IMG_2443

名前は知っているけどよく分らない、ブルネイってどんな国??

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

ブルネイという国をご存知ですか?
名前は聞いたことがあるけど、何処にあるんだっけ?
お金持ちの国って言われているけど、何があるかいまいち分からない。今回はそんな未知の国、ブルネイの魅力を紹介します。
IMG_2443

まずは、基本情報から

ブルネイの正式名称はブルネイ・ダルサラーム国(Brunei Darussalam)。
ボルネオ島の一部で、周りをマレーシアに囲まれた小さな国です。面積は5,765km2、三重県と同じくらいです。ちなみに、ボルネオ島はブルネイ、マレーシア、インドネシアの3ヶ国で構成されています。

首都:バンダル・スリ・ブガワン(Bandar Seri Begawan)
人口:40.6万人(2013年)
言語:公用語はマレー語、英語はある程度通じる、一部中国語も使われている
日本との時差 -1時間
通貨:ブルネイドル、セント(B$)(B¢)ブルネイドルとシンガポールドルは等価と定められており、国内ではシンガポールドルも使える(コインは不可)
ビザ:14日以内の観光は不要
※イスラム教が国教のためお酒が一切売っていない。非イスラム教徒の旅行者は、1人につき酒類2本(2リットル)まで、および350mlのビール12缶まで持ち込みが可能。ただし税関に申告が必要。

日本からのアクセス

日本からブルネイへの直行便はなく、香港、シンガポール、バンコク、マニラ等を経由して行くことになります。ロイヤルブルネイ航空が運航しています。著者のオススメはマニラ経由。マニラからはロイヤルブルネイの他、セブパシフィック航空の直行便が出ています。東京からマニラまでが4.5時間~5時間、マニラからブルネイが2時間10分程です。

 

続いて、観光情報

①オマール・アリ・サイフディン・モスク、通称オールドモスク

P1060107
ブルネイといえばモスクを思い浮かべる方も多いのではガイドブックの表紙に登場するブルネイを象徴するモスクです。
大理石はイタリア、カーペットはアラビアやベルギー、英国製のステンドグラスなど世界中から最高級品を集め建てられました。ラグーンには16世紀の王室の御座船を模した石船が浮かんでいます。夜はライトアップされ、昼間とはまた違った印象を受けます。
年。

②ジャミヤシル・ハニサル・ボルキア・モスク、通称ニューモスク

現国王の即位25周年に合わせて造られました。敷地はかなり広く、5000人収容の礼拝堂があります。完成は1994年。
モスクに入る時は肌の露出に注意しましょう。オールドモスク、ニューモスクともに入口で黒のガウンを無料で借りられました。

③イスタナ・ヌルル・イマン(王宮)

IMG_2472
普段は中には入れませんが、年に1度、断食明けのお祭りハリラヤの2日目から3日間だけ一般開放されます。

④ロイヤル・レガリア博物館

IMG_2467
王家ゆかりの財宝を保存展示する博物館。王冠や刀、調度品、国王の即位パレードに使われた車など様々な品が展示されています。ブルネイ独立までの歴史も学べます。入場は無料。

⑤カンポン・アイール(水上集落)

P1060080
ブルネイの観光情報を調べるまでは、水上集落の存在を知らなかったのですが、ここを訪れなければブルネイは語れません。人口はおよそ30000人で、商店、学校、警察署、消防署、モスク、ガソリンスタンドなど何でもあります。集落内は木製の橋で繋がっており、近所への移動は徒歩。なお、集落へのアクセスはボートタクシーになります。

P1060090

水上集落を巡るツアーに参加をしました。(川沿いに停泊しているボートタクシーに交渉して集落内を走ってもらうこともできます。)ボートタクシーは猛スピードを出します。波で体がジャンプしたりするので、最初は少し怖いかもしれませんが、遊園地のアトラクション気分で段々やみつきになります。

最後に、

お金持ちの国ブルネイのイメージを裏切らない煌びやかなモスク、その一方での庶民生活の場である水上集落の生活感溢れる佇まい、ブルネイは2つの異なった魅力をもつ国です。東洋のベニスとも呼ばれる水上集落を抜けて川を下ると、手つかずの熱帯雨林が目の前に広がり、エコツーリズムを堪能することもできます。ブルネイのもつ2つの魅力を是非実際に訪れて体験してみてはいかがでしょう。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. SONY DSC
    日本に一時帰国。次の旅に出るまでの間どこに住もうか?家ないし、仮住まいが見つかるまででも学校に行かせ…
  2. ※写真:yuuma familyスタートから39日目~43日目…
  3. ※写真:yuuma familyスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京…

新着記事

  1. d1b22566c97242e04ad70ab1f6ecf6cc
    旅に持っていくカメラを何にするかというのは、すごく大きな悩みでしょう。今回は、メインカメラと…
  2. robe-hotel-vday0116
    最近では旅先のホテルに建築デザインやインテリアデザインがおしゃれなブティックホテルを選ぶ人が…
  3. map-of-indonesia-large
    13,000以上もの島をもつインドネシア。日本人になじみの深いリゾートアイランド「バリ島」も…

注目記事

  1. ld1
  2. bu0
  3. ca0

ピックアップ記事

  1. or1
  2. los_angeles
  3. IMG_2950
  4. Diving
  5. ro0
旅人の隠れ家 なっちゃんの旅
PAGE TOP