急増する外国人観光客と、悪意なく人種差別発言をする日本人

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

woman-hand-over-mouth

みなさん、最近外国人観光客が増えたと思いませんか?私はこれを、すごく嬉しく思います。

今回は、「急増する外国人観光客と、悪意なく人種差別発言をする日本人」について、みなさんと一緒に考えていきたいと思います。

man-holding-question-mark

これって差別?!

南海電鉄の40代の男性車掌が日本語で「本日は外国人のお客さまが多く乗車し、ご不便をお掛けしております」との車内アナウンスをしていたことが昨年あったそうです。車掌は「差別の意図はなかった」と釈明shたそうです。同社は「客を区別するのは不適切」と車掌を口頭で注意したそうです。

これに対するネットでの反応は、男性車掌を擁護する意見が多かったのです。

  • おそらく車掌さんは本当に差別などの意図はなく、単に「外国人に対して鉄道側が的確な案内・対応を取れず、ご不便を…」という意味で、言葉足らずだったのではないでしょうか。
  • その電車に乗っていた客のほとんどはアナウンスに納得していただろう…俺が乗った電車がもしそうなら次の電車に乗り換える。
  • 何か問題あるか?最近、ちょっとした言い違いや言葉のチョイスを誤っただけで騒ぎすぎ。
  • 迷惑な外国人がいるのは事実。
  • 言いたくなる気持ち、わかるほどきっとひどかったのだろう。その外国人、大体想像できる。

確かに、これらの意見もよく理解できる。日本でのマナーをよく知らずに(調べずに)、自分の国のルールと同じように観光している外国人は、実際に多いのも事実です。

事実、日本に生活する外国人が作成したYouTube動画(英語)を見ていると、日本で注意するべきこととして、「電車のなかではヒソヒソ声で話すように」と紹介しているものが少なくありません(車内のあまりの静かさに、「誰か死んだの?」と思う外国人観光客も珍しくないそうです)。日本に来る外国人はこういった動画を見て下調べをして来ている人ばかりではないので、マナーの悪い迷惑な観光客が少なからずいるというのは事実でしょう。

74650613_96fbcffe1b_b

そう考えると、この車掌さんは言葉足らずで誤解を与えてしまう発言ではありますが、悪意はなく、外国人差別したとはいえません。しかし、人種差別だと疑われてしまう不適切な発言だと責められてもしょうがないと思います。そしてこういった発言は誰しもがウッカリ言ってしまう可能性のある失敗だともいえます。

それでは、このような悪意のない人種差別発言をウッカリ言ってしまわないためにはどうしたらいいのでしょうか。誤解を与えることなく、スマートに外国人観光客を注意する方法はあるのでしょうか。

それには、まず日本人と移民の多い国の「国際感覚のギャップ」を自覚することが大切ではないかと思います。日本は島国で、欧米などの他の先進国に比べると、外国人の少ない国です。だからこそ、知らず知らずのうちに「日本人」と、「日本人じゃない人」を区別していて、それが無意識的にこの車掌さんのような発言につながるのではないかと思います。

この感覚の違いというのは、私もいまだに驚かされることがあります。

digital-trends

例えば、以前、フジテレビの『ホンマでっか?TV』を見ていたときのことです。ディーンフジオカの祖先の話になって、生物学の池田先生が「日本人は祖先をたどると遺伝的に渡来人との混血がほとんどで、ピュアジャパニーズはほとんどいない」と言いました。それを聞いた番組出演者が、「へぇー!純血の日本人って少ないんですか!」と、驚いていました。

このシーンを横目で見ていたフランス人の友人は、とてもショックを受けたようです。

「こんな会話をテレビで放送するなんてありえない。めちゃくちゃ人種差別。フランスのテレビで同じことをしたら、色んな団体から抗議の電話が殺到して訴えられると思うよ。」

確かに色んな国籍や人種、宗教が混じり合ったフランスでは、こんな会話を放送できないでしょう。フランスが差別のない国だとは思いませんが、日本より異文化が混同している分、個人や団体の発言には日本人より注意を払っているように感じることが多いです(ブラックジョークは除きます)。

教養のあるフランス人たちは人種差別など、話題がセンセーショナルな方向へ行くと、たくさんのクッション言葉を使います。「私が知らないだけかもしれないけど」、「批判しているわけではなくて興味があるから知りたいんだけど」、「フランスもダメなところはいっぱいあるけど…」のような具合にです。

heal-the-world

このような配慮は多様な価値観を認める国際社会では、なくてはならないものではないでしょうか。言葉の配慮は、異文化が互いに気持ちよく生活していくための知恵だと言えます。そして、これを幼いころから親にしつけられた人が、大人になって島国の日本にやって来ると、そのギャップに驚くでしょう。

これまで普通だと思っていた外国人への配慮が自分にはなされず、日本人の無邪気で悪意のない差別発言にショックを受ける…。これが、今回の南海電鉄の車掌さんの発言を聞いた、外国人の気持ちではないでしょうか。「どっちが悪い」という問題ではなさそうです。

しかし、だからと言って、「日本人みんなが欧米の感覚になれ」とは私は思わないです。こうやって外国人が日本で「ドキッとするような発言」をされることも異文化体験ではあるし、海外在住者の立場から言えば、発言者に差別の意図がないのなら流してあげるというおおらかさが絶対に必要だと思うからです。

o-surprised-facebook

私も海外でこれまで、「これって差別?」と思うようなイラッとする発言をされたことが何度かあります。

  • 「中国人ですか?」と聞かれ、「日本人です」と答えたら、「似たようなもんじゃん!」と言われた。
  • 歩いていると、大きな声で「二―ハオ!」と挨拶された。
  • 「中国にもフォマージュ(チーズ)ってあるの?」と聞かれた。 …などなど、挙げればキリがありません。

こういう発言をする人を観察してみると、悪気がなく、本当に日本と中国の違いがよくわかっていない場合が多いのです。知らないのだからしょうがないし、悪意がない人に腹を立てても、エネルギーの無駄でしかありません。

ただ、心の中で、「この人は教養がないんだな…」と、残念に思ってしまいます。あまり外国人と接したことがなく、自分と趣味嗜好が似た人ばかりと付き合ってきたんだろうな…と邪推して、かわいそうだなぁとすら思ってしまうときがあります。

別に誰しもが外国人とつきあわなければいけないというわけではないですが、「外国人」の立場に立ってみると、このような素っ頓狂な発言をされるたびに、急速に相手と「仲良くなりたい」という気持ちが薄れていってしまうのは否めないです。

20160620-02-top-pc

まとめ

いかがでしたか?何か感じていただけましたか?

2020年に東京オリンピックを控え、観光立国を目指している日本なのですから、国民がこれまでのように「日本人」と、「日本人じゃない人」を区別していていては、もうダメな時代になってきているのではないでしょうか。外国人が生活のなかにいることを想定し、区別をするのではなく「同じ人間」として接する道徳心を学んでいくべきだと思います。

でなければ、せっかく日本に来る外国人が増えても、「日本人は国際感覚に欠けた教養のない人種」だと世界に誤解を与えてしまうことになりかねません。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:yuuma familyスタートから14日目から15日目青森県つがる市周…
  2. ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…
  3. 音楽が地球を救う日が来るかもしれないニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエ…

新着記事

  1. 石垣島で何を満喫するか?ここに住んでいる私が正直に書きます。石垣島はリゾートで来る場所ではあ…
  2. グローバルでかっこいいイメージのあるのが海外就職ですよね。実際にどこで働いているの?と聞かれ…
  3. カナダの人気の都市、トロント。けれど、トロントにどんな観光スポットがあるのかは意外と知られて…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP