日本から最も身近!韓国釜山おすすめスポット5選

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

船でも行ける!想像よりも身近な外国

2008_0629busan0002韓国にある釜山(プサン)という街を知っていますか?韓国といえばソウル!というイメージがある方が多いかもしれません。ですが、韓国で訪れるべき場所はソウルだけではないのです!

韓国の地方にもたくさんの魅力的な街があります。そのひとつが今回ご紹介する釜山です。実は、釜山は日本からとても簡単に行けるのです。韓国の地方というと、ソウルまで飛行機で行って、そこから電車やバスに長時間揺られなければならない。そんな風に思っていた方はいませんか?釜山は九州の福岡、博多からなんと船でアクセス可能なんです。つまり、九州からは日帰りで韓国にふらっと行くこともできるのです。

どうですか?どんどん釜山が身近に感じてきましたよね?こんなに身近な釜山ではありますが、釜山がどんなに魅力的か知らない人が多いのも事実です。そこで、今回は釜山の魅力を満喫できるおすすめスポットを5つご紹介します。これを読んであなたも釜山に訪れてみて下さいね。

1.釜山タワー

2015_03_1013まず、最初にご紹介するのが釜山のシンボル、釜山タワーです。この釜山タワーは「釜山の顔」と言えるほど観光客は必ず訪れる龍頭山公園(ヨンドサンゴォンウォン)に建っている展望塔です。ソウルにはソウルタワーがありますが、その釜山バージョンというと想像しやすいでしょう。

このタワーは地上120メートルの高さがあります。高い丘の上に建っているので、遮るものもなく、釜山市内が一望できるのが魅力です。釜山港やきれいな海もこのタワーから見ることができます。

龍頭山公園にはタワー以外にも見どころがあります。釜山を守ったとされる将軍、李舜臣の銅像をはじめ、花時計、鐘などがあります。この公園にある鐘は、釜山市民の募金によって設置されたものだそうです。

丘の上に公園があると聞くと、「行くのが大変そう。」と思う人もいるかも知れません。そんな方も心配はいりません!この龍頭山公園に行くまでは、エスカレーターがあるので、それを利用することで辛い思いをせずに行けるのです!足腰に不安がある方はもちろん、きれいな景色はみたいけど、大変な思いをしてまではちょっと、と思う方も気軽にトライできます!

2.チャガルチ市場

a9037cb44f27639fb26f83135abb1432韓国と言えばおいしいグルメは外せません。次にご紹介するのは、釜山の食材が満喫できるチャガルチ市場です。釜山の言えば、港!港といえば海!海といえば新鮮なおいしい海鮮ですね。そう、ここチャガルチ市場は韓国内でも随一の海産市場なのです。新鮮でおいしい海産物はもちろん、韓国らしいエネルギッシュな市場の様子ももちろん楽しめます。

簡単にチャガルチ市場について紹介すると、そのルーツは1950年、朝鮮戦争の頃に遡ります。そのころ砂利畑に露店式の市場を開いでいたのがはじまりだそうです。チャガルチとは、「砂利・小石」という意味の韓国語で、この市場のルーツが名前の由来になっているみたいです。

初代の建物は1970年に建てられた3階建てのものでした。現在では地下2階、地上7階の大きな施設になっています!2006年に完成したビルは、まだ新しいので清潔感もあり、初めてでも訪れやすいですね。建物の4階以上のスペースには、お土産屋さん、スカイラウンジなどが入っているようなので、ぜひ市場に寄ったついでにチェックしてみてくださいね。

3.海東龍宮寺(ヘドンヨングンサ)

src_11150953この海東龍宮寺はなんとも珍しい海沿いにあるお寺です。海沿いの岩場の上に建てられており、壮大な景色と、歴史あるお寺とを同時に楽しむことができます。このお寺は高麗時代からの歴史を持っています。高麗時代の王の師が夢で信託を受け建てたと言われています。しかしながら、文禄の慶長の役で消失してしまいました。現在見ることができるのは、1930年代初めに再建されたものです。

海東龍宮寺で有名なのは、高さ10メートルもある海水観音大仏です。誰もが心からお祈りをしされすれば、願いを必ず1つ叶えてくれることでも有名です。

お寺の入り口まで続く参道には、屋台やお土産やさんなどがたくさん並んでいます。日本のお寺の参道と似た雰囲気かもしれません。ただ並んでいる軽食や屋台の食べ物、お土産物は韓国、釜山ならではのものなのでチェックしておきましょう!

