行で訪れて、すっかり台湾を気に入ってしまって、気づいたらそこに移住してしまったというような人です。

台北の歴史・文化

台湾は1894年に日清戦争の終結によって、日本にその土地が割譲され、日本は台湾総督府というものを台北に置いて、台北を政治経済の中心として統治することになります。
台湾総督府は社会・交通インフラ整備に努め、この時期に日本人の移民も大量に台湾、台北に入ったと言われています。
そして、第二次世界対戦後の日本の降伏により中華民国として独立することが決まり、台北はその首都となることが決まりました。
しかし、共産党が支配する中華人民共和国に対し、民主的な政治を求める中華民国(台湾)は次第に中国と対立し、現在でも本当の中国という国は台湾がふさわしいのだと中国からの独立運動の機運が高まることもあります。

台北の気候

Pedestrians shield themselves from the r

台北は日本の沖縄と同じく亜熱帯性季節風気候に属し、四季があり、夏の平均気温は29.4度と暑く、冬の平均気温は11.0度と肌寒いです。
日本と同じように夏から秋にかけて台風が来やすいので暴風雨となることもあります。
日本と大きく違うのは年間の降雨量が多いことで、冬でも雨の日は比較的多くなります。

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

台北の物価

物にもよりますが、概ね日本より安く購入できます。
特に小籠包や餃子などの中華ローカルな食べ物は日本よりかなり安いです。
全体的に食料品に関しては非常に安く感じることでしょう。
もちろん地元向けのお店なのか観光客向けのお店なのかで値段は大きく変わってきます。
地元向けのお店でも十分に美味しい料理が食べられるのでこちらの方がオススメです。

台北の住まい

Apartment2

台北でアパートを借りようと思ったら、日本の大都市とほぼ同じくらいの相場と認識した方がいいでしょう。
高雄や台南といった他の主要都市より相場は大きく上がります。
実際は安い物件から高い物件までピンキリですが、こちらは自分の生活スタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。
中国語ができれば、現地の不動産会社で物件を探すことが可能ですが、中国語ができない場合は、日本の代理店や斡旋業者が多く存在するので、そちらを利用して物件を探した方が良いでしょう。

台北の医療事情

台北だけでなく台湾全体に言えることですが、台湾には日本統治の時代があり、高齢の医師の中には日本語が堪能な人も多いです。
もし仮に医師が日本語を話せなくても、通訳がいる場合も多いです。
また医療設備も日本や欧米のそれと遜色はなく、大きな病院に行けば、高度な医療を受けることができます。
台北は日本人にとっては、安心に医療を受けられる場所です。
ただし、個人でやっているような小さい診療所では、日本語も通じにくく、医療設備も十分に整っていないこともあるので、ロングステイの滞在先を選ぶ際には、大きな病院が近くにあるかどうかを一つの基準に入れておくと良いでしょう。

台北のインターネット環境

台北はインターネットにアクセスしやすい環境が日本と比べ整っています。多くのホテルでは備え付けの無線LANが使えますし、有線LANのケーブルを貸してくれるところも多いです。また市内ではカフェや公共施設にも無料のWiFiがあることが多く、インターネットには容易にアクセスすることができるでしょう。

台北の交通事情

Exif_JPEG_PICTURE

台北市内での移動は、台北捷運(MRT)が便利で、外国人でも安心して利用できる新しい交通システムで、台北市内と近郊を7路線で結び、快適に移動できる電車です。
駅構内には、漢字と英語が併記された案内表示が数多くあり、乗り換えも分かりやすく日本人にとっても利用しやすい乗り物です。
タクシーは、台北駅やMRTの主要駅にはタクシー乗り場があり、また流しのタクシーも数多く走っており便利な乗り物ですが、雨の日や夕方には渋滞に巻き込まれて動きが取れなくなることもあります。
バスは市内を網羅する路線があり便数も多く台北市民の足となっています。バス停の案内版には路線番号や行き先方面の停留所名が表示されておりとても便利な乗り物ですが、その複雑な路線を上手く乗りこなすには少し慣れが必要です。
ロングステイ先を選ぶ際には、こういった交通の便が良いことも基準の一つに入れておくと良いでしょう。

台北の食生活

LocalFood2

豊富な中華料理を食べることができるここ台北では、地元の台湾料理はもちろんのこと、中国本土の、視線、上海、北京、広東料理を食べることができます。これらは街の屋台で食べる安いものから、高級レストランで食べる高いものまで実に様々ですから、食事に困ることはないでしょう。
また、台北には非常に多くの日本食レストランがあり、日本食はブームになっています。もし、ロングステイ中に日本料理が恋しくなっても、多少値は張りますが、しっかりとした日本料理店もあるので、そこに行けばいいでしょう。
他にも西洋の料理や他のアジアの国々の料理など食事の選択肢は多くあります。
自分の懐具合と相談して、あくまで自炊メインでありつつも台北のグルメを満喫しましょう

台北(台湾)のビザ

台湾への入国は、日本人の場合、パスポートの残存有効期間が到着時に3ヶ月以上あることが必要で、観光での滞在が目的でその滞在が30日以内なら、ビザを取得する必要はありません。
つまり2~4週間のロングステイであるならばビザなしで楽しむことができます。
31日以上60日以内の滞在の場合は、短期滞在ビザを事前に取得する必要があります。申請は、最寄の台北駐日経済文化代表処査証部にて必要書類を添えて手続きします。なお、60日を超える滞在延長はできないので注意が必要です。

まとめ

台湾ないし台北は日本人にとって非常に馴染みやすい場所です。
日本語を喋ることができる人も多く、台湾自体が親日と言われています。
台湾に行くと、その親日ぶりを感じることができるでしょう。
また、日本との地理的な距離も近く、日本にすぐに帰ることができるのもロングステイ先として人気が高い理由の一つとなっています。
台湾はその魅力からリピートする人が非常に多い印象を受けます。
台湾の魅力にハマってしまった人はぜひロングステイの候補地に入れてみてください!

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. ※写真:World Travelスタートから39日目~43日目…
  2. ニゴンボのレストランでは店のほとんどの所がアルコールを出していなく、何処に行ってもない!と断…
  3. ※写真:飴をあげているのがユイとアキ。カンボジアに到着して二日目、シェムリアップから…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP