若者よ世界に飛び立て!留学のすすめ~留学するメリットとは?

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

P1020648海外に行かない若者が増えていると昨今テレビを通してよく聞きます。
海外好きの筆者にとっては、何で行かないのだろう?と疑問符が頭から離れません。というのも、筆者は若かりし頃に海外留学を経験した1人。海外での生活はもちろん楽しいことばかりではありませんが、そこで得た経験と思い出は、留学を終えて何年も経った今でも、大切な青春の1頁として心に深く記憶されています。
若い方こそ、是非行って欲しい、海外留学のすすめです。

 

留学するメリット

8ba5fe1a560d77db28df934a15dba297_s

①語学力の向上
語学学校では月~金までフルタイムで英語の勉強をします。
学校外でも英語を使わなければ生活できないので、必然的に英語を話さなければいけません。言い換えればスパルタ教育です。英語環境に身を置くことで英語力は飛躍的に伸びます。

②異文化体験
語学力の向上とともに留学を語る上での2大柱となるのが異文化体験です。
テレビや映画、インターネットを通じて世界の国々はだいぶ身近になった現代ですが、誰かが作った情報は本当に正しいのでしょうか?実際に自分の目で確かめてみましょう。
その国の国民性、独自の行事、食べ物、学校や休日の過ごし方…留学中は日本と異なる出来事を沢山経験します。

③世界各国の留学生と一緒に学ぶ
語学学校の醍醐味は世界各国の留学生とクラスメイトになることです。留学先の国だけでなく、他国の留学生との交流によって“あの国にも行ってみたい”と興味が湧いてきます。世界中に友達ができます。

④日本をもっと好きになる
留学中は“どこから来たの?” “日本ではどうなの?”の質問をとにかくよくされます。
日本にいる時は周りがみんな日本人なので、わざわざ“日本”を意識することはありません。何回も何回も“日本人です。”と連呼しているうちに、段々と日本人である意識が芽生えてきます。それと同時に、自分が自国についてあまり知らないことに気が付きます。質問者に日本を説明するために色々調べていくうち、日本文化に興味が湧いてくるのです。
また、滞在国と比較してここは日本の方が優れている、日本はここがダメだ、と新たな視点で自国を観察できます。

⑤自立心が芽生える
留学で初めて親元を離れる方も多いと思います。今までは親がやっていたことも全て自分でやらなければいけません。また、留学先ではトラブルもあります。声に出して言わなければ伝わりません。甘えられる人が周りに誰もいないスパルタ環境では、必然的に自分で問題を解決する力がつくでしょう。

 

オススメの語学学校

741d47aa5ff71c63c2ca3ef5e2a96dd4_s
大学生くらいの年齢の方には、大学付属の語学学校が楽しいです。
英語圏の大学の多くは非英語圏の学生のための語学研修プログラムを持っています。ここで英語を勉強し、1番上のクラスを卒業すると、大学の正規の学生としての入学許可をもらうこともできます。 授業内容は私立の語学学校と大差はありませんが、ジムやカフェテリア、図書館などキャンパス内の施設を利用できますし、地元の同年代の学生との触れ合いも魅力です。また、クラスメイトの年齢も若めです。

 

まとめ

学生という身分、若さは最大の武器です。
歳をとっても新しく始めることはできますが、若い頃の経験や思い出はいくつになっても色あせないものです。
年齢は関係ないとは言いますが、若さは2度と戻ってきません。若いうちだからこそ考えること、経験できることは、やっぱりあると思います。大学4年間のうち、せめて1学期くらいは海外に出て沢山の経験を積んで欲しいなと、かつて若者だった筆者は思うのです。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 第二期スタッフと海とBBQと各々の思い出…
  2. 音楽が地球を救う日が来るかもしれないニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエ…
  3. ※写真:yuuma familyスタートから61日目スタートからの距離2025k…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP