矛盾や不条理がまかり通っているウクライナの無視できない現状

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

みなさん、ウクライナのことについてどれだけ知識がありますか?「ウクライナ」と聞くと、2013年11月末に起きたデモを思い出す方も多いでしょう。なぜ、あのようなことが起きたのか。今のウクライナに住んでいる人々の暮らしはどうなのか。案外知られていないと思います。

そこで今回は、ウクライナの「今」を紹介したいと思います。(私がウクライナを訪れたのは、2015年12月のことです)

そもそもウクライナで何が起きたの?

そもそもウクライナで何が起きたのか、イマイチ分かっていない方も多いのではないでしょうか。全てを解説すると一冊の本になるほどの内容なので、ここではなるべく簡単に解説したいと思います。

発端は2013年11月29日、ウクライナのヤヌコーヴィチ大統領がEUとの連合協定の調印を見送ったところからスタートしました。ウクライナはEUには加盟しておらず、現在の状況ではEUに加盟申請することもできません。それでもEU側はウクライナとの協力関係を強化しようと考えましたが、様々な理由からヤヌコーヴィチ大統領は調印を見送ったのです。

「ヨーロッパへの扉が閉ざされた」

そう感じたウクライナの人々は大統領の退陣を求めてマイダーンでデモを開始。この頃から、マスコミがウクライナに注目し始めたのです。2014年の2月頃からデモ隊と警察側で激しい衝突に発展。このあたりからデモ隊には過激な右派活動家が目立つようになりました。

2014年2月22日、ヤヌコーヴィチ大統領が退陣し暫定政権が樹立。これで状況が落ち着くかと思われました。

しかし、東部に住んでいるロシア系住民が暫定政権を危険視したのです。事実、暫定政権はロシア語を公用語から外すことを決定。ロシア系住民が不安を募らせたのも無理はありません。同じくロシア系住民が多く住むクリミア半島では、あれよあれよという間にロシアが「占領」。2014年3月16日、クリミア半島はロシア連邦への「編入」が決まりました。

ウクライナ東部の一部ではロシア系住民により「独立」が宣言され、このあたりから東部にてウクライナ政府と東部の「共和国」との泥沼の紛争に発展したのです。 現在、東部では「停戦」が実現し、極右も大きく議席を減らしたので落ち着きを取り戻しつつあります。しかし問題は山積み。予断は許されない状況です。

地下鉄で見たウクライナ社会の変化とは?

私がキエフの地下鉄に乗ったとき、不思議なことが一つだけありました。昼間でも朝の通勤ラッシュ時のように大混雑なのです。私はロシアのモスクワやサンクトペテルブルクでも地下鉄に乗りましたが、それ以上の混雑具合でした。

これには本当に驚きました。同行しているウクライナ人の友人に聞いてみると、友人は首を傾げながらこう答えました。

「以前、昼間の地下鉄はこんなに混雑していなかった。おそらく正社員の職が激減し、パートタイムの職が増えたからよ。昼間混雑するのはちょうど午前と午後の交代の時間だから」。

現在、ウクライナの経済はどん底状態。紛争、ロシアによる制裁、汚職でまみれた社会構造によってウクライナ経済は低迷を続けています。地下鉄の様子からも人々の苦悩が垣間見られました。一方で、それでも頑張るウクライナの人々のひたむきさも感じたのです。

安く旅行ができて本当にいいのか?

私は友人とともにレストランに入り、ウクライナ通貨「グリブナ」について話しました。すると友人はグリブナを見ながら「グリブナの価値がどんどん下がっている。もう数回も切り下げがあったから」と言ったのです。

確かに、2008年時点では1円=20グリブナあったのが、私が訪れた2015年12月では1円=4~5グリブナまで急落していたのです。もちろん、お金の価値が下がっているので人々の生活が苦しくなるのは当たり前。そして食費やガソリン代はどんどん上がっているのです。ウクライナに入り「安く旅行ができる」と喜んだ自分に対して腹がたってきました。

至るところにあるチョコレート屋「ロシェン」の謎とは?

「ロシア革命前にはキエフには至るところに教会があった。今はチョコレート屋ロシェンが多いけどね」友人は歩きながらそう教えてくれました。ウクライナのチョコレート企業「ロシェン」。実は現在のウクライナ大統領、ポロシェンコ大統領が経営している店なのです。

ポロシェンコ大統領が大統領に就任してから、キエフには次々と「ロシェン」がオープン。人々は複雑な気持ちで「ロシェン」を見つめていました。

《番外編:ウクライナといえばコレ!》

【美人が非常に多い】

シビアな話題ばかりのウクライナでは、意外に思われるかも知れませんが、ウクライナというのは美人が非常に多い事で、世界的に知られている国であります。

これは何故かと言えば、中央アジアというのは古来より取った取られたという戦いの中で様々な民族同士が交じり合い、様々な遺伝子を持った人々が住み着く様になった事で、外見上も彫りが深く、背が高く、スラリとした美人が多く成ったそうです。

【ボルシチ料理の本場】

ボルシチはテーブルビート(赤かぶ)とタマネギ、ニンジン、キャベツ、牛肉などを炒め、スープでじっくり煮込んで作るウクライナ伝統料理で、日本のロシア料理店でも、真っ赤なスープが定番のメニューですね。

ですがウクライナが本場だとは意外に感じる方も少なくないでしょう。

【恋のトンネルという素晴らしい場所が有る】

まるでとなりのトトロに出て来る「あのトンネル」の様な美しい場所がウクライナににはあり、その美しさから「恋のトンネル」と呼ばれているそうです。

現在でも資材運搬用の路線として使われている線路だそうで、筆者などはコレ、観光列車を走らせれば超人気に成ると思うのですが、如何でしょうか?

【ミラ・ジョヴォヴィッチの母国はウクライナ】

映画バイオハザードシリーズに主演して有名な女優である、ミラ・ジョヴォヴィッチさんは、ウクライナのキエフがご出身だそうです。

なるほど、彫りが深くてスラリと背が高い所などは、ウクライナ美人の典型という感じですから、これは納得です。

【チェルノブイリ事故があった】

コチラも忘れては成らない事でありまして、現在でもウクライナの全国家予算の1割を使って、チェルノブイリの放射能を封じ込めているそうで、事故から何十年経った今でも、決して楽観視出来ない状況が続いています。

【欧米諸国とロシアが事実上内政干渉している】

ウクライナの政治状況は現在、欧米諸国が後押しする親欧米派とロシアが後押しする新ロシア派に分かれて真っ二つの状況です。ですが、言うなれば、冷戦の時に散々やって来た事を、性懲りも無く現在でも繰り返しているという証拠でも有ります。これが徐々に武力紛争化し、最後は大規模な内戦に陥っているのが今のシリアです。

つまり、ロシアが一方的に悪い訳ではなく、内政干渉を続けている欧米とロシア、このどちらもが正しくないのです。無論、日本も埒外に居るわけでは有りません。

まとめ

いかがでしたか?日本以上にあらゆる矛盾や不条理がまかり通っているウクライナ。残念ながらウクライナに明るい兆しは全く見えていません。それでも、私はウクライナの人々を思い、注視していきたいと思います。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:飴をあげているのがユイとアキ。カンボジアに到着して二日目、シェムリアップから…
  2. 旅に出る前の僕らは、溢れかえった『物』の中で身動きできずに完全に溺れていた。人生とい…

新着記事

  1. 石垣島で何を満喫するか?ここに住んでいる私が正直に書きます。石垣島はリゾートで来る場所ではあ…
  2. グローバルでかっこいいイメージのあるのが海外就職ですよね。実際にどこで働いているの?と聞かれ…
  3. カナダの人気の都市、トロント。けれど、トロントにどんな観光スポットがあるのかは意外と知られて…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP