活気溢れる釜山の町で食い倒れてみた~定番&絶品の食事

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

093

韓国最大の水産市場

韓国第2の都市といわれる釜山(プサン)は韓国最大の水産市場があり、釜山港で水揚げされた新鮮な魚介類が味わえ「チャガルチ市場」は釜山の観光名所のひとつとして有名です。釜山に来たらここは絶対に外せません。活きのいいカレイや穴子や牡蠣などたくさんの魚が並んでいるほか、日本では見たこともないような魚がずらーっと並んでいます。その場で好きな魚を自分で選ぶことができ、2階で調理してくれます。韓国も日本と同じように魚を生で食べる文化がありますが、サンチェに包んだり酢コチュジャンに付けて食べるなど韓国特有の食べ方があります。そして韓国で刺身を食べる際は胃を焼酎で消毒しながら食べるという習慣があるため、焼酎は欠かせません。

092

またチャガルチ市場の面白いところは、威勢がよく元気いっぱいのおばちゃんたちです。たくさんの露店が立ち並ぶ市場では、その場で試食させてくれる店も多くあります。釜山特有の方言で話しかけてきたり、こなれた日本語で「オイシイヨー」「ヤスイヨー」と話しかけてくるので親しみやすく、テレビやドラマでよく観る「ザ・韓国のおばちゃん」たちに会うことができます。

095

カニといえば機張(キジャン)市場

機張は釜山の北東に位置し、リゾートエリアである海雲台(ヘウンデ)からタクシーで15分ほどで市場に着きます。釜山でカニといえば、まずここが一番に浮かび上がる人が多いことでしょう。観光客はもちろん、地元の人たちもわざわざ足を運ぶほど有名な市場です。カニ市場と呼ばれるほどたくさんのカニが並び、安くカニを食べれる場所として知られています。カニはロシア産のものがほとんどですが、安くたくさん食べたい人や市場の雰囲気を味わいながら食べたいという人にオススメです。思う存分カニを食べたらシメは残ったカニ味噌とご飯で作ってくれる「ポックンパプ」と呼ばれる焼き飯を食べましょう。カニ味噌とご飯が絶妙にマッチして病みつきになります。ほかにも、海産物だけでなく野菜や果物などたくさんの食材が揃っている機張市場は市内に比べとても安く、他から買い付けに来る業者もいるんだとか。知る人ぞ知る、庶民の台所なのです。

096

釜山でしか味わえない

韓国といえばソウルに訪れる人が多いかもしれません。しかしソウルでは味わうことができない人気の食べ物が釜山にはあり、韓国人も釜山に行くと必ず食べるといわれているものがあります。それが「デジクッパ」といわれる豚骨を一日かけて煮込んだものを使って作る雑炊のようなものです。「デジ」とは豚という意味があり、牛肉が不足していた時、牛肉の代用として作っていたのです。とんこつラーメンのような白濁スープですがあっさりとして薄味なのでキムチを足したり、塩を足したりして自分で味付けをして食べます。若者たちで賑わう西面(ソミョン)にはデジクッパ通りと呼ばれる通りがあり激戦区となっています。雑誌やメディアなどで紹介される有名店が並び、地元の人はもちろん、観光客や日本人が大勢います。朝から夜遅くまで空いているので小腹が空いたとき、お酒を飲んだ後のシメ、飲みすぎた次の日の朝など食べてみてはどうでしょう。

097

釜山名物ナクチポックン

韓国でナクチポックンといえば一般的に手長ダコを炒めた料理ですが、釜山のナクチポックンは辛いタコ鍋になっています。昔から大人気の郷土料理で新鮮なタコとネギと玉ねぎが入ってます。美味しさの秘訣はたっぷり入ったコチュジャンとニンニク。見た目はとても辛そうで、実際辛いのですがタコや野菜から出る出汁が辛さに負けることなく、クセになる味で何度食べても飽きることがありません。辛いのが苦手な人は先に伝えておけば辛さを控えてくれるので安心して食べることができます。釜山に行ったら一度は食べたい味です。

098

韓国式海苔巻き

日本の海苔巻きと違い、酢飯ではなく塩やごま油を使い味を調えます。人参、ほうれん草、エゴマの葉、キムチなどたくさんの野菜が入った具だくさん海苔巻き。海苔の表面にごまを振ったり、ごま油を塗ったりして風味をだします。クリームチーズが入ったものや牛肉が入ったもの、シンプルにたくあんだけなど種類豊富です。辛いものばかりたべて優しい味がほしくなったときにオススメです。手軽に持ち運びもできるのでホテルで食べたり、帰りの空港での待ち時間や船の中で食べるのもいいでしょう。

099

伝統スイーツ・ソルビン

ソルビンとは釜山発祥の粉雪のようなかき氷のことです。釜山で一番美味しいかき氷店といわれるほどで、今ではソウルなど全国にチェーン店があります。日本の製菓学校でお菓子作りを学んだ女性が韓国の伝統スイーツと合わせて作ったのが始まりです。一番人気は何と言っても、ふわふわのかき氷の上に乗ったきな粉とお餅。甘すぎず食べることができるため、若者からお年寄りに幅広く愛されています。ちょっと食べづらいので、勢いあまってきな粉でむせないように気をつけましょう。

まとめとして

日本から一番近いお隣の国。東京から釜山までは飛行機で2時間ほどで行くことができます。また博多からだと1時間もかからず行くことができ、ビートルという高速船も出ているのでそれに乗れば3時間で行くことができます。日本国内を旅するより時間もかからず安く行くことができるので、あまり時間がないけどどこかに出かけたいという人は必見です。町のいたるところに日本語があり、日本語も通じやすいので言葉の心配はなく気軽に過ごすことができます。間違っている日本語の看板がチラホラあり、笑いを提供してくれます。

韓国人は野菜の摂取量が日本人の約2倍といわれるほど多く野菜を食べます。実際にご飯を食べに行くとたいてい野菜が入っているし、焼肉を食べに行けば「バンチャン」という小鉢が無料ででてきます。野菜不足といわれる現代人にピッタリの場所でもあるのです。

辛いのが好きな人、安くたくさん美味しいものが食べたい人、時間がないけど海外に行ってみたい人はぜひ一度釜山に行ってみてはどうでしょう。活気溢れる釜山の町並みにあなたもハマるかも!?

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 一週間お世話になった宿のオーナーや従業員たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大…
  2. 2025km、61日間の思い出写真…
  3. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …

新着記事

  1. 最近、時間があれば「旅行とは何か」を考えることが多いです。そのため、普段から旅行記やエッセイ…
  2. 前回は、ケニアとは、どのような国なのか、ケニアの治安、飛行機やアクセスについて紹介してきまし…
  3. みなさん、ケニアと言われて何を思い浮かべますか?サバンナの動物たち、民族、大自然などですか?…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人 なっちゃんの旅
PAGE TOP