海外旅行の持ち物チェックリスト、女子旅編

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」


何を持って行けばよい?忘れ物はないかな?旅行の準備をする時、チェックリストがあればとっても便利ですよね。今回は、海外旅行に行く女子必見です。化粧品、服装、ちょっとした医薬品など、女性だからこそ旅先に持って行く物っていくつもありますよね。性別関係なしの必須アイテムから女性ならではの持ち物まで、海外旅行の持ち物リストを作ってみました。

超重要、これがないと出国できません


・パスポート、(ビザ)
・往復航空券(e-ticket)
・現金
日本円があればとりあえずは問題ないですが、両替所が閉まる深夜に到着する場合や、空港にあるATMが自身の国際キャッシュカード(クレジットカード)に対応しているか心配な場合は、少し現地通貨を持っていた方が安心です。

必需品


・海外旅行保険
万が一に備えて入っておくと安心です。クレジットカードに旅行保険が自動付帯されている場合もあるので、ご自身のカードの契約を確認してみましょう。
・ツアー日程表と旅のしおり(ツアーの場合)
・クレジットカード
大金を持ち歩くとその分リスクが増えます。カードで支払えば、両替手数料がかからないのも利点です。
・ガイドブック
重いと感じるなら、必要なページだけコピーしておくと良いです。電子書籍としてスマホにダウンロードする方法もあります。
・着替え
・履きなれた靴
スニーカーと、もう一足サンダルがあると良いです。
・ハンカチ/タオル
汗を拭いたり、日本のようにトイレにペーパータオルやハンドドライヤーが備え付けられていないので、ハンカチは必須です。
・ポケットティッシュ
トイレにトイレットペーパーが備え付けられていない国や地域があります。
・ウエットティッシュ
手が汚れた時や食事の前に使います。
・洗面用品、お風呂用品
・歯ブラシ、歯磨き粉
・くし、整髪料
・メガネ、コンタクトレンズ(ケア用品)
・バンドエイド
歩きすぎて靴擦れしてしまった時とかにあると安心です。
・医薬品
慣れない海外では体調を崩すことも珍しくないです。最も起こりやすい症状としては、お腹を下すです。薬は日本製でないと飲むのに勇気がいりますよね。念のための保険として持って行きましょう。筆者は万が一の安心材料として、酔い止めを機内に持って行きます。使う程の揺れに遭遇したことはないのですが、持っているだけで安心できるからです。最近では”持っていると揺れない”のジンクス的な意味合いが強くなっています。

デジタル製品


・カメラ
・スマホ/携帯
・携帯用WiFiルーター
最近のホテルはWiFi利用ができる所が殆どですが、外で観光情報を調べたり、翻訳辞書を使いたい時にWiFiが利用できると便利です。
・各種充電器
・電源プラグ変換アダプター
カメラや携帯の充電には変圧器は不要です。プラグ変換アダプターがあれば問題なく充電できます。様々な形に対応するマルチタイプを購入しておけば、国をまたいだ周遊旅行の際、何個もアダプターを持参しなくてすみます。

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

あると便利な物


・筆記用具(ボールペン)
入国書類を機内で書くと時間の節約になります。現地で筆談する際にも使います。
・メモ帳
行先をメモしてタクシー運転手に見せたり、筆談する時に使います。何にいくら使ったなどをメモして備忘録的な役割も果たします。
・洗濯洗剤、洗濯バサミ
下着や靴下はこまめに洗いたいけど、ランドリーサービスを利用する程大量に洗濯物は出ないです。そんな時はホテルで手洗いする用に小さな洗剤があると便利です。
・雨具
いつも晴れているとは限りません。折り畳み傘があると雨でも外を歩けます。
余談ですが、日本では雨が降るとみんな傘をさしていますが、海外ではちょっとした雨なら傘なしで歩いている人が多いです。

・・・・・ここからが女子旅編になります・・・・・

化粧品類

・メイクグッズ、整髪料
旅先でもメイクは欠かせません。
・メイク落とし
メイク落としは拭き取るタイプがお勧めです。ホテルでメイクを落とす他、飛行機の中でも簡単にメイクが落とせるからです。
・洗顔フォーム
メイク落としも兼ねた洗顔フォームなら1つ荷物が減ります。
・化粧水、乳液、クリーム
旅先でもお肌の手入れは怠れません。使い慣れた基礎化粧品を持参しましょう。
・リップクリーム
飛行機の中、旅先によっては物凄く乾燥します。
・ヘアゴム、ヘアピン
洗顔する時に髪の毛を結んだり留めたり、蒸し暑い時に髪の毛をまとめる用に使います。

お風呂編

・シャンプー、リンス、トリートメント
ホテルにもアメニティとして置いてあることが多いですが、髪に合わないとバサバサになってしまいます。
・ボディーソープ
ホテルには石鹸が用意されていることが殆どですが、こだわりのある人は持参しましょう。
・カミソリ(シェーバー)
プールやスパ、エステに行く時にムダ毛が急に気になったり、眉毛や顔の産毛が伸びたり、ムダ毛処理は死活問題です。もちろんカミソリの機内持ち込みは不可なので、預け入れのスーツケースに入れます。

生理用品

・ナプキン
万が一のために持っていると安心です。現地でも買えますが、とっさに必要になった時のために少しはあった方が良いです。
・生理痛薬
急に生理になった時のために生理痛薬があると痛みが緩和されます。せっかくの旅行なのにお腹が痛くてホテルにこもっているのは勿体ないです。

服装編

・パーカー/カーディガン
夏は日焼け防止用、冬は防寒具になります。特に東南アジアは外が暑いのに対し、室内はエアコンが寒すぎるくらい効いています。飛行機内も寒いので1着は持っていた方が良いです。
・ストール
こちらも上記同様に日焼け防止、防寒用です。パーカーやカーディガンと違い羽織るだけなので、どんな服装にも合わせやすいです。

パッキングのこつ


化粧品類を機内に持ち込むには液体類の容量制限があります。化粧水、乳液、クリーム、歯磨き粉、コンタクトケア用品、香水など液体類の持ち物は意外と多いです。スーツケースに入れて預けてしまうのが最も楽ですが、機内に持って行きたい場合は、100ml(g)以下に小分けして透明のプラスチック製袋に入れると持ち込むことができます。プラスチック製袋のサイズの目安は、縦20㎝以下×横20㎝以下になります。 1人につき1袋持ち込めます。小分け容器は旅行用品売り場や
100円ショップで手に入ります。わざわざ化粧品類を小分けにするのが面倒という方は、旅行用の使い切りタイプを購入するか、試供品を持って行くのもありです。

忘れ物心配症候群の方へのアドバイス、兼まとめ

旅行、特に行先が海外の場合は、あれもこれもと、ついつい大荷物になりがちです。忘れ物がないかも心配になってしまいます。前日どうしても不安になった時、筆者の場合、最終的には「お金とパスポートがあれば大丈夫、忘れたら現地で買える!」と気持ちを落ち着けるようにしています。
とはいえ、旅行前の忘れ物チェックは重要ですよね。このリストが皆様のお役に立てれば幸いです。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. ※写真:World Travelスタートから14日目から15日目青森県つがる市周…
  2. 写真:Yuuma Familyインド15日目、コルカタINしてから電車を乗り継ぎイン…
  3. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP