7382876120_56a5cc73c7_h2

北朝鮮を覗き見!38度線まで行ってみた

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

【 北朝鮮は謎の国 】

正式名称は「朝鮮民主主義人民共和国」。
学生時代、この長い名前を一生懸命に覚えたものです。
日本の近隣国でありながら、まず日本人が訪れることのない国であるといえるでしょう。

7382876120_56a5cc73c7_h

社会主義国であり、事実上の独裁国家でもある北朝鮮。

行ってみたいとは思ってみても、そもそも日本人が入国できるのかどうかすら分かりません。
北朝鮮は、私たちにとってあまりに謎多き国なのです。

1028111184_d35cc51c6b_b

【 北朝鮮へは中国発のツアーで 】

なんと、北朝鮮へはツアー旅行で行くことができるようです。

比較的安く行けるのが、中国の首都ペキン発のツアー旅行とのことです。

しかし!

費用が高い上に、やっぱり怖いイメージが付きまといます。
「そのまま拉致されてしまうのではないか」などと、心配にもなってしまいます。

そもそも行ってみたいなどと思わない人も多いかもしれませんね…。

5015231375_b5df0e0402_b

【 韓国から北朝鮮を覗いてみよう 】

さて、ここからが本題です。

北朝鮮に直接行くのは大変かもしれませんが、お隣の国・韓国から北朝鮮を見ることは難しくありません。

韓国の首都ソウルから電車や市バスを乗り継いで38度線へ。
軍事境界線から北朝鮮の大地を見ることが出来るのです。

実際に行ってみました。

DSC08934

Photo by けいちゃん6038

DSC08945

Photo by けいちゃん6038

あいにくの天気ではありましたが、手前が韓国、そして川の向こう側はもう北朝鮮の領土です。

また、望遠鏡などで北朝鮮の建物を見ることもできます。

韓国に比べると、随分と粗末な建物が並んでいるのがよく分かります。

DSC08944

Photo by けいちゃん6038

なんと、
38度線付近には韓国側が建てた博物館があり、韓国と北朝鮮の歴史や軍事境界線について知ることができるようになっています。

そして、北朝鮮の生活を知ることができるコーナーもありました。

DSC08983

Photo by けいちゃん6038

DSC08985

Photo by けいちゃん6038

DSC08957

Photo by けいちゃん6038
北朝鮮が貧困に苦しんでいる様子や、国境付近の北朝鮮の建物はハリボテばかりだという内容の解説が聞こえてきます。
解説は、英語・韓国語、そして日本語でも聞くことができるようになっています。

実際、韓国と北朝鮮の貧富の差はとても大きく、航空写真を見ると一目瞭然です。

【まとめ】

北朝鮮に行くのは大変ですが、韓国側から覗き見ることは難しくありません。

でもやっぱり、怖いもの見たさで実際に北朝鮮に行ってみたいというのが旅人の本音かもしれませんね。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:yuuma familyスタートから14日目から15日目青森県つがる市周…
  2. NIC_NEwYork02
    ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…

新着記事

  1. 6870882811_70f64b880f_b
    海外旅行は、安い買い物ではありません。年に数回休みの連休に行けるかどうかだと思いますが、その…
  2. shutterstock_278348879
    旅行に行くと、写真にしろ、動画にしろ、膨大な量の記録となります。昔はカメラだけのツールでした…
  3. chi-carol-sente-crowdfunding-1871-20150302
    最近では自分の個性を活かしたテーマを持って、世界を巡る旅に出る人が非常に多いように感じます。…

注目記事

  1. na1
  2. ib1
  3. Drive

ピックアップ記事

  1. pa0
  2. IMG_2655
  3. vvv2
  4. drive0
旅人の隠れ家 なっちゃんの旅
PAGE TOP