海外起業のヒント!成功させるにはその国をしっかり調べるべし

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

海外起業するなら抑えておくべきポイントがある

sb1

海外にはたくさんのビジネスチャンスが眠っています。特に今、アジアの国々が熱いと言われており、次々と起業家や大手企業の参入が行われています。

そして、このビジネスチャンスをしっかり自分のモノにして成功する人たちがたくさんいる一方で、失敗に終わり大きな負債を出してしまう人もたくさんいます。

残念ですが、成功者がいるということは失敗する人もいるということなのです。

では、海外で起業する際に、成功するためのヒントとして、抑えておくべきポイントをご紹介します。もちろん、ヒントでるため、必ずしも成功するということではありません。あくまでも参考程度でお願い致します。

まずはその国をしっかり調べて理解するべき

いきなり現地へ行って「はい、成功しました~。」なんて人は、おめでたいことに居ることは事実です。しかし、そんなのは運が良いからだったり、最初からその方法がその国では合っていたからなんです。

大抵の場合は、しっかりリサーチしておかないと失敗します。現に、日本の大手企業でも海外進出に失敗しているケースだってたくさんあります。表に出さないだけで、調べても出てこないような失敗例はたくさんあると思いますよ。

やっぱり、海外で起業をするなら、その国にピッタリのやり方があります。日本流のやり方をそのまま海外に持っていくのは危険です。

日本と同じように経営戦略をする、日本と同じように自社の商品や技術を売り出す、そんなことが通じるのはごく一部の国だけでしょう。

特に、日本よりも物価が安い国などでは、通用しないことが多々あるのではないでしょうか。発展途上国なんて特に通用しないのではないでしょうか?

海外で起業して成功させたいのならば、しっかりとその国の文化などを調べておくべきなのです。

インターネットでもたくさんの情報を調べることが可能ですが、一番はその国に実際に訪れてみることです。そうすることで、文化の違いがより一層理解できるようになりますし、新たなビジネスチャンスの発見もあるかもしれません。

行ってみなければわからないことだってたくさんあるのです。海外で起業を考えている人は、まずはターゲットにする予定の国に訪れてみることから始めてみてください。

その国にはその国に合ったやり方がある

sb2

前述したとおり、その国をしっかりリサーチしなくてはならいのは、その国にはその国に合ったビジネスのやり方があるからなのです。

商品の売り出し方、先方との契約の結び方など、言語が違うなら文化も違い、文化が違うのならば商売や経営のやり方だって違うのです。そのような違いをしっかりと調べて、その国に合ったやり方をすると成功しやすいのではないでしょうか。

しかし、必ずしも成功するわけではありません。その国のやり方に合わせても必ずしも成功するわけではないので、日本流のやり方をそのまま持って行ったら成功するわけありません。

必ず、多少なりともやり方を変えなければならないのです。しっかりリサーチしてやり方を変えるという柔軟な対応ができるということも、海外起業で成功しやすくなる方法かもしれません。

旅をする事が収入に直結(おすすめ!)

おすすめ

その国のニーズや人の趣味を理解すること

bs3

日本では当たり前のこと、日本では普通に需要があり普通にみんな使っている・やっていることでも、海外では受け入れがたかったりニーズがないことがあります。

例えば、洗濯機、日本では音が小さかったり、ドラム式で出し入れがしやすかったり、菌や汚れが付着しにくい効果があったり、本来洗濯機とは衣類を洗うものですが、衣類を洗うという点以外にも着目されて改善され、進化しています。

しかし、日本ほど豊かではない国ではどうでしょうか?

別に音がうるさくても構いません、ドラム式で取り出しやすくなくても構いません、むしろ二槽式でも構いません、服さえ洗えればいいのです。必要最低限の機能さえあれば十分なのです。むしろ、色々な機能が付いて改善された洗濯機は高いので、その国の人が買えるかと言ったら難しいところです。

このように日本と同じ製品を売りだしても、確かに便利なのは理解してくれると思いますが、ニーズがあるかどうかって言ったら難しいと思います。

その国のニーズに合わせてモノや技術を売り出すことが、ビジネスチャンスをものにする上では大切なことなのかもしれません。

sb4

また、最近は製品や技術を売るだけでなく、世界中でスマートフォンが普及しているので、アプリケーションを売り出すということもビジネスのひとつになっていますよね。

このアプリケーション、その国の人にニーズがぴったり合っていれば、大きなビジネスチャンスへ転がっていくこともあるのです。

全世界で使われているアプリケーションもありますが、そのアプリケーション、全世界で内容が共通しているわけではないそうです。例えば、世界中で使われているアプリケーションの代表としてLINEがあります。

普段お世話になっている人も多いのではないでしょうか。LINEのスタンプってとても便利ですよね。感情が伝えやすいですし、楽しく会話するには必須のツールです。

でもLINEのスタンプは国によって異なります。日本では日本で人気のあるキャラクターなどを採用しているように、その国の人によってニーズを合わせてスタンプが展開されています。

また、メッセージも一定時間が経過したら自動で消える設定ができる国もあるそうです。

このように、全世界で使われているアプリケーションでも、ニーズに合わせて内容を変えていくことで、シェアを拡大することが可能なのです。

アプリケーションにしろ、製品や技術にしろ、その国の人のニーズや趣味に合わせるということが、成功のための大きなポイントかもしれません。

国に合わせるだけでなく日本らしさも織り込んでいくこと

その国に合わせたやり方をする、ニーズに合ったモノを提供するなど、国に合わせることは確かにとても大切なことです。しかし、なんでもかんでもその国に合わせてしまったら、その国の企業と変わりありません。

その国にもたくさんのライバルがいるのです。差別化を図ることは、企業を経営する上では基本中の基本です。なんの特色もなく、周りと同じことばかりしている企業はなかなか業績も上がりません。

その企業にしかないブランド力や、その企業でしかできないことがあるから、周りと差が出るのです。業績がアップするのです。

差別化を図ることは日本国内だけでなく、海外に進出しても有効です。海外企業と差を付けたいのならば、日本らしさも織り込んでいくことが大切です。

日本人には、震災時でもきっちり列を作るという礼儀正しさがあります。震災なんて起きたらお店も配給も列を作らず奪い合いをする国が多いのではないでしょうか。むしろきちんと列を作るのは日本人くらいです。海外でも震災時にきちんと列を作って並んでいる部分が話題になっていました。

また、日本人には繊細さ、几帳面さ、協調性など、日本人ならではの素晴らしい部分がたくさんあります。

海外の人は日本人のそう言った日本人らしいところに高い評価を出しており、日本人として海外進出するのならば、絶対に日本らしさは取り入れるべきだと思います。

その国のニーズ、その国のやり方に合わせながら日本らしさを混ぜていくのは少し難しいかもしれません。しかし、それができれば、一気に成功への道は開けるのではないでしょうか。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. 旅に出る前の僕らは、溢れかえった『物』の中で身動きできずに完全に溺れていた。人生とい…
  2. ※写真:World Travelスタートから14日目から15日目青森県つがる市周…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家

求人

PAGE TOP