旅人が愛するTHE BLUE HEARTSの底知れぬパワーとは

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

何故、旅人にブルーハーツかって?

そりゃ、なんと言っても、くだらない社会観や常識をぶち壊してくれる、最高にスカッ!とするバンドだからだね。

常識という檻から抜け出した僕ら旅人には最高にフィーリングが合う音楽なんだ。

IMG_0014

今当たり前だと思ってやっている事、朝早くから残業手当も程ほどに深夜遅くまで働いている事。

毎朝満員電車にモミクシャにされながら、限りある人生という大切な時間を会社に安売りしている事。

僕にはこういう生き方しかできないんだと、勝手に思い込んで何も動かないで自分の存在価値を決めちゃう事。

そういったことで、家族のためとか、未来の安定を手に入れて幸せになれると本気で思い込んでいる事。

みんながそうやって生きているから、みんなと同じことをする事が正しいと思い込んでいる事。—-

ほとんどの日本人が今当たり前だと思っている事を、全部ぶち壊してくれる。

そんなバンドです。

旅に出るということは、そういった価値観や将来の保障を全部捨てる覚悟が必要だった。まだ幼い二人の娘と嫁の未来も抱えている。中途半端な気持ちでは挑戦できなかった。

捨てるにはとてつもなく大きな勇気が必要だった。だから、ブルーハーツの歌が心に響いた。

僕が小学校の時から大好きなバンドでもある。

最高にキレのいいパンクロックで、あなたもくだらない社会観や常識をぶち壊してみてはどうだろう。

THE BLUE HEARTS おすすめアルバム

YOUNG AND PRETTY

mzi.inotymjo.1200x1200-75

ラインを越えて/英雄にあこがれて/ロクデナシ

が爽快です。

ラインを越えて

色んな事をあきらめて 言い訳ばっかりうまくなり

責任逃れで笑ってりゃ 自由はどんどん遠ざかる

金がモノを言う世の中で 爆弾抱えたジェット機が

僕のこの胸を突き抜けて あぶない角度で飛んで行く

満員電車の中 くたびれた顔をして 夕刊フジを読みながら 老いぼれてくのはゴメンだ

生きられなかった時間や 生きられなかった場面や 生きられなかった場所とか 口に出せなかった言葉

あの時ああすればもっと 今より幸福だったのか? あの時ああ言えばもっと 今より幸福だったのか?

机の前に座り 計画を練るだけで 一歩も動かないで 老いぼれてくのはゴメンだ

TRAIN-TRAIN

train-train-4ea39e6abf2a1

TRAIN-TRAIN/ブルースをけとばせ/青空

が爽快です。

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

ブルースをけとばせ

70年なら一瞬の夢さ

やりたくねえ事 やってる暇はねえ

冗談みたいな世の中だからさ

やりたいようにやらせてもらうぜ

DA-DA-DA-DA-DA…. ブルースをけとばせ

運命なんて自分で決めてやらあ 悪い日もあれば 良い日もあるだろう 晴れたり くもったり 雨が降ったり

あいつは淋しさに打ちのめされた あいつはみじめな気持ちを抱いてる あいつは不安で夜も眠れない

ブルースが俺の肩に手を回す

DA-DA-DA-DA-DA…. ブルースをけとばせ

今夜ブルースをぶちのめしてやる ジャイアント馬場みたいにやってやる マイク・タイソンみたいにやってやる

DA-DA-DA-DA-DA…. ブルースをけとばせ

THE BLUE HEARTS

the-blue-hearts-4e048309359b9

パンク・ロック/リンダ・リンダ/NO NO NO

が爽快です。

NO NO NO

どこかで誰かが泣いて 涙がたくさんでた 政治家にも 変えられない 僕たちの世代

戦闘機が買えるぐらいのはした金ならいらない

NO NO NO… 笑いとばせばいいさ

どこかの爆弾より 目の前のあなたの方が ふるえる程 大事件さ

僕にとっては 原子爆弾 打ち込まれても これには かなわない

NO NO NO… 笑いとばせばいいさ

戦闘機が買えるくらいの はした金ならいらない

NO NO NO…

メンバー 甲本ヒロト 真島昌利 河口純之助 梶原徹也

MP3 / WAVE / WMA / M4A / AAC / FLAC / APE / OGG ダウンロード

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. 2025km、61日間の思い出写真…
  2. 一週間お世話になった宿のオーナーや従業員たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大…
  3. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP