花の都カナダ・ビクトリアの魅力~②インナーハーバー周辺を歩く~

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

温暖な気候に恵まれて、バンクーバーよりもこじんまりとしたBC州の州都ビクトリアは、世界中からの観光客を暖かく迎えます。インナーハーバー(Inner Harbor)周辺を歩いている気分になって、皆さんと一緒に観光をしていきたいと思います。
victoria-974779_1280
インナーハーバーはビクトリア観光の中心です。ツーリスト・インフォーメーションセンターがあり、街の情報収集をし、観光をスタートさせるのに最適な場所です。お土産屋、カフェ、レストラン、観光名所が全て徒歩圏内、コンパクトにまとまっています。
この辺りの魅力は、何といっても景色です。海沿いの遊歩道を散歩しながら、州議事堂やエンプレスホテルなどの建物を見てまわるのがお勧めです。港の周辺は、夏期は露店が出ていたり、スプレーアートや楽器を演奏していたりと賑わいをみせます。緯度が高いので夏期は22時頃まで明るいです。
インナーハーバー周辺で楽しめる主なアクティビティはこちら。
①ホウェールウォッチング ③舟でのハーバーツアー ②馬車での市内散策

 

インナーハーバー付近の観光名所

フェアモント・エンプレス・ホテル(The Fairmont Empress Hotel)
empress-hotel-1271462_1280
1908年に開業したビクトリアで1番の高級ホテル、州議事堂とともにビクトリアのシンボル的建物です。インナーハーバーの目の前に立地します。泊まるにはちょっと敷居が高いですが、お茶を飲むだけでも優雅な気持ちになれます。本格的な英国式のアフタヌーンティーが楽しめます。
住所:721 Government Street

州議事堂(Parliament Buildings)
parliament-55231_1280
1898年に完成し、現在も州議会が開かれている現役の議事堂です。こちらもインナーハーバーの目の前にあります。興味のある方は内部を見学したり、ツアーにも参加できます。夜はライトアップされます。
住所:Parliament Buildings

ロイヤル・ブリティッシュ・コロンビア博物館(Royal British Columbia Museum)
o1
BC州の文化や歴史、自然を紹介する博物館です。トーテムポールや仮面など、カナダ北西沿岸部の先住民の展示が充実しています。開拓時代の町並みが再現されているエリアや、BC州の自然史を紹介するエリアがあります。館内にはIMAXシアターもあります。
住所:675 Belleville Street

 

インナーハーバーから5分程歩いた場所にある広場

バスチョン・スクエア(Bastion Square)
3342690613_1b602236e3_z
開拓時代にビクトリア城塞が築かれた場所で、ビクトリア発祥の地です。石畳の広場には歴史を感じさせる建物が並んでおり、古い外観を残したまま改装され、カフェやパブとして営業しています。
住所:Bastion Square

マーケット・スクエア(Market Square)
general-summer-photos
19世紀末のゴールドラッシュ期に、ホテルや酒場が軒を連ねて賑わっていたエリアが1970年代に再開発され、ショッピングモールとして使われています。レンガ造りの建物の中に沢山のショップが入居しています。休日にはイベントも行われます。

 

まとめ

以上、ビクトリア観光の中心、インナーハーバーにスポットライトを当ててご紹介しました。ご紹介した場所は全て徒歩でまわれるので、博物館見学に時間を費やしたとしても、1日あれば十分に満喫できます。
ビクトリア市内にはまだまだ沢山の見所あります。続きは花の都カナダ・ビクトリアの魅力③をお楽しみ下さい。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. ※写真:World Travelスタートから31日目から34日目新潟県から富山県…
  2. 旅に出る前の僕らは、溢れかえった『物』の中で身動きできずに完全に溺れていた。人生とい…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP