海外で日本語教師ノマドになってみる?ノマドワーカーになる方法

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

海外で日本語教師ノマドになってみる?

一時は人気爆発、売れっ子職だった日本語教師。最近は「それほどの旨味はない」。そんな陰口を叩かれることもあります。

でも、日本語を習いたい、習っている、もっとうまくなりたいという需要は常にあります。問題は、その需要にどう自分を合わせるか。

海外に住みたい、働いてみたい、ノマドしたい。そんなあなたの可能性の一つとして海外で日本語を教える「日本語教師」はいかがでしょうか?

日本語教師って何する人?

外国人に日本語を教える人。

日本語は世界的に難しいといわれる言語です。話すと読むまではできても、書きまでマスターするのは、非常に困難だともいわれます。日本人でも、漢字に苦労した経験を持つ人や熟語や慣用表現を使いこなせない人はたくさんいますね。

そんな中、日本語を知らない人に日本語を一から教えるのはとても大変。日本に生まれて自然に日本語を吸収するのと、学習によって日本語を会得するのではまったく難易度が違うのです。

その学習を提供するのが日本語教師。日本語を話せるだけではもちろんダメ。日本語の成り立ちや文法的な理屈をきっちりと理解して、それをわかりやすく説明し、正しい使い方を教えることができる、それが日本語教師の役目です。

日本語教師の資格って?

日本語教師に正式な資格は存在しません。

そのため、「私は日本語教師です。日本語を教えます」という看板を個人で出して教室を開くのは自由。日本語学校などに就職するにも、「絶対にこの資格がないとダメ」という条件は一応、原則としてはありません。

でもそれでは、教師を受け入れる学校や教室側も、教わる生徒も、教師の質を確認できません。そこで、「日本語教師」として必要な「条件」が関係者の間で作られていきました。それが次にご紹介する3つです。

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

日本語教師になる方法~その1

「420時間の養成講座修了者」。これが日本語教師として一般的に認められる一つ目の条件です。世の中の日本語教師には、この条件を満たして活躍している人が一番多いといわれています。

この講座に受講者資格はなく、始めるにあたってのハードルは「受講費用」だけ。3か月から1年程度の通学または通信教育で、日本語の教え方の基礎から応用までを学びます。

420時間の具体的な中身はまちまち。基本的な文法などは対象が同じ「日本語」である以上、どこも一定の基準満たしているようですが、たとえば、教え方のアプローチを例に出すと、最初から日本語で日本語を教える場合もあれば、英語で日本語を教える場合もあります。

実習や演習も、実地で行う場合もあれば、DVD学習やレポート提出の場合もあります。このあたりは、少々有耶無耶。そのため、大手の学校や教室に勤める場合には、「どこで・どこの」420時間講座を受けたかが問われる場合もあります。

日本語教師になる方法~その2

二つ目はもっとも手軽と言われる方法です。「日本語教育能力検定試験」を受けて合格すること。

この検定は、日本語教師としての知識がきちんと身についているかどうかを検定するための試験で、年に1回実施されています。

テストに合格すれば、堂々と「日本語教師」を名乗ることができますが、この検定試験だと「実力」がわからないという意見もあります。

420時間講習では実習や演習を行うのに比べ、検定試験は一発勝負。詰め込み知識だけでも受かってしまうのです。

試験勉強は、問題集を購入しての独学が可能、さらに1回の受験費用だけで済むので非常に手軽です。でもその分、世の中での信用性は少し低くなる傾向もあるようです。

おすすめの方法としては、420時間講習を受けた後、この検定に合格する。これなら、採用側も文句がつけられません。

日本語教師になる方法~その3

大学か大学院で「日本語」関連学科を学んで卒業するという方法もあります。

これはさすがにハードルが高いですね。すでに、日本文学科や日本語学科、日本語教育科などを卒業しているなら、即日本語教師として採用試験を受けられますが、これから始めるには、大学入試や大学院入試を通り、2年から4年という期間と授業料をかけ、さらに卒業しなければなりません。

ただ、苦労をする分、この方法で生まれた日本語教師にはそれだけのステイタスがあります。たとえば、海外の現地小・中・高等学校で外国語としての日本語を教える教師として就職する場合、大学で日本語を教える場合や日本語教師を教育する教育機関に就職する場合には、日本語教育関連の科目を学ぶ大学か大学院卒が条件とされている場合が多いようです。

日本語教師になる方法そのほか

日本語教育振興協会では、「mustではないけどこれくらい」というラインを提案しています。その中には前述の3つの方法以外にもこのような記載があります。

日本語教育に関する知識や能力を持つことを前提に、さらにプラスして、①大卒者、②短大・高専などを卒業後2年以上の日本語教育関連業務経験、③専門学校を卒業し、日本語教育関連業務経験期間と合わせて4年以上、④高校教諭の経験者、⑤以上と同等能力保持者なども、日本語教師として認めうるとのこと。

あくまで基準であって、資格でも義務でもありませんが、そのような考えが業界内にあるのは確かです。

海外で日本語教師として求められるもの

日本語しか話せない日本語教師はどうしても採用確率が下がります。日本語で日本語を教えることをウリにしている語学学校だとしても、教師と生徒、教師同士などがコミュニケーションには、共通言語が必要です。

また、日本語という言語だけでなく、それ以外の面で「日本」を教えられる人が歓迎される傾向もあります。たとえば、茶道や華道、書道などが得意、日本のアニメに詳しいといった、日本文化を紹介できる人は、同じ日本語教師資格所持者の間でもプライオリティが上がります。

あとは経験値。日本国内でもいいし、ボランティアとしてでもいいので、実際に就職する前に経験や実績を作っておくことをおすすめします。

日本語教師として就職する上での注意

海外就職情報サイトを覗いてみるとわかりますが、募集はあります。待遇もそれほど悪くなさそう…に見えますが、実はブラックが多いのも事実。

「話が違う!」という例は山ほどあります。現地見学ができないなら、現地の日本人教師ネットワークなどを検索して情報集めをしてみましょう。

日本語教師の将来性は

真面目に取り組む気があり、良い職場に恵まれれば、日本語教師は長く細くも太くも続けられる職業です。

大卒や大学院卒でなくても、日本で取った420時間や検定資格を持って海外へ渡り、現地の語学学校でみっちりと経験を積んだ後、現地校や日系の小中高校などに就職した例があります。

420時間の講習、またはプラス検定という、ハードルは低めながらも日本語教師として認められる最良の資格を取得した上で経験を積む。その後の将来性は、努力やコネクション作り、運といったもの次第なので、ほかの職業に比べて、将来性は良い方といえるのではないでしょうか。

まとめとして

実際に日本語教師として働くだけで身を立てていける人はそれほど多くありません。これは、どんな職種でも同じでしょうが、運よく海外に日本語教師の職を得ることができれば、数カ月から数年のノマド生活の糧とすることは可能。ただそれを一生または長期的視野で考えると、それなりの努力と忍耐、そして能力も必要となってきます。

それでも、日本語教師のなりやすさ、求人の多さを見ると、日本語教師とノマドの相性は悪くなさそうです。また、日本語クラスは、数カ月単位の場合が多く、一般企業に比べれば長期休暇を取りやすいのもノマド向きといえそうです。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. 旅に出る前の僕らは、溢れかえった『物』の中で身動きできずに完全に溺れていた。人生とい…
  2. こんにちは。ひでです。ライブフリーと過ごすようになって一年が経ちましたが、この一年で随分とこ…
  3. 家族四人で世界を歩いた思い出写真…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家

求人

村人ブログ

海外の仕事・ノマドワーカーのすすめ

PAGE TOP