参道を抜けるとお寺の入り口となる門があります。門には黄金の龍が左右にあしらわれているのも迫力があります。門を抜けて、108段の階段を上ると、目の前に海東龍宮寺を見ることができます。

4.甘川洞文化村(カムチョンドンムナマウル)

src_10803902甘川洞文化村は、アートを取り入れた街づくりで成功を収めた街です。釜山では、山で囲まれているという地形のため、山肌にたくさんの家屋が並んでいるのを見ることができます。甘川洞文化村も釜山らしい山肌に家々が並ぶ街です。

家屋はカラフルにカラーリングされていて、遠くから見てもおしゃれな雰囲気がわかります。家屋だけでなく、路地にはたくさんのアートオブジェクトも並んでいます。近代美術館の中に迷い込んだような、不思議な感覚を楽しむことができます。

実はこの甘皮洞文化村は釜山のマチュピチュとも呼ばれているのです。町おこしプロジェクトの名前もマチュピチュプロジェクトと名付けられているほどなのです。なぜだかわかりますか?それは、街内の入り組んだ路地がマチュピチュのように迷路みたい見えるからなのです。

この街が迷路のように入り組んでいるのには、この街の歴史に理由があります。このあたりは朝鮮戦争で北朝鮮側から逃げてきた避難民たちが戦争を逃れるために家を建て、住み始めたのが始まりだそうです。そのため、迷路のように入り組んだ街並みになってしまったとか。ぜひ、甘川洞文化村に訪れて細い路地を探索してみてくださいね。

5.新世界スパランド

src_10553154最後にご紹介するのは新世界スパランドです。韓国に来たらスパやサウナ、マッサージなどで身体をリラックスさせたいと考える人は必見のスポットです。この新世界スパランドは世界で一番大きい百貨店として話題を集めた新世界百貨店の一階に併設されています。

ここでは、露天風呂や天然温泉はもちろん、韓国風のサウナ、チムチルバンや世界各国のサウナが楽しめます。サウナと温泉で身体をリラックスさせて、綺麗になりましょう!

韓国のチムジルバンというと地元の人が多い、大衆浴場的なイメージがあるかもしれません。しかし、この新世界スパランドはリゾート気分を味わえる一味違った施設になっています。

館内では、ゆったりとした館内着を着てのんびりと過ごすことができます。通常で4時間、1万ウォン以上館内で利用すれば6時間まで過ごすことができます。もちろん、エステやマッサージも充実していますし、休息スペースもくつろげる空間になっているので、何時間でものんびりしたくなってしまいます。旅の疲れを最後にここ、新世界スパで癒して帰るのが良いかもしれませんね。

プチ旅行を楽しもう!

south-korea-busan-top-view-night-bridge-hdr今回は韓国釜山のおすすめスポットを紹介してきました。これを読んで釜山の魅力に気づいた方も多いのでは?釜山は思い立ったらすぐ行けるほど身近な場所にあります。国内旅行にちょっと足を伸ばす感覚で、ぜひ訪れてみてください。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 一週間お世話になった宿のオーナーや従業員たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大…
  2. ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…
  3. 上の家が下の家になるまでの話 究極のセルフビルド(DIY)的ストーリー水も電…

新着記事

  1. 石垣島で何を満喫するか?ここに住んでいる私が正直に書きます。石垣島はリゾートで来る場所ではあ…
  2. グローバルでかっこいいイメージのあるのが海外就職ですよね。実際にどこで働いているの?と聞かれ…
  3. カナダの人気の都市、トロント。けれど、トロントにどんな観光スポットがあるのかは意外と知られて…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP