母国と違う!日本で驚いたこと〜アメリカ人・カナダ人編

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

アメリカやカナダと日本は、まったくの別世界ではありません。経済的にも文化的にも、似通った部分が数多くあります。けれども(だからこそ)、細かな違いもたくさんあります。アメリカ人とカナダ人が日本を訪れて驚いたということを分かりやすくまとめてみました。

《アメリカ人が日本で驚くこと》

スタバがお洒落

本国の店舗を凌ぐ飲食チェーンは、マクドナルドだけではありません。スターバックスコーヒーもそのひとつです。本国にもお洒落なお店はありますが、「コーヒーさえ飲めればOK」という簡易なインテリアのものが多い印象です。特に創業の地であるシアトルには有難みが薄れるほどスタバが乱立しており、お洒落もへったくれもありません。

それと比較すると、コンセプトストアが多く平均的に小ぎれいな日本のスタバは、アメリカ人にとってカルチャーショックのようです。

マクドナルドのメニューがどれも美味しい!

マクドナルドといえば、申し訳ないですがジャンクフードの代名詞ではないでしょうか。ところが日本のオリジナルメニュー、てりやきマックバーガーや月見バーガーは、ジャンクらしからぬ美味しさだとアメリカ人に好評です。「自国ではマクドナルドへ行くことなどないのに、日本だとなぜか通ってしまう」という人もいるくらいです。

UberやAirbnbなどの便利なサービスが浸透していない

ネット先進国のアメリカでは、数多くのサービスがネットに成り代わっています。町の書店がAmazonに、レンタルビデオ店がNetflixに変わってしまったのは、アメリカほどではありませんが日本でも同様です。

ただ、気軽にタクシーを頼めるUber、宿泊施設を利用できるAirbnbなどは、日本ではそこまで浸透していないのではないでしょうか。様々な協会、法律、ルールの制約があることも一因でしょうが「単純に便利なほうを選ぶ」という性質が、日本人には少ないからである気がします。

合理的なアメリカ人は、「便利なほうが絶対いいのに、なぜあえて古いほうにこだわるの?」と驚くようです。

「システムエンジニア」が多すぎる

様々な物事がIT化を遂げたアメリカでは、IT関係の職に従事する人が数多くいます。仕事は細かく分業化され、それぞれの分野にプロフェッショナルが存在します。対して日本では、IT関係の職業人はすべて「システムエンジニア」とひとくくりにされることが多いのではないでしょうか。「え、君もSE?」「その仕事までSE?」とアメリカ人は驚くようです。

文系出身の学生が知識ゼロからエンジニアになれることも、アメリカではなかなか珍しいそうです。

洗濯物を外に干す

アメリカ人は、洗濯物を外に干す習慣がほとんどありません。全て乾燥機で済ませます。外に干すと景観を壊すから、スマートじゃないから、天候が不安定だから・・・と理由はいろいろありますが、一番の理由は「干すのが面倒くさいから」ではないかと個人的には睨んでいます。

対して日本人は、多少の面倒はいとわず洗濯物は外に干しますよね。シーツからパンツまで丁寧にしわを伸ばし、洗濯ばさみで止めて。その行為がアメリカ人にはとても不思議だそうです。

干した洗濯物を「お日様の香りがする」といって喜ぶ

そう、たとえ面倒でも、自宅に大きな乾燥機が備え付けられていたとしても、日本人は洗濯物を外に干すのではないでしょうか。なぜなら、日光に当てたほうが気持ちいいからです。よく晴れた日の午後洗濯物を取り込むと、お日様の香りがふわりと香ってなんとも幸福な気分になりますよね。

その「お日様の香り」を、洗濯物を外に干す習慣がないアメリカ人は嗅ぎ分けることができないそうです。「日光に匂いなどないだろう」と。代わりに彼らは、乾燥機から出し立てのほかほか温かい洗濯物を気持ちいいと感じるそうです。

虫の鳴き声を鑑賞する

概念がなければ、それを認知することもなかなかできません。前述の「お日様の香り」を嗅ぎ分けられないのと同様に、蝉や秋の虫の鳴き声も、アメリカ人には判別しがたいようです。

日本人は古くから「蝉しぐれ」や「虫の音」といって虫の鳴き声を愛でてきました。その習慣を持たないアメリカ人には、虫が出す不快音を「声」と呼んで鑑賞する日本の文化が不思議でたまらないそうです。

日本人は怒らない。その代わり大喜びもしない

喜怒哀楽を全身で表現するアメリカ人にとって、日本人はいい意味で穏やか、悪い意味で何を考えているかわからないように見えるそうです。

嫌なことがあっても、じっと我慢している(ように見える)のはすごい。ただ、プレゼントを贈ったときにも平然としている(ように見える)から、喜んでいるかどうかわからないということなので、アメリカ人と付き合うときはいつもより大げさに感情を表現するといいのかもしれません。

国旗が町に飾られていない

アメリカ人は自分たちの国旗が大好きです。公立の施設にも民間の店舗にも一般家庭にも、普段から星条旗がはためいています。

日本で国旗を飾るのは、国民の休日か運動会か、といったところではないでしょうか。政治的な色合いが生じることもあります。「日本に一番掲げられているのは(フランス料理店の)フランス国旗だ」という話も聞いたことがあります。日本人は自国の国旗に愛情がないように見えて、とても不思議なんだそうです。

子どもが一人で安全に外出できる

日本は安全。アメリカ人のみならず、多くの外国人が口を揃えていう言葉です。特に小さな子どもたちが一人で散歩・登校をしている様子を見て、アメリカ人は驚きます。アメリカでは13歳未満(州によって異なります)の子どもには必ず親が同伴していなければならないという法律があるからです。

子どもが一人でいても犯罪に巻き込まれない社会は、実は特別なものなんですね。

《カナダ人が日本で驚くこと》

英語に詳しい人がたくさん居るのに、使おうとする人が極端に少ない

次は英語について。日本に来て実際に英語を教えた経験を持つ数人の友人いわく、日本人の英語レベルは全体的に高いと言います。中学校、高校、人によっては大学で学んだ英語に関する知識や能力は、もっと自信を持っていいレベルだと言います。

にもかかわらず、その英語を使おうとする日本人が圧倒的に少ないと言います。あるカナダ人は、「仮に私が日本人の英語力と同程度の日本語を知っていたとすれば、鼻高々で使いまくるはず」と語っていました。確かに日本人は英語を使うとき、過剰に間違いを恐れますよね。中学校や高校の英語の試験で、徹底的に×をつけられた苦い経験が、私たちを臆病にさせているのかもしれませんね。

酔っぱらった人が平気で路上で寝ている

最初はサラリーマンの酔っぱらいについて。会社の飲み会に参加し泥酔して、スーツ姿のまま路上で転がっている日本人サラリーマンを見ると、毎回驚いてしまうという意見がありました。まれに女性まで路上でうずくまっている場合もありますよね・・・。そんな姿を見ると、どれだけ日本が安全なのか、びっくりしてしまうと言います。

褒められた行動ではありませんし、日本人から見ても決して安全とは思えません。ただ、少なくとも命を取られるようなはめに陥らないだけでも、日本の治安の良さに感謝すべきなのかもしれませんね。

日本ではマクドナルドであっても席まで料理を運んでくれる(それだけおもてなし精神が行き届いている)

最後は飲食店の接客について。とにかく日本人の接客の丁寧さには驚いてしまうと教えてくれました。「あのマクドナルドでさえ、お店が空いているときは座席までフードを運んできてくれる」といったコメントも。

この場合の “座席までフードを運んできてくれる” とは、ドイツやアメリカのマクドナルドで試験的に始まったテーブルサービスや、オーストラリアのシドニーにあるカフェ風のマクドナルド『The Corner』などで行われているサービスについて言っているのではありません。最初からシステムとしてテーブルにフードを運んでくれるのではない、あくまでも従来通りのマクドナルドでありながら、スタッフの自主的な判断で座席まで注文の品を運んでくれるサービスを言います。

ファストフードのチェーン店で働いているアルバイトスタッフであっても、おもてなしの精神にあふれていると、上述したような気配りで感じてしまうようですね。食に関しては「どこで何を食べても料理がおいしい」「食のレベルが高い」「どの居酒屋もおいしい」などの意見も。日本の食のレベルについては、やはり胸を張っていいのですね。

その他には「東京であっても深夜になると全ての交通機関がストップしてしまう」などの意見も。例えばトロントでは、夜通し公共のバスが市内のメインストリートを走り回ってくれているのだとか。バンクーバーではバスだけでなく、一部の電車も深夜まで動いているといいます。こうして並べてみると、いろいろ違う部分があると分かりますね。

まとめ

いかがでしたか?日本は時に奇妙に映ってしまっているようですが、悪い部分ばかりではないということもわかりました。あなたは、アメリカ・カナダと日本の違いについてどのように思いますか?

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  2. 一週間お世話になった宿のオーナーや従業員たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大…
  3. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…

新着記事

  1. 石垣島で何を満喫するか?ここに住んでいる私が正直に書きます。石垣島はリゾートで来る場所ではあ…
  2. グローバルでかっこいいイメージのあるのが海外就職ですよね。実際にどこで働いているの?と聞かれ…
  3. カナダの人気の都市、トロント。けれど、トロントにどんな観光スポットがあるのかは意外と知られて…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP