私が実際に滞在して感動した!世界の絶景リゾートホテル3選

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

夏に向けて、リゾートホテルを手配しようと考えている人、そろそろ増え始めているのではないでしょうか?

今回は日本から比較的近く、「空と海が美しい」と人気を集めている世界のビーチリゾートを紹介します。ワイルドなネイチャータイプから、ラグジュアリーまで。休日を満喫できるビーチリゾートに、ぜひ足を運んでみてください。

ワイキキ唯一のリゾート ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート

ワイキキ西に位置し、7つの客室タワーとタイムシェアからなるメガリゾート、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート。ペンギンやフラミンゴが棲むトロピカルガーデンに5つのプール、国際色豊かなレストラン、高級ブランドや人気専門店を集めた90ものショップ。盛りだくさんのアクティビティとビーチ&ラグーン。その名の通り、バカンスのすべてが揃うリゾート村なのです。

【南国ムードに包まれたメインロビー】

ワイキキからアラモアナへのバス通り、カリアロード沿いのリゾート入口を海側へ。ショップが軒を連ねる遊歩道を進むと、見えてくるのがメインロビーです。3000以上のホテル客室を有するヒルトンのロビーは、活気があり華やかで南国ムード満点。正面にはプールと青い海が広がり、一気にバカンス気分を盛り上げてくれます。ロビー周辺のトロピカルガーデンでは、ペンギンとフラミンゴがお出迎え。リゾート内には、白鳥、アヒル、トキ、カメ、錦鯉など60種もの鳥や魚が生息しているのです。

ロビーに居て気付くのは、欧米人ファミリーが多いこと。ワイキキの中心部から離れているためか、日本人宿泊率は3割弱と意外に低め。もちろん、日本語スタッフ常駐のコンシェルジュデスク、日本語が話せるスタッフ(ネームプレートに日の丸マーク)のほか、24時間利用できる電話での通訳、館内の日本語案内など日本人観光客へのサポート体制が整っているので、安心して滞在できます。

【大人もキッズも大喜び! 5つのプールとビーチ&ラグーン】

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジの魅力の1つが、ワイキキ最大規模を誇る5つのプール。ワイキキ最長23メートルのスライダーがついたパラダイスプールにキッズプール併設のスーパープール。タパ・タワー、カリア・タワーにも屋外プールを設置。アリイ・タワーには、アリイ宿泊者専用のプライベートプールがあります。

そして、リゾート前に広がるのは、2013年の「全米トップビーチ」第1位に選ばれたデューク・カハナモク・ビーチ。ビーチのシンボル、デューク・カハナモク・ラグーンは、ヒルトンが最先端の水循環装置で管理する海水ラグーンです。波の立たないラグーンだから、小さなお子さんの日光浴や水遊びに最適です。

空と海の絶景リゾート コンラッド・コ・サムイ(タイ)

サムイ国際空港から車で約40分、サムイ島の西南端に位置するコンラッド・コ・サムイは、傾斜を利用して建てられたプールヴィラが並ぶ、全室オーシャンビューのリゾートホテル。レセプションに着くなり、インパクトのある蒼い景色が目の前に。アイランドリゾートならではの非日常感溢れる絶景に、誰もが感動してしまうラグジュアリーリゾートです。

リゾートからビーチに直接アクセスすることができるので、そこでビーチアクティビティを楽しんだり、無料シャトルボートで近くのマツム島まで行き、スノーケリングやダイビングをしたり、過ごし方は色々選べます。また、ラグジュアリー・スパ・アワードを受賞した実績のあるスパを始め、レストランやキッズクラブなど、ホテルファシリティも充実。カップルにもファミリーにもお勧めのリゾートです。

さらにこちらのリゾートは、島の西側に面しているため、サンセットタイムもドラマティック。カクテルを片手に黄金に煌めく水面を眺める、そんな至福のひとときを過ごすことができます。

【朝から日没まで、ダイナミックな風景が広がるゲストルーム】

コンラッドの部屋には、都会的で洗練されたインテリア、というイメージがありますが、こちらも例にもれず素敵なお部屋。65室の1ベッドルームプールヴィラと14室の2ベッドルームプールヴィラ、2室のスイートルームがあります。いずれもインテリアのコンセプトは同じですが、広さが異なります。

中でも天井から床まで窓ガラスをはめた2ベッドルームのリビングルームは、カーテンを開けるとパノラマビューが広がり開放感があります。ちょっとした中庭が付いていて、リラクゼーション空間を演出しているのも好印象です。

アップルTV、iPodドック、Wi-Fi、iPad(ホテルサービス案内)、BOSEのサウンドシステム、とルームファシリティが充実しており、不便さを感じさせないのはさすが。また、2ベッドルームのバスルームには大きな丸いバスタブが配されており、見た瞬間に気分が上がります。

【トラディショナルからモダンテイストまで楽しめるコンラッド・サムイのタイ料理】

敷地内には5ヶ所の飲食施設があります。メインダイニング「ZEST」では、地元で採れた野菜や果物をふんだんに使った、ヘルシーな朝食ビュッフェを提供。ランチ&ディナータイムには、パスタ、サンドイッチ、タイ料理などカジュアルで手頃なメニューを揃えており、利用しやすいレストランとなっています。季節限定のセットランチなど、プロモーションメニューもお見逃しなく。

また、ディナータイムのみ営業しているコンテンポラリー・タイ料理の「JAHN」は、海を見渡すパノラマビューレストラン。世界的に注目されているコンテンポラリー(モダン)タイ料理ですが、こちらのシェフは特にプレゼンテーションにこだわっており、テーブルで最後の仕上げをサーブするメニューが多いのが特徴。トマトゼリーとチリゼリーをのせた皿に、熱いスープを注いでゼリーを溶かしながらサーブするトムヤムクンや、和牛を使った濃厚なマッサマンカレーなどがシグネチャーメニューとなっています。

この他、食事中にタイダンスやファイヤーダンスなどを披露してくれたり、ゲストを飽きさせない工夫が感じられるコンラッド・コ・サムイ。思い出に残るリゾート滞在ができそうですね。

穴場!首都に一番近いマレーシアの水上リゾート アバニ・セパン・ゴールドコースト・リゾート

目の前に広がるのはマラッカ海峡。すべての部屋が海の上に建つ水上コテージで、海に面して造られています。そして最大の魅力が、クアラルンプール国際空港から車でたったの45分、クアラルンプール市内から1時間半という近さ。この距離なら、出張帰りや短い日数の旅でも気軽に立ち寄ることができます。

【海とつながっているように見えるインフィニティプール】

海は残念ながら泳ぐのに適していませんが、そのかわりに絶景プールが人気です。プール沿いはバーになっていて、毎晩生バンドの演奏会を開催。やわらかな風を感じながら、南国ムードを満喫できます。

【カップルでもファミリーでも楽しめる万能リゾート】

部屋は、ウッド調の落ち着いた雰囲気で、スーペリア、ロイヤルヴィラ、ファミリールームなど多種の部屋タイプがあります。どの部屋も海辺に面していて、窓からはマラッカ海峡が一望。屋外のウッドデッキに置かれたソファにのんびり寝そべれば、溜まった疲れがじんわりと溶けだしていくでしょう。クアラルンプール滞在とセットで、ぜひ立ち寄ってもらいたいリゾートです。

まとめ

いかがでしたか?せっかくのリゾートホテル。施設や食事にもこだわりたいものですね。

一生に一度はぜひ、これらのリゾートホテルに滞在してみることをおすすめします。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:yuuma familyスタートから31日目から34日目新潟県から富山県…
  2. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…
  3. 上の家が下の家になるまでの話 究極のセルフビルド(DIY)的ストーリー水も電…

新着記事

  1. 海外旅行には頭痛の種である円安。円安では基本的に海外旅行費用がかさみますが、それは避けたいと…
  2. ガウディの残した建築物が多く残る街スペイン東部にある街がバルセロナです。バルセロナはスペイン観光…
  3. 夏といえば海とビーチ!今年の夏休みはどうしよう?そう考えている方はいませんか。夏といえば、何を楽…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP