海外旅行先で恋の出会いをつかむための下準備6つ+簡単英会話

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

rsz_couple_by_lake

外国人の恋人がいる人を羨ましく思ったことはありませんか?

しかし、海外旅行に行くだけでは出会いは簡単には舞い降りてきません。運命の出会いを引き寄せるのも自分の準備が必要でしょう。今回は、外国人の恋人をゲットしたいあなたのために、いくつか準備しておくことと、せっかくの出会いを消化不良で終わらせないための英会話をシェアしていきたいと思います。日本人はやはり、シャイだったり英語ができない人が多いように感じます。この記事によって偶然の出会いが大きく発展すれば嬉しく思います。

それでは早速チェックしていきましょう。

party

【はじめに。海外では、シャイな自分は取っ払う!】

海外での出会いが交際→結婚に発展しやすいのは、初対面の人とあまり親しく話をしない日本人と違い、海外には初対面でも気軽に話しかける文化をもつ国が多いのが理由でしょう。

ちょっと話しかけてきた人ともフレンドリーに話をして、気が合うなと思ったらメールアドレスくらいは交換してコンタクトを取り続けることで、いくらでも海外旅行での出会いを素敵な出会いに変えることは可能です。ぜひ積極的にいきましょう。

6369diet-clock

①旅行準備から始まっている出会いへの準備

旅行が決まれば、ダイエットやお肌のお手入れも気を抜けません。機内で、滞在するホテルで、ふと入ったレストランで、海で、プールで、いつどこに出会いが転がっているか分かりません。1日、2日ではできないダイエットやスキンケアは、出発までの予定を組んで、計画的にしましょう。悔しいですが、第一印象は本当に大切です。

your-clothes-palette

②洋服はもちろん、ヘアもメイクも気を抜かない

これは男性にも言えることでしょう。

ヘアもメイクも、そして洋服も常に気合いを入れて準備万端にしましょう。旅行中だからって、洋服と合わない靴や鞄で諦めてしまってはいけません。着回しできるアイテムを上手く活用しながら、どの日も素敵なコーディネートができる努力をしましょう。

そして、素敵な出会いを果たしたら、今度は食事に誘われる可能性だってあります。女性だと、どんな食事のシーンにも対応できるワンピースなどを1着は必ず持っておくと良いでしょう。

o-hotel-front-desk-facebook

③意外と多い滞在先ホテルでの出会い

「旅先で今の旦那と出会った」という友人の中で多いのが、相手が滞在していたホテルのスタッフだったというケースです。滞在中は、ほとんど毎日顔を合わせるので、仲良くもなりやすいです。

特定のスタッフとの出会いを期待する場合、やはり大量のスタッフが働く大型ホテルより、こぢんまりとしたホテルの方が、スタッフの方も滞在客の顔を覚えているでしょうし、フレンドリーに色々と話をしてくれる期待も高まります。

「これから○○へ行きたいのだけれど、どうやって行けばいい?」とか、「この辺でオススメのレストランを教えて?」などと、気軽に色々質問してみましょう。

nate-3765

④連絡先をいつでもスマートに渡せる準備を

日本では考えられないようなシーンにも出会いが転がっています。たとえば、レストランでたまたま隣になった人と会話がはずむかもしれませんし、飛行機の機内でもあなどれません。

ゆっくりと話をして、連絡先まで交換する余裕があれば良いのですが、そんな時間の余裕がない場合だってあります。そんなときに、「良ければメールください!」とローマ字で表記したニックネームとメールアドレスくらいを書いた名刺を渡せると良いでしょう。

余談ですが、私の友人で、飛行機から降りて歩いていた所をパイロットに声を掛けられ名刺を渡されたという話もあります。海外旅行では、ごく稀にこのようなミラクルも転がっています。

do-you-speak-english

⑤挨拶程度の語学は身につけておく

旅行先を決めたら、その国の言葉をほんの少しでも身につけておくことで相手の反応は結構変わってきます。難しい文法なんて気にせず、挨拶や「ありがとう」の言葉だけでも十分です。相手に親しみを持ってもらうためにも、ガイドブックに載っている例文などを参考に、できるだけ勉強しておくと良いでしょう。後ほど簡単な英会話を紹介します。目を通していくと会話の幅がかなり広がるでしょう。

opt-woman-cafe

⑥話しかけてもらいやすい雰囲気を醸し出す

語学が苦手な人が外国人を見ると、話かけられないよう顔を伏せていたりしますが、これはもちろん逆効果です。いつも顔を上げて、是非話しかけてくださいオーラをだしましょう。

少しでも素敵だなと思う人を見かけたら、さりげなく視界に入るようにし、目があったら笑顔で返す。相手も悪い気はしないはずです。

受身でアピールしたい場合は、外国語の新聞や雑誌などを持ち、外国語が話せることをアピールしましょう。特に本は話題になり易いので、コーヒーショップのテーブルにさりげなく置くと、「この本僕も読んだよ」「この本面白い?」と会話のキッカケ作りが出来ます。

注意点として、軽薄な人間だと思われない事です。ナンパ待ちの時点で軽薄だと思う方には合わない方法ですが、例えナンパでもキッカケはキッカケです。しかし、相手に軽薄な人間だと思われ余計なトラブルに巻き込まれない様に注意が必要です。危ないと思ったら嫌な事は嫌とハッキリ伝える勇気を持ち合わせましょう。

english

【簡単なフレーズで出会いを発展させる】

外国の街にいると、意外に気軽に話しかけてくる人がいます。公園ですれ違った人、レストランで席が隣合わせになった人などから、「It’s a good day, isn’t it?(今日はいい天気だね)」「Your hat is nice!(すてきな帽子だね!)」なんて声をかけられた経験はありませんか?

そんなとき、「Yes, it is.(ええ、そうですね)」「Thank you!(ありがとう!)」などと、無意識に返事ができるようになるといいでしょう。観光地であれば、同じツーリスト同士一緒にお茶を飲んだり、メールアドレスを交換したりということもあるかもしれません。

海外旅行に出ると、同じように観光している人たちを見て、「地元の人かな、外国からの旅行者かな?」「あの人、さっきの博物館にもいた!」なんていうことがあるのではないでしょうか。それは相手にとっても同じこと。気になってこんなふうに話しかけてくるかもしれません。

It’s a great church!(すばらしい教会だね!)
Oh, you were at the museum!(ああ、君たちあの博物館にいたね!)

たいていは、こういった何気ないひとことから始まります。急に相手のことをあれこれ尋ねたりすることはありません。フレンドリーにやりとりできそうだということがわかると、初めてこんなふうに聞いてきます。

Where are you from?(どこから来たの?)
Is this your first time here?(ここは初めて?)

答えは、「I’m from Japan.(日本から来ました)」「Yes, the first time.(ええ、初めてです)/No, the second time.(いいえ、2回目です)」のようになりますが、相手に聞かれる前に、自分からこう言ってもいいかもしれません。「あなたはどこから?」と聞き返すとさらに会話が発展します。

例えば地元の人であればI live in this city.(私はこの町に住んでるんです)のように答えてくるし、同じように海外からの旅行者であれば、I’m from UK.(イギリスから来てるんです)のように答えてくれるでしょう。

そして会話が盛り上がった後、旅行中は自由な時間が豊富にありますから、一緒に観光する約束をしたり、夜飲みに行ったりということもあるかもしれません。誘うときの言い方には、このようなものがあります。

Do you have a plan tonight? (今晩何か予定ある?)
We’ll go for a drink. Why don’t you join us?(飲みに行くんだ。一緒に来ない?)

もちろん、どんな相手も安全というわけではないので、あくまでもほかに大勢の人がいるところ、ホテルへの帰り方がすぐにわかるようなところで会うのが前提です。相手に言われるまま黙ってついていくというのも避けるべき。一方で、上手にコミュニケーションを取ることができれば、旅先で思いがけず友達ができたり恋愛に発展したりということがあるかもしれません。

romantic-cute-couple-holding-hands-wallpapers

まとめ

いかがでしたか?いろいろ説明してきましたが、やはり一番大切なのは「いかにオープンマインドでいられるか」ということです。

いくら英語ができて容姿端麗でも、愛想がなかったり雰囲気が暗いと出会いは逃げていく一方です。

ぜひ次の海外旅行ではこれらのことを意識してみてはいかがでしょうか?もしかしたら素敵な出会いが転がり込んでくるかもしれません。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  2. 一人でふらっとビーチを散歩してみたくなり、外に出てみた。波がとっても高くて、水しぶき…
  3. ※写真:yuuma familyスタートから14日目から15日目青森県つがる市周…

新着記事

  1. 最近、時間があれば「旅行とは何か」を考えることが多いです。そのため、普段から旅行記やエッセイ…
  2. 前回は、ケニアとは、どのような国なのか、ケニアの治安、飛行機やアクセスについて紹介してきまし…
  3. みなさん、ケニアと言われて何を思い浮かべますか?サバンナの動物たち、民族、大自然などですか?…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人 なっちゃんの旅
PAGE TOP