理想と現実は違う!?ノマドワーカーの収入の現実とは?

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

ノマドワーカーの理想・・・

rg2

ノマドという働き方が日本で一般的に知られるようになったのはつい数年前からで、今もまださほどノマドという言葉自体知られていないことには変わりないようです。

それでも、特定のオフィスを持たずに自由な働き方をする人は増えてきているようで、日本国内でもコワーキングスペースは増えてきており、Wi-Fiが飛んでいるカフェでは毎回のように訪れる度に、ノートパソコンを開いて仕事をしている人を見かけます。カフェやコワーキングスペースで仕事している人が全員ノマドワーカーというわけではありませんが、フリーランスとして働く人が増えてきている分、ノマドワーカーもフリーランスの数に比例して増えてきているのです。

そんなノマドワーカーの理想としては、好きなときに好きな場所で働き好きな時に休みを作れて、さらに収入もアップして時間だけでなく生活にも余裕が持てるというところでしょうか。

しかし、理想と現実には少ながらず必ずギャップが生じるものです。もちろん、ノマドワーカーとして描いていた理想そのものを現実にしている人もいることは確かですが、そうはいかない人が多いのも確かです。

では、実際のところノマドワーカーになったことで、収入や生活にはどのような変化があったのか、あらゆる実例をまとめてみました。

理想を現実にしたノマドワーカー

rg3

ノマドワーカーとしてどのような働き方をしたいのか?どのくらいの収入が欲しいのか?そのような理想を現実にした人の実例をいくつかご紹介します。

【実例その1】

フリーライターとして仕事を探してみたら、興味深い案件がいくつかあったので応募してみたところ、どれも他案件よりも単価が高く、仕事が少ない時でも十分暮らしていけるくらいの収入に繋がりました。お仕事を頂いているクライアントは全部で3つで、そのうちひとつのクライアントは誰もが知る有名な出版社でした。

出版社って意外とフリーライターやフリーイラストレーターに業務を委託することが多いそうです。フリーライターの場合、報酬は文字数に応じて変動決められているのが一般的ですが、その出版社は仕事の貢献度に応じて変動するような感じでした。少し変わっていますし、報酬をいただける時までどのくらいもらえるかわからないので不安なところはありますが、きちんと頑張りは認めてもらえますし、実働時間と報酬を照らし合わせ、時給換算すると普通に働くより遥かに高かったです。

因みに、3つのクライアントを掛け持ちしていますが、そのうちひとつは1日1時間半から2時間くらい、2つ目も同じくらい、3つ目も3~4時間くらい割けられれば大丈夫です。むしろこれでも配分が多いくらいです。1日の平均稼働時間はだいたい全部で5~6時間くらいです。オフィスに通う場合実働7~8時間くらいが平均ですし、プラスして移動時間もありますので、仕事のために割ける時間は格段に減りました。

1日に2日分くらい仕事を詰め込めば、休みも増やせます。時給換算すると最低1800円、最高で3500円くらいで働いています。時間にもお金にも余裕ができて、理想的なライフスタイルを手に入れました。

【実例その2】

ノマドワークという働き方は、基本的に安定しません。しかし、安定しないからこそ、いくらでも稼げてしまうというメリットもあります。自分のやりたい仕事を選んで、好きなときに好きな場所で仕事ができるというノマドワーカー最大のメリットである「自由」を生かすために、海外で仕事をすることにしました。

海外に出るってお金がかかりそうな気もしますけど、確かに物価の高い国ではそれなりに仕事を増やさないといけませんが、物価の低い国にステイするときは1日2~3時間の業務で余裕ができるくらい稼げます。

もちろん、クライアントは日本なので報酬も日本円です。1日2~3時間仕事をして、月に12万円程度入ります(これでもそこまで高くない方のようです)が、1日1000~2000円あれば暮らしていける国も多いので、生活には一切困りません。

世界中の色んな景色を見たり、色んな人と交流しながら旅ができるのもノマドワーカー特権ですね!収入は以前より減りましたが、時給換算すればアップしていますし、旅をすることが夢だったので、理想を手に入れた、夢を叶えたと言っても過言ではありません。

現実はなかなかうまく行かなったノマドワーカー

rg4

理想的な働き方ができるとノマドワークに挑戦してみたものの、厳しい現実に直面し、なかなか理想的なライフスタイルを手に入れることができていない人の実例をご紹介します。

【実例その1】

務めていた会社がいわゆるブラック企業と呼ばれるところであり、過労により体調を崩してしまったので退職し、転職活動をしていたが、前の会社がブラックな部分が多かった分、「次は絶対にこの条件じゃないと嫌!」と理想が高くなってしまい、転職活動が思うように進みませんでした。

そんな時、自由な働き方ができるノマドワーカーという働き方があることを知って、さっそく調べてみたところ、多くの人はフリーランスに携わる業務をしているとのことで、早速フリーランス専用の仕事募集サイトやクラウドソーシングなどに登録しました。

フリーランスなら収入もアップすると、広告にも色んなフリーランサーのブログにも書いてあったのですが、大卒ではないし、資格も特に何も持っていないし、技術も何もないので、ライターくらいしか仕事がなく、どの案件もびっくりするくらい低くて、慣れないうちは仕事量もこなせないし時給換算しても500円くらいにしかなりませんでした。

お陰で、以前の収入よりも格段に減りました。理想的な働き方をしているノマドワーカーはたくさんいるようですが、自分には向いていないと思い、意を決してパートを探し、今では以前と同じようにオフィスで勤務しています。ノマドワーカーの現実は自分には厳しかったです。

余談ですが、集団面接で前職をひとりひとり聞かれましたが「フリーランスです」と答える人が多く、自分と同じく生活が厳しくなってしまったフリーランスはたくさんいるんだなと思いました。

【実例その2】

最初はきちんと働き、それなりに収入のあるノマドワーカーでした。以前は会社員でしたが、ノマドワーカーになっても以前と変わらないくらい収入がありました。

しかし、お世話になっていたクライアントがある日突然報酬を支払わなくなり音信不通に・・・仕事はいくつか掛け持ちしていましたが、1つのクライアントでも支払ってもらえないと、かなり厳しくなる状況でした。

調べてみたところ、報酬を支払わないクライアントって意外と多いみたいで、募集サイトにも事前にきちんとクライアントついて調べるようにと注意書きがありましたが、なかなかクライアントの口コミってヒットしませんので、そういうのを見分けるのは難しいのが現実です。

どのクライアントも信じることができなくなり、お世話になっていた他のクライアントに仕事を増やしてもらいましたが、生活が厳しいのが現実です。特殊な技術や資格を持っているならともかく、何も持っていないのにノマドワーカーになって収入がアップして理想的な生活を送っている人がいるというのが不思議で仕方ありません。

収入がアップした人、減った人は半々くらい

rg4

あくまでも統計データではありますが、ノマドワーカーになってから収入が少しでも増えた、少しでも減ったという人は半々だそうです。

本当にお小遣い程度にしか稼げない人もいますし、会社勤めの時では考えられないほど収入がアップした人もいます。ノマドワーカーの収入はピンからキリまでです。

収入の差は、専門的な技術や資格を必要とするかどうかでも変わってきますし、各クライアントによっても変わってきます。また、自分がフリーランスか、、経営者か、会社員かでも変わってくるので、本当に人それぞれなのです。

絶対に収入がアップして、自由な生活ができると言い切ることはできませんが、誰でも目指すことは可能です。何度も厳しい現実に直面して、やっとの思いで理想的な生活を手に入れた人もいます。

そこで諦めるか諦めないかでも変わってきますし、多少の運も絡んでくるというのも確かです。

全ては自分次第です。自分の力と運次第でどうにでもなってしまうのがノマドワーカーです。デメリットはたくさんありますが、その分魅力的なメリットもたくさんありますので、ノマドワーカーになりたいと思ったら、一度挑戦してみることをおすすめします。もしかすると、あっという間に理想が叶ってしまうかもしまれせん・・・。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  2. ※文・パパyuuenntiniikumade ←動画yuuennti2 ←動画…
  3. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…

新着記事

  1. 世界保健機構(WHO)が「もっともありふれていて、もっとも放置されやすい世界的な健康問題だ」…
  2. あなたは有給休暇をどのように使いますか?日本人は有休があっても、消化できない…。そん…
  3. 日本人女性が海外でモテる。そう信じている人も少なくないでよう。なかには、日本では冴えない人で…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人 なっちゃんの旅
PAGE TOP