出発前でも焦らない!オーストラリア英語をマスターする3つの方法

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

突然ですが、みなさんはオーストラリアに行く前に、どのように英語の勉強をしますか?

私はオーストラリアのメルボルンに1年間住み、ローカルカフェのバリスタとして問題なくお仕事が出来るくらいまでに成長出来ました。英語に関して高校生レベルだった私が、渡豪してどのような勉強をしたのか、また自ら実践して感じた効果的な3つの英語の勉強法について紹介します。

《オーストラリア英語の訛り》

所謂‘オーストラリア訛り’と言われている英語は、元々ロンドンの下町の訛りだと考えられているようです。

具体的な特徴としては、A[ei]の発音が[ai]に近い発音になっているという事です。例えば、Today[トゥデイ]が、[トゥダイ]に聞こえたりします。

日本人の耳だと、I’ll go to hospital today. [今日病院に行くよ]

これが、I’ll go to hospital to die. [今日病院で死ぬよ]

に聞こえてしまうというブラックなジョークもあります。「それじゃぁ、やっぱりオーストラリア英語って聞き取り難いんじゃないの?」と思われる方もいるかもしれませんが、日本でずっと暮らしていた方が突然英語圏での生活を始めると、どこの国に行かれても、英語が聞き取りづらく聞こえてしまうものです。

必ず2-3ヶ月で慣れますので、ご安心ください。そして、都市部に暮らす若い人たちや語学学校の先生方は、あまり先に説明したような訛りの無い人たちが殆どです。お年寄りや田舎の方ほど、強い訛りを持っている傾向にあるようです。

《オーストラリア英語のスラング》

オーストラリアには、オーストラリア特有の表現方法がいくつかあります。有名なものを紹介します。

・Aussie オーストラリア(人)の
・Barbie バーベキュー (オーストラリアのバーベキューには必ずソーセージが登場!)
・B.Y.O = Bring your own お酒は各自持ち込み
・Footy フットボール
・G’Day やぁ! こんにちは
・Mate 仲間
・No worries 大丈夫だよ、どういたしまして

いかがでしょうか。それではここで、中でもかなり便利な言葉、「No worries」について少し解説します。基本的な使い方は、「No problem」と同じで、男女問わず使える、カジュアルな表現です。

Thank you と言われたとき、You are welcomeを使うタイミングで、No worriesに置き換えて使うことが出来ます。

I’m sorry と言われたとき、That’s OKを使うタイミングで、またこれもNo worriesを使うことが出来ますNo worriesは、その単語の通り、心配ないよ!気にしないで!というニュアンスです。気軽な感じで使ってみてください。

何か仕事を頼まれたときでも、No worries!ちょっと辛いことがあった時でも、No worries!

気楽なオーストラリアの人の気質が言語にも現れていますね。

《出発前のおすすめ勉強方法》

さて本題です。私は出発前、ほとんど勉強をしませんでした。仕事を渡豪ギリギリまでしていたためでもあります。しかしながら、これだけはお伝えしたいです。

出発前に勉強するならば、単語の発音の練習と、リスニングを強化することをおすすめします。オーストラリアに着いてから、これを重点的にやっておけば良かったと、後からとても後悔しました。

英単語の勉強は発音も一緒に

私が初めてのオーストラリアに到着し、浮かれる気分を抑えながら、ゴールドコーストのカフェでコーヒーでも飲もうとした時の話です。

私『コーヒープリーズ』

オージーの定員さん『???』

全く通じず、このやり取りは3回続きました。コーヒーをきちんと発音しなかったため、定員さんに分かってもらえませんでした。ちなみにcoffeeの発音はkで始まります。アクセントを一番前に置き、カタカナで表記すれば、カフィと発音します。単語は知っていても、正しく発音しなければ全く意味を成さないことを痛感しました。

英単語に関しては、せめて身の回りのものだけでも言えるようになっておく事が大事です。日本で生活しながら、目に入ったものの単語が思い浮かぶか練習し、発音とともに詰め込めるだけ単語は詰め込めんでおく事をおすすめします。

オージー訛りにはラジオリスニングが効果的

ホストファミリーのおうちへ到着し、お母さんとはゆっくりながらも喋れましたが、お父さんはかなりのオージー訛りが入っていました。

何を言っているかも分からない、こちらが言ってることも通じない、虚しい時間が流れたことを、今でも鮮明に覚えています

日本にある英語の教材というのは、アメリカ英語やイギリス英語がほとんどですので、オージー英語に触れる機会がなかった事が原因であるかと思います。そのためオージー訛り対策をするのであれば、ラジオリスニングがおすすめです。日本でも、オーストラリアのラジオのアプリをダウンロードし、無料で聞くことが出来ます。

これは、とてもおすすめです。私も当時、一刻も早く耳を慣れしたかったため、携帯で、地元のラジオをずっと聞いていました。移動中、寝る前、空いた時間あればすぐにイヤホンを取り出し聞いていました。

これは、すぐに効果を発揮し、1週間経った頃にはかなり耳が慣れ、1ヶ月も経った頃には、お父さんと普通に英語で喋れるようになりました。これを出発前にしていれば、もっと英語が早く喋れていたに違いないと思います。

オーストラリアのラジオは、アプリの他に、ラジオ局ホームページでもオンエア中の番組を聞くことが出来ます。是非、お試し下さい。

語学学校に通うなら、英語日記をつけよう

語学学校へ通う予定がある方におすすめの勉強方法があります。毎日学校が終わってから、ノートに日記を書いて、次の日に先生に提出して添削をしてもらいます。英語日記をつけ始めた最初の頃は1時間かかっていましたが、日を追うごとにスラスラと書けるようになりました。

文章がスラスラ書けるようになると、普段話すときにも、書いたものをそのまま活用することができます。日記なので、自分本位の話であったり、その日感じた事や、こうしたいという想いなどが中心の文章が多くなるかと思いますが、それで構いません。

慣れてくれば、自分が見たニュースについての意見や、日本についての紹介文などテーマを変えて日記を付けていけば、英会話はもちろん、ディベートなどでも話せるようになります。間違えた英語の文章は先生が指摘してくれるので、復習は必ずやって下さいね。

私は、語学学校に1ヶ月ほどしか通いませんでしたが、卒業頃には intermediateのクラスから Upper-intermediate のクラスに一つ上がりました。一石三鳥ほどもある、英語の勉強方法です。もし、語学学校へ行く予定がある方には是非、試してみてほしいです。

まとめ

英語の勉強には色んな方法があって、特に勉強に当てる時間が少なかったりすると、無駄な事はしたくないですし、どのような勉強方法をとるか迷いますよね。

今回紹介したのは、私の実際の経験を通じて習得した、必ず効果が出る勉強法です。私がもう一度オーストラリアに行くならばこの3つの方法は外せません。

これから海外へ行く方に、少しでも参考になればと思います。素敵な滞在となれば幸いです。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:yuuma familyスタートから14日目から15日目青森県つがる市周…
  2. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…

新着記事

  1. 海外旅行には頭痛の種である円安。円安では基本的に海外旅行費用がかさみますが、それは避けたいと…
  2. ガウディの残した建築物が多く残る街スペイン東部にある街がバルセロナです。バルセロナはスペイン観光…
  3. 夏といえば海とビーチ!今年の夏休みはどうしよう?そう考えている方はいませんか。夏といえば、何を楽…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP