旅に出て200日(みんなの感想)

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

*旅に出て200日目、子供達に旅の感想を聞いてみました。

aki 7歳

タイワーンのびっくりしたことと、にほんとちがったところ。 まず、タイワーンでびっくりしたことはさいしょのホテルでカビくさかったことです。 たのしかったことはやたいでちょっとおなかすいたときにたべれるからたのしかった です。

タイのびっくりしたことは、にほんしょくがいっぱいあったことと、にほんしょくが しょっぱかったことです。たのしかったことは、ごはんやさんがいっぱいでにぎやかだ ったことです。

トルコのうれしかったことは、みんなにこにこあいさつしてくれることで す。たのしかったことは、ともだちとかくれんぼと、タッチゲームをしたことです。

ギリシャでたのしかったことは、おもちゃやさんがいっぱいあったことです。あと、サントリーニとうのいちばんはじめにいったホテルです。どうしてかとゆうとホテルからみるけしきゆうひできれいだし、かわいいいぬもいたし、そこのいえのこどもと、ともだちになれたことです。きれいだったことは、うみがふかくても、したがみえちゃうくらい、うみのいろがきれいでした。

パリのたのしかったことは、どうぶつえんのどうぶつがちょーかわいかったことです。

イタリアのこわかったことは、ひとどおりがすくなくって、ガラスもいっぱいおっこちてたことです。イタリアのなかでおいしかったことはちゅうかやさんです。

メキシコのたのしかったことは、どうぶつえんです。どうしてかっていうと、さそりとクモとゴキブリをさわれたからです。あと、あきが「みたーい!」とゆってたへびをみれたからです。タコスがおいしかったです。メキシコのきれいなところはやまのけしきです。

おわり。

※パパの日記

200日目、アメリカを発つときの記念です。

ビーチサンダルは、日本製の(魚サン)絶対に壊れないというネーミングに心打たれ、日本出国のときに購入後、一度も履き替えていない。 一日5KM歩いたとしても、1000KM歩いたことになるから、やっぱり日本製はすごいね。クタクタだけど、今も現役です。

世界地図は、たまに開いて自分らの足跡をたどって思い出話をするのに役に立ちます。100円ショップで買った世界地図は今や家宝といえるかも。

丸焦げのなべは、日本食がどうしても食べたいときにうどんをこねたり、カレーを作ったりするのに使っていました。特にヨーロッパでは食が合わず、また物価も高いのでほとんど自炊でした。電気けとるなんかも役に立ったなぁ。

黄色い英会話の教本は、読みすぎてクタクタです。こんなに勉強したのは人生初かもしれない。旅で生きるため、意思を伝えるために英語は必須です。これも大切な家宝です。

そして、愛カメラ。

傷だらけだけど、今も現役で世界で活躍中!、

yui 11才 旅に出て200日たって

出発の前の日、風景も人も変わってないので本当に明日、世界に出るのかなと思いました。

ふと気づくともう朝で、世界の旅に出ていました。中国に一泊とまることになりまだ全然英語に慣れてない私達に1人のおじさんが声をかけてきてくれました。さいしょは空港のベンチで一泊する予定だったけど、そのおじさんはこういいました。

「近くに無料のホテルがあるから一緒に行きましょう。」と、日本語で話してくれました。

バスのお迎えが来てバスに乗ってる途中、その人は日本語を一生懸命覚えていました。その後は無事にホテルに着きぐっすり寝ました。次の日はほかの国へと出発しました。

旅に出て少したったある日、洗濯物は自分で洗って自分で干すという事を始めました。最初はなんでゆい達が洗って干すの?と思ったけどタイ、トルコ、イタリア、パリ、アメリカ、メキシコほとんどの国の子供が働いていてゆい達はすごい楽をしてるんだなと思い、もう「何でゆいたちがやるの?」とは思わなくなりました。

ひどい時にはお金がないから自分の子供の腕を切り、ぼろぼろの服を着せてこじきをやらせる人もいるそうです。みんなはぼろぼろの服を着て、こじきをして学校へ行けますか?

ある日、タイの違う町に行きました。どこか写真が撮れそうな所はないかと細い道を進んでいきました。そこは、貧しい人達が暮らすような家が建っていて玄関はなく、ドアも壊れていて床にはダンボールがひいてありました。だけどみんなは生き生きしていてそれを見た私たちは貧乏でも何か楽しい事を見つければいいんだなと思いました。

トルコに初めてきた時、違う国の人だし、言葉も通じないので近所の人たちと仲良くできるかな?心配だったけどトルコの人たちは関係なく遊んでくれてうれしかったです。私は違う国同士でも関係ないんだと思ったのでこれからはどんどん話しかけていきたいです。

アメリカのニューヨークに行ったとき、「ワールドトレードセンター」と言う場所のビルに行きました。そこは9月11日にアフガニスタンの飛行機が突っ込んできて壊れてしまったビルです。そのときは、何千人の人がなくなって何千個の会社がつぶれてしまいました。その中にはいろいろな国の人も亡くなってしまったし、もちろん日本人もそのビルに閉じ込められてしまいました。それを聞いてみんな悲しくなりました。

日本は少ないけど、ほかのほとんどの国はだましてお金を取ったり、ぼったくったりします。たとえば、先に物を勝手に渡しておいて無料だと思って食べていたり使っていたらあとでお金を請求したりします。いつも、もうだまされないようにしよう。と、言っても少しでも気を抜くとすぐ何回もだまされてしまします。なので、海外旅行をするときは気をつけてください。

いつも、観光しているとき、広告のところに日本のテレビやカメラのメーカーがよく書いてあります。日本は世界地図でみるとあんなに小さいのにほとんどの国に書いてあるし、美術館のアナウンスの言葉も三カ国の言葉しかしゃべらないのに遠い国でも日本語がでている所が多いのでそう考えると日本はすごいんだなと思いました。

アメリカのニューヨークのマックは、日本のマックとは広さも全然違うしハンバーガーの大きさも違います。ニューヨークは建物がいっぱいありほとんどの建物がキラキラしていました。ただの薬局もキラキラしていてすごかったです。お店で一人前たのむと二人分だし、日本の二倍ぐらいでかいのに同じ値段です。 スーパーに行くとすっごくでかいお肉が二枚入ってて500円!!すごいお肉は安いです。お店でお肉を頼むと顔の二倍くらいでかいお肉が1500円です。お肉は一番アメリカがでかくておいしいです。

旅はまだ半分だけどいろいろな事がわかりました。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 夜のエッフェル塔エッフェル塔の裏にある公園。ほかの人たちは高台へ上がっていて貸切状態。…
  2. 上の家が下の家になるまでの話 究極のセルフビルド(DIY)的ストーリー水も電…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP