刺激的な夜を!タイのゴーゴーバーで損しない遊び方・システム

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

夜遊び目的でタイに旅行する人は少なくないでしょう。日本では味わえないような刺激がタイで待っています。

今回は、タイでの夜遊び初心者のあなたのために、ゴーゴーバーで損しない遊び方からシステムをわかりやすく紹介していこうと思います。ぜひチェックしてみてください。

ゴーゴーバーとは?

ゴーゴーバーとはクラブ型の店舗で、タンクトップ・短パン、水着や下着姿等露出度の高い服を着た女性、もしくは半裸・全裸の女性がステージ上で踊っているバーのことを言います。ゴーゴーバーの多いアジアの都市というと、タイではバンコク、パタヤ、プーケット、フィリピンではマニラやアンヘレスがあげられます。

店の内装はバーやディスコに近い形が多く、女の子が踊っている台を囲むようにカウンター席やテーブル席が配置されています。単にドリンクを飲みながら水着や下着姿で踊る女の子を見て楽しむ事も出来たり、気に入った女の子がいれば指名して一緒に席で飲む事もできます。

女の子を呼ぶ場合はステージ上の女の子に直接声をかけてもいいですが、店のスタッフを呼んで付けている番号を伝えたり、手招きなどの合図をすれば来てくれます。席に着かせた女の子にはドリンクをおごるのが一般的です。

気に入った女の子がいれば別料金を店に支払って外へ連れ出すことも出来ます(稀にコヨーテと呼ばれ、連れ出し不可の子もいる)。連れ出す場合、お店にドリンク代の他、ベイパー代という料金を払わなければなりません。

タイのゴーゴーバー

ゴーゴーバーはフィリピンにも存在しているが、ここではタイにあるゴーゴーバーが密集しているエリアについて詳しく紹介していきたいと思います。

タイでゴーゴーバーが多数営業されているのは首都バンコク、リゾート地のパタヤになる。プーケットにおいては10店舗程度、チェンマイにおいては2017年4月現在3店舗ほど営業がなされています。

【バンコクのゴーゴーバー】

バンコクにはゴーゴーバーエリアがいくつかありますが、外国人が主に訪れる人気のエリアはソイカウボーイ、ナナプラザ、パッポンの3つです。

バンコクには、少し派手目のギャル系の子だけでなく、日本人好みのアイドルのようなどこか素朴な感じのナチュラルで可愛い子(わかりやすく言えば、ギャルというよりAKBにいるような子)も多いです。10代後半から20代前半の若い子もパタヤに比べ、バンコクの方が割合的に多いように感じます。

ただ外見がよく、日本人に人気のある子は甘やかす分サービスも悪く、スレている確率も高くなります。もちろん、中には性格の良い子もいるが、基本的にバンコクでは一夜限りの関係と割り切った方が良いでしょう。

バンコクにおける女の子へのチップの相場はショートで2000バーツ~3000バーツ程度、ロングで4000バーツ~になります。ショートは1回戦のみで、ロングは2回線もしくは朝まで一緒にいる事を意味します。

人気の子となればショートで3000バーツ以上、ロングは不可か6000バーツが普通になります。ソイカウボーイのバカラとクレイジーハウスはショートで3000バーツ、ロングで6000バーツが提示額となっています。ナナプラザのレインボー4でも、人気の子となれば、1時間3000バーツ、3時間6000バーツも珍しくありません。

【パタヤのゴーゴーバー】

パタヤのゴーゴーバーの特徴としては、店よりも働いている女の子に違いがあるかと思います。お金を稼ぐためにゴーゴーバーで働いてはいるのはバンコクと同じですが、バンコクの子よりもビジネス感は少ないです。つまり、プライベートで仲良く遊べる子を探すという感覚になります。もちろん女の子によりけりですが、ノリが良い子はバンコクよりも多いでしょう。

パタヤはバンコクに比べれば学生だったり愛人業で他に収入源のある子は少ないです。比較的時間の空いている暇な子も多いので、ロングでデート気分を楽しめるお気に入りの女の子を探すならパタヤが最適かと思います。

殆どの人はタイへ来たらバンコクとパタヤの両方に訪れています。初心者でもしばらく通ううちに、その場所にあった楽しみ方というのを自然と身に付けける事が出来るでしょう。

パタヤにおける女の子へのチップの相場はショートで2000バーツ~、ロングで3000バーツ~になります。欧米人しかいないような小規模のゴーゴーバーではロングでも3500バーツに値下げ出来る事が多いです。

人気店となればショートで3000バーツ、ロングは5000バーツが普通になるのはバンコクと同じですが、バンコクよりも値段交渉に応じてくれる確率は高いです。時間帯にもよりますが、ロングを5000バーツから4000バーツへ下げてくれるケースは多々あります。

もちろん、この辺も女の子や交渉する人によりけりです。

【プーケットのゴーゴーバー】

プーケットのゴーゴーバーはバングラ通りから出るソイ・シードラゴンと呼ばれるソイ(脇道)を中心に、10件程度が営業しています。

プーケットのゴーゴーバーは、入店してからドリンクを注文する際に料金を支払います。バンコクやパタヤ等では後払いが一般的ですが、プーケットのゴーゴーバーは先払いが原則です。ドリンクはビールが160〜180バーツ程度。レディースドリンクは200〜250バーツ。

バーファイン1000バーツ、ショート3000バーツで提示額はほぼ統一されていますが、人により±1000バーツほど違ってきます。女の子はノリが良く、店内でのサービスはバンコクやパタヤよりも積極的に行ってくれます。ただ、遅くまで営業しているせいか、ロングが不可な子が多いようです。

また、中にはプチボッタクリとも言えるビール1500バーツ、ソフトドリンクで1000バーツを取る高額なゴーゴーバーもあります。呼び込みについて行ったらこのような高額なお店だったというケースもあるので注意しましょう。

気になる営業時間ですが、ゴーゴーバーの多くは19時過ぎにオープンして翌3時過ぎまで営業しています。客が入れば、4時まで営業しているゴーゴーバーもあります。

まとめ

いかがでしたか?基本的にゴーゴーバーで働く女の子はプロですが、サービスにかんしては日本の風俗ほど良いとは思わない方が良いでしょう。実際、初めてゴーゴーバー遊びを体験した人は、期待したほどのものではなかったという感想を持つ人が多いです。

ゴーゴーバーは店内でお酒を飲みながら目で楽しみ、連れ出した後はデートだったり、愛人のような感覚で女の子と楽しむといった遊び方が好きな人が大半です。日本ではお金持ちで無い限り、気軽にこういった体験することは出来ないでしょう。

それでもタイの夜遊び、風俗の自由度は日本とは比べ物にならないほど高いです。ゴーゴーバーに限らず、タイの夜遊び、風俗というのは自分なりの楽しみ方を見つけた人が徐々にその魅力に取り憑かれるのです。

ぜひ、あなたもタイのゴーゴーバーに足を踏み入れてみませんか?きっとその異世界にハマってしまうことでしょう。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  2. 旅に出る前の僕らは、溢れかえった『物』の中で身動きできずに完全に溺れていた。人生とい…
  3. ※写真:yuuma familyスタートから31日目から34日目新潟県から富山県…

新着記事

  1. 石垣島で何を満喫するか?ここに住んでいる私が正直に書きます。石垣島はリゾートで来る場所ではあ…
  2. グローバルでかっこいいイメージのあるのが海外就職ですよね。実際にどこで働いているの?と聞かれ…
  3. カナダの人気の都市、トロント。けれど、トロントにどんな観光スポットがあるのかは意外と知られて…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP