旅をしながらノマドワーカーとして成功するためには・・・?

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

自由な働き方ができるノマドワーカー

nt1

ノマドワーカーはとても自由な働き方ができます。もちろん仕事には「納期」がありますが、納期をしっかり守ることができれば、いつ仕事をしても良いし、どこで仕事をしてもいいのです。

時間と場所に自由があるノマドワーカー、日本国内にもたくさんのノマドワーカーがいます。

ノマドワーカーは、フリーランスとして仕事も自由に行っている人や、企業の会社員として場所に縛られない働き方をしている人などいます。

時間には多少自由がない場合もあるかもしれませんが、特定のオフィスを持たずに自分の好きなところで働くこと、それがノマドワーカーなのです。なので、日本国内だけでなく、働きながら旅に出ることだってできちゃいます!

nt2

こんな綺麗な海を見ながらだって、大自然に囲まれた場所だって、インターネットの環境さえあれば、世界中どこに行っても働くことができるのです。

しかし、こうした自由な働き方ができるノマドワーカーですが、ノマドワーカーに向かない人と向く人がいます。自由という部分がネックになってしまい、仕事がはかどらなかったり、生活リズムが不規則になってしまい、結局失敗に終わってしまった・・・という人もいるのです。

では、ノマドワーカーとして成功するためにはどうしたら良いのでしょうか?

まずは自分の能力に合った職種を選ぶこと

まず、フリーランスとして働ける職種や、その場に居なくても業務が遂行できる仕事などがノマドに向いている仕事になります。以前はそうはいかなかった仕事でも、現在はどこに居たって仕事ができる職種も多くなってきたので、ノマドワーカーとして働ける職種は実にさまざまです。

このたくさんの職種の中から、自分の能力に合った職種を選ぶことができれば、ノマドワーカーとして成功しやすくなります。

しかし、自分の脳力に合った職種でない場合、ノマドワーカーとしては失敗しやすい傾向にあるようです。

まず、自分の能力に合っていない場合、仕事が遂行しにくかったりして、仕事そのものが辛いものになってしまいます。仕事が辛いとついつい好きなことを優先させてしまったり、誘惑に負けて怠けてしまったりします。そして、結果的に仕事ができなくなってしまうなんてこともあります。

しかし、自分の能力に合った職種を選ぶことができれば、仕事はきちんとできますし、時には難しいと思うこともあるかもしれませんが、仕事そのものが辛くなるという事態は回避しやすいのです。

慣れてくれば効率もアップして、自由な時間が増えてきますし、自由な時間を増やしたい、好きなことをしたいと思うとより一層仕事が捗るのではないでしょうか?

ノマドワーカーとして成功したいなら、自分ができることをよく理解して、あえてできない職種に挑戦するのではなく、できる職種を選ぶことがおすすめです。

全て自分の責任だということを自覚すること

もしも決まったオフィスで働いているのなら、就業開始時間から就業終了時間まできっちり働いて、そして働いた時間だけ給料をもらうという生活になります。そして、そのオフィスにはたくさんの従業員が居て、そこにいるだけでみんなに必ず仕事が降ってきます。

そうすることで、責任を自分一人ではなく、ある程度分担させることができるのです。

しかし、ノマドワーカーは違います。フリーランスにしろ、ノマド会社員にしろ、ある程度の自由があり、自分の能力に合った文の報酬がもらえます。会社員の場合、少し違うかもしれませんが、その場で一緒に働いている人がいないということは、全てが自分の能力次第で仕事が動いているということになるのです。

自由であるということは、誰かに監視されたり仕事が分担されないということは、自分で負わなければならない責任の度合いが違います。

全ての仕事が自分の責任である場合もあるのです。この自分の責任についてきちんと自覚が持てなければ、ノマドワーカーとして働くことは難しいでしょう。

責任感がなければ、良い仕事もできないし、仕事を適当に片付けてしまいがちだからです。

しかし、特にフリーランスの場合は、仕事がもらえるかどうかも全部自分次第であり、責任を放棄してしまったら、その仕事の報酬は当たり前ですがもらえません。責任を放棄するということは、報酬がもらえないということ、報酬がもらえなければ生活できなくなる可能性もあるのです。

それだけ、ノマドワーカーが自分一人で負う責任の度合いは、特定のオフィスで働く人よりも何倍も高くなるのです。

そこをきっちり自覚することができれば、ノマドを続けやすくなるのではないでしょうか。

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

自分一人の空間で仕事をしないこと

nt3

向いている人にとっては向いているのかもしれませんが、自分一人の空間で仕事をするよりも、周りに誰かがいるという環境で仕事をしたほうが、仕事がはかどりやすいと言われています。

自分の家でも、旅先のホテルでも、ステイ先でも、自分一人の空間はついだらけてしまいがちです。

しかし、カフェやファストフード店、海や公園でも、自分以外の誰かがいるだけで、仕事ははかどりやすくなるのです。

特におすすめはコワーキングスペースです。コワーキングスペースなら、自分と同じようなノマドワーカーが集まっています。同じような環境にいる人がその場にいると、刺激になりますし、コワーキングスペースで働いたほうが仕事がはかどりやすいとも言われています。

また、新たな出会いがあり情報交換をすることも可能です。

自分一人で居たほうが仕事がはかどるという人は、それでも良いと思いますが、ついだらけてしまうという人は、自分や家族以外の人がいる空間で仕事をすることがおすすめです。

だらけはノマドを失敗させる、続けられなくなる原因のひとつです。誰かがいれば気を引き締めることができます、気を引き締めることができれば、仕事をきちんと遂行できますし、だらけることもありません。

自分一人の空間より、誰かがいる空間で仕事をすることも、ノマドワーカーを成功しやすくするポイントだと思います。

働き方を変えることができるか、一生続けられるか見極める

nt4

ノマドワーカーは世界中どこにいても仕事をすることができます。職種によっては急に呼び出されることもあったり、定期的なミーティングがあることもあるので、海外は無理なこともあるかもしれませんが、基本的にどこにいても仕事をすることができます。

だから、家に何日も戻らずに色々なことろにいって、色々な景色を見ながら仕事をすることも可能なのです。

しかし、このような働き方は自分が自由の身だからできるのです。もし、結婚をしたら?もし、子供を産んだら?今までの自由はある程度制限されてしまいます。

結婚をしたら、毎日家族の元へ帰らなくてはなりませんので、何日も家をあけて自由に仕事をすることは難しくなります。そうしたら、ノマドはノマドでも毎日家に帰れるような距離に制限すれば続けることができます。

このように、環境の変化によって、上手く働き方を変える必要がノマドワーカーにはあるのです。

そして、必要に応じて働き方を変えることができなければ、一生続けていくことは難しくなります。一生自分の環境を変える予定がないのならいいのですが、そうは行かない人も多いのではないでしょうか。

ノマドワーカーとして成功するなら、この仕事、そしてこの働き方をずっと続けることができるのかと見極めることも大切なのです。

もし、ノマドワーカーとして成功できたら、世界中の色々な景色を見ながら、旅をしながら仕事をすることも可能です。あなたが夢見ていたライフスタイルを叶えることが可能になるかもしれないのです。

また、

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  2. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …
  3. ※久々にパパが日記を書いてみました。トルコの人はフレンドリー過ぎる。10歩歩けば…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP