Airplaneticket

片道航空券、片道チケットでの入国審査、購入方法まとめ

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

Airplaneticket

海外旅行へ出かけるには、まず日本を脱出する必要があります。

島国である日本、徒歩や自転車や車という陸路での出国は不可能ですし、さすがに泳いで渡る距離でもありません。そこで、海を渡ることのできる船か飛行機を使用するのが一般的です。

ここでは、海外を旅する時にもっとも使われる航空券、それも片道航空券の買い方や長所短所、片道航空券を買い足しながらの旅スタイルをご紹介したいと思います。

片道航空券をどうやって手に入れるか?

旅行代理店でも、航空会社でも販売しています。

旅行代理店はあくまで、旅行の手配を代わってしてくれるだけなので、旅行内容やビザの有無などの詳細を確認することなく、片道航空券を販売してくれる可能性もあります。

しかし航空会社の場合は少し違っています。それというのも、乗客を目的地まで運んだ航空会社は、万一その乗客が入国を拒否された場合に出発国へと連れて帰る義務があるのだそうです。

そのため、片道航空券の購入の際には、一定の条件を満たしているかどうかの確認を求められる可能性が高くなります。

ただし、近年はネット販売が増え、そういったやりとりをすることが減ってきています。

LCCは片道航空券販売がおすすめ?

ぞくぞくと運航路線を増やしているLCC各社。彼らが販売している航空券のほとんどは、片道航空券です。

ローコストを売りにするだけあり、LCC航空会社が販売する正規割引航空券の価格は、旅行代理店が販売する格安航空券に引けを取りません。

片道航空券の購入を考えるなら、LCCは最優先で使用したい航空会社となりそうです。

ただし、LCCは長距離をほとんど扱っていません。そのため、旅のスタイルが限られてしまうという難点もあります。

しかし、バックパッカーであれば、たくさんの地域を渡り歩きたいという願望を持っているはず。遠くの目的地へとひとっ飛びするよりも、寄り道しながらの旅のほうがずっと楽しめる可能性もありますね。

片道航空券は得なのか?

ネットや雑誌などで見かける航空券の大半が「往復」です。これは、旅人からの需要も航空会社からの供給も「往復」が多いためです。需要と供給のバランスが取れているため、出回っている航空券の数も多い「往復航空券」は値段も安くなります。

では、需要も供給も少ない「片道航空券」はというとやはり、「往復航空券」に比べて割高である場合が多いようです。

同じ条件で比べれば、距離では往復航空券が倍であるにもかかわらず、料金は往復航空券のほうが安いという現象が起きているのです。

しかし例外はあります。それがLCCです。片道での販売を基本としているLCCなら、往復はあくまで片道の組み合わせ。片道チケットが必要な人にとっては、お得で便利な存在です。

片道航空券を買う場合の注意

航空券を購入する場合、考えられるのは、旅行代理店か航空会社です。店舗や支店でもサイト上でも購入は可能でしょう。

それぞれが扱うのは「格安航空券」と「正規割引航空券」となります。従来は、この2つの間には価格と条件の上で大きな差があり、「格安航空券」は安いが制限が多く、「正規割引航空券」は高いがさまざまなサービスを受けられるというそれぞれの利点がありました。

現在、両者の価格差は縮まってきています。さらに、「正規割引航空券」がサービス内容ごとに細かく分類されるようになり、サービス面の差も縮まりつつあります。

しかし、代理店を通すか直接購入するかで、万一の際の対応には多少の違いが出るようです。

複数の航空券やホテルやツアーなどを申し込む場合に、1つの旅行代理店を通していれば、申し込みも変更もキャンセルも1か所で対応してくれるため大変便利です。ただし、あくまで代理店なので、時間がかかったり、手数料がかかったり、融通が利かない部分もあります。

これが航空券だけの場合には、航空会社から直接購入することで、ダブルブッキングにあたった場合や便がキャンセルされた場合なの対応には期待ができます。

片道航空券ではないが、片道使用できる可能性のある航空券

「片道航空券」として販売されてはいなくても、「片道」として使用できてしまう航空券も存在しています。

たとえば、往復航空券を購入していても、さまざまな理由から乗り遅れてしまうことはありますね。安い航空券であれば、便の変更はまず難しいでしょう。これは、結果として片道航空券になってしまう例です。また、ツアーでも同じことが起こりえます。

ただし、本来「往復航空券」は往復で乗ることを条件に発券されています。そのため、作為的に搭乗しない場合には、正規の片道航空券との差額分を請求されることもあるので、注意が必要です。

差額請求を避けるためには、万一乗れなかった場合にキャンセル料が発生するかどうかを確認しておいたほうがいいかもしれません。

購入する側としては、お金は払ってあるから「乗る・乗らない」は自由だろうと考えがちですが、ルールとして定められていることもあるので、気を付けましょう。

大まかな分け方ですが、航空会社で販売する「正規割引航空券」の復路破棄は比較的問題なくできるようです。しかし、旅行代理店が販売する「格安航空券」は「ダメ」とされている場合が多いようです。

片道航空券とビザの関係

片道航空券はあります。購入もできます。ただし、購入または出入国・搭乗の際に、トラブルに巻き込まれないためにしておくべき準備があります。

まずはビザの確認。日本人は多くの友好国との間でビザ免除協定を結んでいます。そのため、普通の観光旅行であれば、多くの国でビザなし入国が可能です。

ただし、このビザなし滞在も日数には制限があり、入国の際に許可される滞在日数以内に出国するチケットを持っているかどうかが問題となる場合もあります。そのため、片道航空券の購入段階で、航空会社側が難色を示す可能性、出入国で難癖をつけられる可能性などがあることを承知しておく必要があります。

特にアメリカやタイでは、入国の際にビザ期限内に他国へ出国することを証明できる航空券や電車・バスなどのチケット提示を求められる可能性が高くなっています。

ただし、その国のパスポートか正規の長期滞在ビザがあれば、片道であっても問題なく入国できるでしょう。

海外で購入する片道航空券

日本を出国する時以上に、海外を移動する場合の片道航空券は非常に便利な存在です。

たとえば、パリからスペインとイタリアへ行こうとしている場合、スペインからイタリアへ移動するのにパリへ一度戻る人はまずいないでしょう。

そのため、パリースペインーイタリアーパリという3枚の片道航空券を使用することになります。

ヨーロッパやアメリカでは、地続きとはいえ国や州をまたいだ移動では飛行機がよく使われています。そして、どの場合にも片道航空券は購入可能です。ただし、日本国内を旅する場合と同様、往復のほうが割引率がよく、片道航空券は割高なのが一般的です。

これも今後LCCが航路を広げることによって変わっていくことが期待されています。

まとめとして

「世界一周航空券」は、バウチャータイプの航空券で、その一枚一枚は「片道航空券」として使用できますが、必ず出発地点に戻ってくる往復航空券としての形式を保っています。

一方で、片道航空券をバラで購入して旅をする人も徐々に増えてきています。これには、LCCの参入によって、「片道航空券」が多く出回るようになったこと、値段が手ごろであることが大きく関係していそうです。

日本を出国する段階である程度の旅程を決めて航空券を確保しておく従来の旅行スタイルに加えて、現地で片道航空券を手配しながら進んでいくスタイルも選択しやすくなってきたことは、旅人にとって嬉しい変化ですね。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  2. img_2385
    2025km、61日間の思い出写真…
  3. 音楽が地球を救う日が来るかもしれないニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエ…

新着記事

  1. bodemuseum_und_museumsinsel
    たくさんの博物館・美術館があるベルリンドイツの首都、ベルリン。東西冷戦時には西ベルリン東…
  2. d0140806_1222327
    安価で手軽に行ける国タイタイというとどんなイメージをもっていますか?たくさんのバイクが並…
  3. 201701115
    「クルクプナル」(KIRKPINAR)/トルコ・エディルネ鍛え上げられた屈強・精悍な男たち、皮の…
旅人の隠れ家 なっちゃんの旅
PAGE TOP