旅をしながら仕事をする自由人、一体どんな仕事をしているの?

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

世界には旅をしながら仕事をしている人がたくさんいます

jj1

世界には自由に世界を歩きまわり旅をしている人がたくさんいます。そして、その旅人の中には仕事をしながら旅を続けている人も大勢います。

旅そのものをお仕事にしている人もいますし、旅とは関係ない仕事を旅の途中でしている人もいます。

自由に旅をしている自由人、そんな自由人の人は一体どのような仕事をしているのでしょうか?

超素人でもOK、写真を売って旅の収入源にしていた

jj2

現在、写真を売買しているウェブサイトがいくつかあります。

やはり写真はプロのカメラマンが撮影したほうが綺麗ですし、上手なのですが、このサイトなら超ド素人で知識があまりないという人でも写真を売ることができます。

もちろん、プロのカメラマンよりたくさん売れるということはあまりないと思いますが、世界中を旅している人なら、日本人が行きそうもない国の写真や、色々な風景写真を撮影して投稿すれば、ある程度収入を得ることはできます。

このような写真は、写真を必要としている企業が買い取ってくれます。実際に、超素人で、このような写真サイトで写真を売って、旅を続けている人もいるそうです。

ライターとして仕事をしながら旅を続ける

一言でライターと言っても、色々なスタイルがあります。

自分の旅の経験、見てきた風景を記録して情報を発信したり、ホテルや海などテーマを絞って情報を発信するといった旅そのものを仕事にするライターと、クライアントから仕事をもらい、旅の合間に仕事をこなしていくといった、旅とは関係のない記事を作成するライターです。

どちらにせよ、フリーランスなら自由に働くことはできるので、旅をしながら少しずつ仕事をしていくことは可能です。もちろん制限はありますが、いずれにせよインターネットが使えれば、PC1台で仕事することができます。

中にはウェブメディアだけでなく書籍を出版している自由人ライターもいます。

実は意外と、旅をしているバックパッカー(特に若い人)にはライターが多いようですね。

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

フリーランスのデザイナーで収入を得ている

jj3

日本人旅人の中でもそこそこ多いと思われるのがフリーランスのwebデザイナーやグラフィックデザイナーなどです。

こちらもライター同様に、インターネットとPCがあればいつでも世界中のどこにいても仕事ができます。また、専門的な知識と技術が必要なため、フリーライターよりも報酬単価が高い傾向にあるので、旅を辞めて日本で暮らすことになったとしても、日本で暮らせるくらい十分な収入を得ることが可能です。

旅をしている間もスキルを上げることができますし、日本で再就職する場合も困ることはあまりないかもしれません。

また、旅をすることで、新たなアイディアが生まれるかもしれませんし、クリエイティブなお仕事ですから、ある意味旅をしたほうが魅力的なデザインができあがるのかもしれませんね。

フリーランスの定番、システムエンジニア

jj4

フリーライターと同じく、フリーランスの定番でもあるシステムエンジニアとして働きながら旅をしている人もいるそうです。

システムエンジニアは直接旅とは関係がないので、旅そのものを仕事としているわけではありませんが、フリーランスなら旅をしながらでも仕事をすることが可能です。

また、フリーライターに比べて報酬単価が高いのも特徴です。旅を終えた後の独立や再就職にも有利ですし、高収入なので、時間と金銭面に余裕を持って旅をすることができると思います。

安定した収入も得やすいので、知識のある人は、システムエンジニアとして働きながら旅をする人も少なくはないと思います。

旅人にプログラマーも意外と多い!?

プログラミングの知識を必要とするプログラマーですので、報酬単価も結構高めです。基本的に専門知識が必要な場合は、フリーランスでも報酬は高い傾向にあります。

プログラマーも報酬単価は高めですし、短時間の作業で高収入を得ることはかのうです。

そのため、旅の途中でちょっと仕事すれば、特に物価の安い国なら金銭的に余裕を持って過ごすことができると思います。

もちろん、旅を辞めて日本に戻った後でも続けていける仕事だと思います。

企業からの依頼で旅をしている人もいる

jj6

世界中を自由に旅している人の中には、企業からの依頼で旅をしている人も居ます。旅行会社や航空会社などから依頼をうけて、旅そのものを仕事にしているのです。

依頼内容は旅で見た景色などの写真を撮ったり、体験したことなどを文字にして、記事にしたりSNSなどにアップしたりすることが中心だと思います。

日本企業ではあまり募集されていることはないようですが、海外企業ではちらほら募集していることがあります。語学力があるなら海外企業から仕事を引き受けるのも良いかもしれませんね。

また、海外企業の場合、期間は限定されているものの、高いところでは報酬が1000万円ほど出してくれる「企業もあるそうです。

日本より物価の安い国はいくらでもありますし、1000万円ほどあればしばらく仕事をしなくても旅を続けていくことは可能だと思います。

バイヤーとしてモノを仕入れて売っている

海外には日本では手に入らないようなものがたくさん売られています。

食べ物やアクセサリー、服など、たくさんのものがあり、旅をしながらそのようなモノを探して、日本人に売るといったお仕事をしている人もいます。

ただし、場合によっては売れるものがない地域が続くこともあるので、そのような地域ばかり当たってしまうと、収入が入らず出費だけがかさむといった、そこそこのリスクも生じてくるようです。

技術を教えながら旅をする

あらゆる面で日本の技術は進んでいます。

何か専門的な技術を持っているのならば、現地の人に教えながら旅をすることもできると思います。

実際に、マッサージを施し、そして、マッサージ技術を教えながら世界中を旅している人がいるそうです。

娯楽的な技術でもいいですし、その国に必要だと思われる技術を人に教えるのも良いと思います。

株やFXで稼いで旅をしている

これは仕事と言っていいものなのかはよくわかりませんが、世界中を旅している人の中には、株やFXなどで収入を得ている人も実際にいるようです。

ただし、専門的な知識を多く必要としますし、一歩間違えれば旅どころか生活していくこと自体が難しくなります。

全くド素人にはリスクがたかすぎるので、株やFXで一生暮らしていくくらいの覚悟がないとやるべきではないでしょう。

中には仕事をせずに旅をしている旅人もいる

もちろん、旅人の中には仕事をしていない人もいます。

そのほとんどは学生で短期的に集中して一気に稼ぎ、その稼いだ金額内で旅をしているか、過去に書籍などを出版したりして、多くの収入を得て旅をしている人などです。

学生でない場合は、日本にいると収入は全て旅に充てるなんてことはできませんし、だからと言って何かを売り出したり出版してヒットさせて成功者になるなんてことも通常の人はできません。

1週間や1ヶ月くらいの旅ならともかく、半年や1年、もしくはそれ以上など長期的に旅を続けるのならば、仕事をせずに続けることは通常は不可能でしょう。

世界中を旅してみたいと思っている人は、仕事をせずに旅をするなんて思わずに、旅をしながらでも出来る仕事を考えて、上手に仕事と旅を両立させていくべきでしょう。

現在は、自由にできる仕事はいくらでもありますので、是非、自分にピッタリの仕事を見付けて、旅と仕事を満喫していきましょう!

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. ※文・パパyuuenntiniikumade ←動画yuuennti2 ←動画…
  2. スタートから61日目スタートからの距離2025km今日の走行距離10km本日の旅…
  3. ※文、パパ※写真:AYA僕は少年の頃からの夢を現実して、今アジア一美しい車窓…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家

求人

PAGE TOP