結局、強い国にってどこ?世界で一番強い国トップ10

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

9d2f35d6-a75a-44e7-8259-6ff1abb00ce4

世界最強の国はどこでしょうか?世界のあらゆるトップ10を紹介する米国サイトTop Ten Listでは、世界最強の国として、以下の10ヶ国が紹介されています。世界最強国の基準は曖昧ではありますが、ある程度の国力として比較してみましょう。

636129231573002846-291561714_635920627891520484-247334876_american-flag

アメリカ合衆国

特にサプライズもなく、アメリカが堂々とランクインしました。

大きな経済規模を持ち、その技術開発力と生産力、消費力で世界経済を引っ張る存在であるアメリカ。2010年のアメリカのGDPは14兆6241億ドル(約1200兆円)であり、世界第1位でした。世界最大の軍事力大国でもあるアメリカが世界にもたらす影響力は計り知れません。

1776年の独立宣言以降、日に日にパワーをつけてきた国アメリカ。日本との関係は世界的に見ても緊密と言われ、冷戦が終結した現在もなお日米関係は国際政治や経済活動において不動の地位を築きつつあります。

china-flag6

中華人民共和国

2010にGDP成長率が3年ぶりに2桁増の10.3%となり、「世界第2位の経済大国」となった国、中国。製造業が盛んな中国は「世界の工場」とも呼ばれています。貿易においては輸出入ともに貿易額が増大しており、世界経済に影響を与えるようになっています。

2008年度の中華人民共和国の軍事費はアメリカに次ぐ第2位でした。強い軍と世界一の人口を誇る中国は今後も影響力を増すアジアの大国です。

russia-flag-3

ロシア連邦

アジアとヨーロッパの間に位置し、軍事力も強い国、ロシア。ブラジル・中国・インドと共に「BRICs」と呼ばれる新興経済国群の1つに挙げられていますが、BRICsではロシアは最も一人当たりのGDPが先進国に近く、ロシアは超大国の地位を得ようとしています。

そして忘れてはいけないのが、ロシアの面積です。世界最大の面積を持つロシアはサウジアラビアに続く世界第2位の原油国でもあり、この国の経済成長は今後も続くと言われています。

95873

フランス共和国

国連安全保障理事国であるフランスは世界で5番目に強い国だと言われています。国内の全発電量の74%を原発で賄う原発大国でもあるこの国は、アフリカ大陸諸国にも強い影響力を持ちます。

観光客入国数では世界一、農産物輸出額では世界第2位を占めます。世界中からファッション業界、レストラン業界、美術芸術業界の著名人が集まる、EUを引っ張るリーダー的存在の国です。

gv6hqdz

グレートブリテン及び北アイルランド連合王国

大航海時代を経て、世界屈指の海洋国家として成長した国、イギリス。同じく国連安全保障理事国であり、強力な核兵器を保有する国の1つです。

G7先進7か国として、音楽、映画、メディアの面で世界を率いる存在です。外交や政治においても強い影響力を保持し、EU加盟国でもあるヨーロッパ最強国の1つです。

maxresdefault

日本

世界屈指のテクノロジー技術を保持し、国際特許の出願数は、アメリカ合衆国に次ぐ世界第2位、特許収入もアメリカに次ぐ世界第2位の黒字国です。2010年の国内総生産 (GDP) が世界第3位となった経済大国です。

1964年以降経済協力開発機構 (OECD) に加盟し、サミットにも1975年から参加するなど、その動向も世界経済に強く大きな影響を与えました。最近では漫画やゲームなども世界の若者から注目を集めており、今後は新しい分野での経済収入も期待されています。

中国メディアが掲載する記事のなかには、日本経済を非常に高く評価する見方を示すものが少なくないですが、中国メディアの中億財経網がこれまで掲載した記事も、日本はバブル崩壊によって「20年を失った」が、それでも現在の日本経済は依然として世界を驚愕させる強さを持つと論じています。

「今日の日本の物質面での豊かさはすでに信じがたいレベルに達している」と指摘したほか、2015年の日本の対外資産残高は948兆円もあり、これは日本国内のGDPをはるかに上回ると主張し、日本は国外に対して莫大な資産を有していると論じました。

india-flag-hd-wallpapers

インド共和国

南アジア随一の面積と世界第2位の人口を持つ大国、インド。2010年のインドのGDPは1兆4300億ドル(約120兆円)であり、世界第11位である。2007年のゴールドマン・サックスのレポートによると、インド経済は今世紀半ばに米国を追い抜き、中国に次ぐ世界2位の経済大国に成長するとされています。

目まぐるしい経済成長の一方、経済格差が深刻化しており、一説にはホームレスが1億人を超えているという調査もあります。核兵器保有国の1つであり、今後ますます経済規模が大きく成長することが期待されるBRICsの1つです。

germany-flag28

ドイツ連邦共和国

アメリカ合衆国、中華人民共和国、日本に次いで世界第4位のGDPを誇る経済大国であるドイツ。工業製品輸出額、貿易黒字額、海外旅行客数などで世界一を誇っています。

G7先進7ヶ国  の一つであり、フランスと並ぶEUの中核国です。非英語圏では群を抜いて多くのノーベル賞受賞者を輩出しているこの国では、音楽史において独占的ともいえる地位を築き、今日もヨーロッパの歌劇場の過半数、全世界のオーケストラの1/4以上がドイツにあるといわれています。

pakistan-flag-wallpapers-wide

パキスタン・イスラム共和国

インドとの対立関係もあり、伝統的に軍部の力が強いこの国は世界最大数のムスリムが住む核兵器保有国です。政局は常に不安定であるものの、独立以来アメリカ合衆国の軍事支援を受け入れており、クーデターなどで政権交代が起こっても親米路線は堅持されています。

しかしながら親米主義者であったムシャラフの辞任以降、軍事パートナーをアメリカからロシアに切り替えることを志向しており、今後の米パ関係が注目されます。

516124

ブラジル連邦共和国

南アメリカ大陸最大の面積を擁する国家であると同時にラテンアメリカ最大の領土、人口を擁する国家で、面積は世界第5位であるブラジル。世界最大のポルトガル語使用人口を擁する国でもあります。

2010年のブラジルのGDPは2兆235億ドル(約170兆円)であり、世界第8位です。南半球および南アメリカの国家における最大の経済規模を有します。他の国との外交も比較的良好とされるこの国は、BRICsの1つです。なかでも重工業、中でも航空産業が盛んで、欧米諸国や日本などのアジア各国をはじめとする世界各国へ輸出されているなど、その技術力は高い評価を得ています。

1lcgi32fp88wbuueiv9nvog

まとめ

いかがでしたか?今回紹介した「強い国」とは、「経済的に強い」というだけであり、国民の幸福度や治安などは関係していません。

本当の意味で「総合的に強い国」のランキングであれば、北欧諸国や、東南アジアの国々がランクインしていたに違いありません。

私たちが生まれた、もしくは住む日本は、偶然、経済的に発展し、アジアでもリーダー的な存在となっています。しかし、一番大切なのは、思い上がるのではなく、他の様々な国と協調性を保っていくことだと思います。

みなさんは、今回のランキングを見て、何を感じましたか?

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 日本に一時帰国。次の旅に出るまでの間どこに住もうか?家ないし、仮住まいが見つかるまででも学校に行かせ…
  2. ※写真:yuuma familyスタートから39日目~43日目…
  3. ※写真:飴をあげているのがユイとアキ。カンボジアに到着して二日目、シェムリアップから…

新着記事

  1. 最近、時間があれば「旅行とは何か」を考えることが多いです。そのため、普段から旅行記やエッセイ…
  2. 前回は、ケニアとは、どのような国なのか、ケニアの治安、飛行機やアクセスについて紹介してきまし…
  3. みなさん、ケニアと言われて何を思い浮かべますか?サバンナの動物たち、民族、大自然などですか?…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人 なっちゃんの旅
PAGE TOP