大人気リゾートの都市フィリピンの人気おすすめお土産情報まとめ

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

美しい海と豊かな自然に恵まれたビーチリゾートであるフィリピンは、東南アジアの文化を十分に楽しむことができる人気の観光地です。今回は、フィリピン旅行のお土産でお友達に配るお菓子や伝統工芸雑貨などをまとめて紹介します。ぜひ、お土産選びの参考にしてみてください。

美しい島々の国!フィリピンの基本情報

フィリピンは約7,000を超える島からなる東南アジアの島国で、美しい海と自然溢れるビーチリゾートが人気の観光地です。歴史的に日本との関わりも深い国で、日本から直行便で約4時間、時差も1時間のため、年間通じて多くの人が訪れます。フ

ィリピンは熱帯モンスーン型気候で1年中気温と湿度が高い常夏の国です。マリンスポーツやエステ、ショッピングなど様々なアクティビティを楽しむことができるリゾートアイランドです。

《フィリピンのおすすめ人気お土産集》

7Dドライマンゴー(ドライフルーツ):フィリピンを代表する、老若男女に人気の有名土産!

東南アジアの常夏の気候であるため、新鮮なフルーツを味わうことができます。お土産に最適なドライフルーツの中でも定番となっているのは、7Dドライマンゴー。ドライマンゴーの種類は様々ですが、7Dドライマンゴーは日本へ輸入されているほどに人気な逸品。マンゴー本来の優しい甘さと柔らかい食感が病みつきになります。

フィリピンのスーパーでは100g入りが約70ペソ、200g入りが約130ペソとお得に買うことができます。工場の直販所では、さらに20ペソほど安く買える他、ジュースやチョコレートがけしたドライマンゴーなど、ここでしか買えないオリジナル商品もありますので、ぜひ立ち寄ってみてください。

ドリアンキャンディー

フィリピンのインパクトのあるお土産としておすすめなのが、このドリアンキャンディーです。ドリアンと言えば悪魔のフルーツとも言われ、その強烈で独特な臭いが特徴です。

フィリピンの熱帯気候ではドリアンが作られ、親しまれています。そんなフィリピンの方々が愛するお菓子の1つがこのドリアンキャンディーです。ドリアンの美味しさはもちろん、その臭いもしっかりと再現されています。日本人の口にはあまり合わないかもしれませんが、話のネタになること間違いなしです。

ポルボロン(polvoron):スペイン生まれのクッキーのようなお菓子

フィリピンは様々な国によって支配されていた時代があり、様々な国の文化が取り入れられてきました。中でも16世紀半ばにスペインに長い間支配されており、スペインの文化が色濃く残っています。ポルボロンはスペイン生まれのお菓子ですが、長くフィリピンにも親しまれており、今ではフィリピンを代表するお菓子の1つとも言われています。

ビスケットのような形状ですが、口に入れるとボロッと崩れるような食感のお菓子です。カシューナッツやストロベリー、ココアなど様々なフレーバーが豊富で、5種類の味のアソート10個入りが約100ペソで販売されています。コーヒーや紅茶と一緒に楽しめるお菓子です。

ビール(San Miguel Beer):フィリピンのご当地ビール!

フィリピンは常夏の気候なため、キンキンに冷えたビールが美味しく感じますね。お土産としてもおすすめなのがご当地ビール。価格も安く、種類も色々あるので、お酒好きな方にぴったりのお土産です。中でもサンミゲルという会社のビールは市場の90%のシェアを占めており人気です。

あっさりしたライトタイプからレモンやリンゴテイスト、強い苦みのあるタイプまで種類も豊富。価格は1本30ペソ程度から60ペソ程度と割安なので、飲み比べしてみても良いですね。

タンデュアイラム:フィリピンのラム酒!男性に喜ばれるお土産の1つ!

男性におすすめのお土産がこのダンデュアイラム。フィリピンのラム酒のことで、フィリピンは昔からサトウキビの産地で良質なラム酒ができます。

ダンデュアイラムは小瓶375mlが約20ペソ以下と安く、お酒好きな男性には嬉しいですね。各地のスーパーやコンビニで販売されていますので、宿泊中に味わうのもおすすめ。お土産として持ち帰る場合には、液体物の機内持ち込み制限がありますので注意しましょう。

ココナッツオイル:料理好きな、ヘルシー志向の女性におすすめ!

日本でも人気のココナッツオイル。実はフィリピンはココナッツオイルの生産量No.1でココナッツ庁(Philippines Coconut Authority)という政府機関があるほどです。

フィリピンのスーパーやショッピングモールでは様々なココナッツオイルが販売されています。たくさんあって悩んでしまいますが、おすすめは生の果肉を低温で圧搾したバージンココナッツオイルで、料理や美容に使えます。オーガニック農法のココナッツから作られたオイルや様々な容量のタイプも豊富。250mlで150ペソ前後や500mlで約250ペソなどお得に購入することができます。

パティス:フィリピンのナンプラー!

パティスはフィリピンのナンプラー(魚醤)で、こちらも料理好きな方におすすめのお土産の1つ。最近では日本でもタイ料理などが人気でナンプラーに馴染みがある方も多いのではないでしょうか。

パティスはイワシを塩漬けにして発酵させて作る調味料で、フィリピンではスープや煮物、サラダなど様々な料理に使われます。香りと塩気が強いので、少量使うだけで料理のアクセントになります。色も薄く、クセが少ないので、様々な料理に使うことができ、醤油や塩代わりの調味料として使っても良いですね。

human nature:フィリピン発オーガニックコスメ!

human natureはフィリピン発のオーガニックコスメブランド。美容に興味のある女性におすすめのお土産です。マッサージオイル、化粧水、シャンプーから歯磨き粉まで様々な基礎化粧品が販売されています。

オーガニックなのにどの化粧品もお手頃価格で、マッサージオイル95mlが約200ペソ、化粧水200mlが約200ペソ、シャンプー200g約130ペソと500円以下で買うことができます。また、歯磨き粉は120ペソと少し高いですが、次の日まで息すっきりのさっぱり感は一度味わって頂きたくなります。

真珠

あまりイメージが無いかもしれませんが、実はフィリピンでは真珠が安く買えるのです。フィリピンの首都マニラでは、真珠ショップがたくさんあり、ネックレスやピアスなどの真珠のアクセサリーをお手軽な価格で買うことができます。

日本ではなかなか買うことのできないブラックパールやゴールドパールなども販売されています。加工前の真珠も売っているので、真珠だけ買って日本で好きなデザインに加工するのも良いですね。大切な人へのお土産や自分へのご褒美に購入してみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?フィリピンには食品からコスメ、オシャレな雑貨まで、魅力いっぱいで値段も安いお土産がいっぱいあります。ついつい安くて買いすぎにご注意してください。荷物を増やしたくない方は通販の宅配サービスや、現地からの郵送しても良いですね。

また、出張や留学で逆に日本からホームステイ先や現地の方にお土産を持っていく方は、子どもに喜ばれる文房具やカップヌードルのシーフードが人気だそうです。ぜひ、フィリピンに行かれる前にチェックしてみてはいかがでしょうか。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 写真:Yuuma Familyインド15日目、コルカタINしてから電車を乗り継ぎイン…
  2. ※写真:飴をあげているのがユイとアキ。カンボジアに到着して二日目、シェムリアップから…
  3. 一人でふらっとビーチを散歩してみたくなり、外に出てみた。波がとっても高くて、水しぶき…

新着記事

  1. 石垣島で何を満喫するか?ここに住んでいる私が正直に書きます。石垣島はリゾートで来る場所ではあ…
  2. グローバルでかっこいいイメージのあるのが海外就職ですよね。実際にどこで働いているの?と聞かれ…
  3. カナダの人気の都市、トロント。けれど、トロントにどんな観光スポットがあるのかは意外と知られて…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP