留学中のお金管理はこれで決まり!マネパカードを選ぶべき3つの理由

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

東京オリンピックの開催決定を受けて、ますます国際交流への注目が高まる近年。大学生はもちろん、社会人でも留学へ挑戦する人が増えているようです。

しかし留学に不安はつきものです。特に現地での「お金の管理方法」で戸惑う人も少なくありません。そこで今回は、留学する前にぜひ準備しておきたいマネパカードを紹介します。

マネパカードとは海外専用プリペイドカードで、現地のATMで現地通貨を引き出すことができます。それだけではなく、現地のマスターカードのマークのあるお店で、お食事やお買物をすることも可能です。このマネパカードは海外旅行だけではなく、留学時のお金管理にもおすすめなんです。ではさっそくマネパカードのメリットを紹介します。

手続きが簡単で、手数料もおトク

長期留学の場合、現地の銀行に口座を開設する人もいますが、そのためには「最初に預けるお金」「申込書」「パスポートなどの身分の証明ができるもの」「住所を証明できる郵便物」などを用意し、カスタマーサービスの窓口で、口座を開きたい旨を現地の言葉で伝えなくてはなりません。

留学はじめの時期に、このような手続きをするのはかなり勇気がいるものです…。また、現地で何とか口座を開設できたとしても、そこにお金が入っていなければ、当然使うことはできません。ほとんどの場合、日本にいる家族などにお金を振り込んでもらうことになります。その際には、なんと毎回2000円〜5000円前後の手数料が発生します。これはなかなかのコストですよね。

しかしマネパカードがあれば、現地で口座を開設する手間もコストも削減できます。マネパカードは16歳以上の日本在住の方なら誰でも申込みが可能です。さらに入会金、年会費、チャージ手数料、ショッピング決済手数料などは一切かからず、クレジットカードのような入会時の与信審査もないので簡単に作れます。留学前にインターネットで5分ほどの手続きを完了させておきましょう。

お金の管理がスムーズ

せっかく留学に行くのなら、多くのことを学んだり、楽しい思い出を作ったりすることに労力を注ぎたいですよね。慣れない土地だと、なんとなく不安もあるとは思いますが、お金の管理はマネパカードがあれば安心です。あらかじめカード口座に日本円を入金しておけば、いつでも必要なときに両替をして、現地ATMで好きなときに現地通貨を引き出すことができます。

追加の入金はインターネット環境があれば、どこからでもOK。カード口座に円貨が入金されていない場合は、ネットバンキングなどで入金を済ませてから、現地のお金に両替、チャージを行ってください。一般的な国際キャッシュカードでは、現地通貨を引き出す際に1.6~4%程度の手数料を上乗せして両替レートを算出しています。しかしマネパカードは両替コストが一般的な国際キャッシュカードよりも安くなっているのでおトクです。

セキュリティ面も安心

すぐに使えるお金が手元にあれば安心かもしれませんが、多く持っていればいるほど、盗難・紛失の不安が募ります。マネパカードはマスターカードのロゴのあるお店でショッピングやサービスの支払いができるので、現金を持ち歩く必要はありません。使い方はクレジットカードと同じで簡単です。

しかしクレジットカードとの大きな違いは、チャージされている残高や、これまでの利用履歴をPCやスマホからリアルタイムで確認できること。マネパカードのカード会員専用サイトにログインしてからの確認もできますが、カードへのチャージや利用時などの記録を指定アドレスにメールで通知する設定もできるので、さらに安心です。

万が一カードを紛失してしまったときには、24時間365日対応のサポートデスクが対応してくれます。日本語で対応してくれるので、混乱している時でも大丈夫です。さらに連絡時点の残高補償もしてくれます。インターネット環境があれば、カード会員専用サイトからでもカードの利用をすぐに停止することができるので、覚えておきましょう。

《マネパカードの作り方と使い方》

<STEP.1>WEB上で申し込み⇒カード発行

専用のWWBページで必要事項を記入し、送信。すると「口座開設通知書」が到着します。こちらには日本円振込み用の口座番号や、専用ページへのログインID・パスワードの記載があります。

別郵便にてカードも到着。さっそく口座開設通知書に記載のある口座へ日本円を振込みます。ちなみに、マネパカードの使い方ガイドには『お申込み後、約 10 日から 2 週間ほどで「口座開設通知書」と「カード本体」をそれぞれ別便(簡易 書留郵便)でお送りいたします。」とありますが、口座開設通知書は申し込みから5日ほど、カード本体はシルバーウィークを挟みながらも10日ほどで到着したので、記載通り出発2週間前に申し込んでおけばバッチリです。

<STEP.2>指定口座に日本円を振り込み、WEB上でお好きな通貨へ両替⇒チャージ

私の場合、ひとまず様子をみるため、3万円を指定口座へ送金。その後、指定されたID・パスワードで会員専用サイトへログインすると、すでに3万円が「未チャージ残高」として反映されていました。

次にこの3万円を好きな通貨に両替します。今回は「香港ドル」を選択。さらに、未チャージ残高のうち、いくらを両替するか選びます。今回は3万円全て両替を選択し、次へ。すると、現時点での香港ドルとの両替レートが表示されます。1円あたりの指定外貨のレートが表示されるのですが、なんと更新も可能です。お得なタイミングを見計らって両替することもできます。

レートパネルを押すとすぐに両替は完了です。さらに「カードにチャージする」をクリックすると、今両替した「3万円=1,921.59香港ドル」のうち、いくらをカードにチャージするかを選べます。これでチャージは完了です。動作も非常にスムーズで、わずか数分で香港で使えるプリペイドカードを手に入れました。 今回は香港ドルのみで使用しましたが、例えばこんな使い方もできるのです。

⇒「10万円を指定口座に振り込み、そのうち5万円を来週の旅行のために米ドルへ両替⇒チャージ。さらに、ユーロのレートがだいぶ良いので、すぐにユーロ圏に行く予定はないものの、残りのうち3万円をひとまず両替⇒チャージ。残りの2万円はアメリカ旅行で追加で必要になったら、現地で判断してWEB上で両替しよう!」

特に複数国を周遊する旅では大活躍すること間違いなしです。滞在日数や物価に合わせ、日本にいながら必要なお金だけを1枚のカードに集約できるという点が最大の魅力なのではないでしょうか。

今あなたの手元にある日本円を、お好きなタイミングかつWEBでの手続きで主要5通貨に両替できるというのは想像以上に便利なものです。これまで現金派で、レートの良い両替所探しに時間をかけがちだった人は、この手軽さには驚くはずです。

まとめ

いかがでしたか?海外旅行でもぜひ利用したいマネパカードですが、留学でもおトクで便利な要素がたくさんあります。きっとあなたの充実した留学生活もサポートしてくれるはずです。ぜひチェックしてみてください。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 日本に一時帰国。次の旅に出るまでの間どこに住もうか?家ないし、仮住まいが見つかるまででも学校に行かせ…
  2. ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…

新着記事

  1. 石垣島で何を満喫するか?ここに住んでいる私が正直に書きます。石垣島はリゾートで来る場所ではあ…
  2. グローバルでかっこいいイメージのあるのが海外就職ですよね。実際にどこで働いているの?と聞かれ…
  3. カナダの人気の都市、トロント。けれど、トロントにどんな観光スポットがあるのかは意外と知られて…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP