絶対外せない!ドイツのおすすめグルメ5選

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

ドイツといえば?

ヨーロッパの大国、ドイツですが、ドイツと言えば何をイメージしますか?ベルリンの壁、アウシュビッツ収容所などの歴史遺産、ノイシュバンシュタイン城などの建造物でしょうか。ヨーロッパらしい、レンガ造りの重工な街並みを創造する人も多いでしょう。ただ、誰もが必ずイメージするものはソーセージやビールといったグルメではないでしょうか。

ドイツビールと言えば、安くておいしいと人気ですね。レストランで頼もうと思うと、水よりもビールが安いなんて状況になることもまるのだとか。また、黒ビールを始め、種類が多いのもドイツビールの特徴でしょう。そんなビールに合うような料理として人気なのが、ソーセージを始めとするお肉料理です。がっつりとした料理にビールをごくっと飲むのは想像しただけでもおいしそうですね。

今回はそんな人気のドイツグルメの中からドイツに訪れた際には絶対外せないおすすめグルメを5つご紹介します。ドイツ国中で食べられる国民グルメから地方特有のグルメまでご紹介します。ぜひ、ドイツに訪れる際には、現地に行く前にこの記事を一読して、おいしいグルメを食べ逃さないようにしてくださいね。おいしいグルメで旅の楽しみを何倍にもできるはずです。

1.ニュルンベルクソーセージ

ドイツグルメの定番中の定番といえば、ソーセージですよね。ドイツに行ったけど、ソーセージは食べなかったな、なんてなんだかもったいないですよね。ドイツにあるたくさんの種類のソーセージのうち、最もドイツで定番のソーセージとして国民に愛されていると言われているのがこのニュルンベルクソーセージです。ハーブの香りがなんとも食欲がそそるソーセージで、パリッとした皮の中身のお肉には肉汁がたっぷり凝縮されています。写真を見ているだけでも、良い匂いがしてきそうですね。

もちろん、ソーセージには、付け合わせも一緒のプレートで出されることが多いです。多い付け合わせはパンやザワークラフトと呼ばれるキャベツのマリネなどです。そのほかにも、定番のポテト料理が付け合わせになることもあるそうです。お祭りなどで露店が出る際には、手軽に食べられるよう、ホットドックやフランクフルトとして売られることが多いようです。ぜひ、機械があればチェックしてみてくださいね。

2.フラムクーヘン

次にご紹介するフラムクーヘンは、見た目はピザのようで、生地の上にハムや野菜をのせてパリパリに焼いたものです。フラムクーヘンのフラムはドイツ語で炎という意味だそう。クーヘンは、バームクーヘンなどでも使われますが、ケーキという意味なので、フラムクーヘンは炎のケーキという意味を表していることになります。

このフラムクーヘン、一見ピザのようですが、チーズが使われているわけではないです。ピザのチーズの代わりにサワークリームが使われているので、さっぱりとしていて食べやすいです。加えて生地は薄く、パリっと焼かれているので、仲間で集まったときに軽くつまむのにもぴったりです。ビールにもよく合うので、ドイツではレストランでビール片手にフラムクーヘンを食べている姿を見かけることも多いです。楽しいお酒のお供には欠かせない料理ですね。ぜひドイツでレストランに行った際には、フラムクーヘンビールを一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

3.シュバイネハクセ

シュバイネハクセはバイエルン地方の伝統的な料理です。バイエルン地方のメインの都市としてはクリスマスマーケットで有名なミュンヘンなどがあります。シュバイネハクセは豚のすね肉という意味で、その名の通り、豚のすね肉を豪快に焼いた料理です。外側はカリッと、内側は柔らかく、肉汁たっぷりに焼かれているのがたまりません。味は基本的に塩漬けですが、ソースなどが添えられることもあります。

豚のすね肉は日本ではなかなか食べる機会も少ないので、ぜひ食べてみたいものですね。骨がしっかりとついた状態で焼かれるので、お肉料理のがっつりした感じを十分に味わうことができます。骨の周りのお肉も非常においしいので、ぜひ残さず食べてみてください。付け合わせはポテトのことが多いです。じゃがいもを丸ごと揚げたような形のポテトもバイエルン地方独特だそうです

4.シュパンヘルケル

シュパンヘルケルは南ドイツの伝統料理です。シュパンヘルケルは子豚の丸焼きという意味だそう。その名前の通り、子豚を丸焼きにした豪快な肉料理です。離乳前の子豚を使っているのが特徴だそう。子豚の丸焼きというとちょっと食べづらい見た目を想像してしまいますが、心配はありません。基本的に料理として出される際には、一人前にカットして出されるようです。ソースもかかってでてくることが多いようなので、子豚の丸焼きという言葉からイメージするものとはちょっと違っているかもしれません。

皮の表面はパリッと焼かれているので、カリッとおいしく食べられます。一方、お肉はやわらかく、ソースと絡み合わせて食べると絶品です。基本の味はシュバイネハクセと同じく基本は塩味です。シンプルな味だからこそ、ソースと絡めることでおいしさが倍増します。南ドイツに訪れた際には外せない一品です。忘れずに食べてみてくださいね。

5.アイスバイン

アイスバインもドイツ料理の基本、お肉料理です。アイスとは、氷の意味のドイツ語です。しかしながら、アイスバインに氷が使われているわけではありません。アイスバインに使用される岩塩が氷のような形だからという理由で氷という意味のアイスが使われるようになったようです。アイスバインでは、その岩塩を使って、お肉が塩漬けにされているという特徴があります。

見た目はずしっりとしたお肉料理に見えますが、岩塩を使用して長時間に困れているため、脂っこさはあまり感じません。むしろ、さっぱりとしていて食べやすいと感じられる一品です。がっつりとした料理や脂っこい料理に胃が疲れてしまったと感じた際にはぜひ、アイスバインを食べてみてください。付け合わせも揚げ物ではなく、マッシュドポテトなどが一緒に出されることが多いそうなので、脂っこいものが苦手な方でも食べやすい料理と言えるでしょう。

グルメを満喫しにドイツへ行こう!

今回はドイツに訪れた際にはぜひ食べてみてほしいおすすめ料理を5つご紹介しました。いかがでしたか。ドイツらしいお肉料理をたくさん知ることができたのではないでしょうか。ドイツ料理の定番ソーセージはもちろん食べてみてほしいですが、ドイツ料理はそれだけではないことも分かっていただけたのではないでしょうか。

地方の伝統料理は今回はバイエルン地方のシュバイネハクセと南ドイツのシュパンヘルケルをご紹介しましたが、その他にもドイツには地方ごとの有名な伝統料理が存在します。ぜひ訪れる町、地域にはどんな伝統料理があるのか、行く前に一度チェックしてみてくださいね。料理だけでなく、ビールも一緒に楽しんでみてください。ドイツグルメを満喫できること間違いなしです。グルメを満喫しにドイツへ行くのもおすすめです。ぜひドイツ旅行を楽しんでください。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. コルカタで撮れたちょっといい写真。家族写真も思い出に少しだけ。 …
  2. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  3. 夜のエッフェル塔エッフェル塔の裏にある公園。ほかの人たちは高台へ上がっていて貸切状態。…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP