足を延ばして島巡り!スコットランドの観光スポット10選

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

o-scotland-facebook

豊かな自然と多くの世界遺産が魅力のスコットランド。旅行ではスコットランド本土だけを観光しがちですが、実はスコットランドには750個以上の島があります。

スコットランドの島には、美しい自然やそこでしか見ることの出来ない絶景があります。スコットランドを訪れた時に行きたい島のおすすめの観光スポットを紹介します。スコットランドを訪れた際は、ぜひ足を延ばしてみてください。

4771867091_73aacec8c3_b

ポートリー(スカイ島)

インナー・ヘブリディーズ諸島の北にあるスコットランドの景勝地として名高い「スカイ島」。スカイ島を代表する街のポートリーは、人口1,917人のスカイ島で1番大きな街です。

まるで絵画のように美しい風景と謳われるほど綺麗な港を持つポータリーには、ピンクやブルーの色とりどりのカラフルな家が並びます。港と空、自然とのコントラストが素晴らしく、スカイ島を訪れた際にはぜひ観ておきたい美しい風景です。

ポータリーでは、港で水揚げされたスカイ島自慢の美味しいシーフード料理を食べることが出来ます。

fairy-pools-isle-of-skye-scotland-extreme-thing-for-outdoor-holiday-adventure-9

妖精のプール(スカイ島)

こちらもポートリーと同じスカイ島にある「妖精のプール」。そのこの世のモノとは思えない幻想的な美しさから「フェアリープール」と呼ばれるようになったそうです。透き通ったブルーのグラデーションのプールに思わず見惚れてしまいます。

自然に囲まれたスカイ島は島ですが、「スカイ・ブリッジ」という橋が架かっているので、スコットランド本土から車で渡ることも可能。レンタカーでも行けるので、訪れやすい島でもあります。

■ 基本情報
・島名:スカイ島
・名称:Fairy Pool
・住所:Isle of Skye, Glen Brittle, イギリス
・アクセス:インヴァネスより車で2時間30分
・電話番号:+44 1470 521206

old-man-of-hoy

オールドマン・オブ・ホイ(ホイ島)

スコットランドのオークニー諸島にあるホイ島は、人口は約300人ほどのこじんまりとした島です。そんなホイ島に「オールドマン・オブ・ホイ」はあります。オールドマン・オブ・ホイは137mの海食柱で、1本だけたったその不思議な姿が特徴的です。オールドマン・オブ・ホイというちょっと変わった名前は、昔は下に穴がありその形がまるで2本足で立っているように見えたことから「ホイ島の老人」と名付けられたんだそうです。

現在、オールドマン・オブ・ホイが出来てから400年ほどで、もしかすると近いうちに崩れてしまうかもしれないと言われているので見に行くならお早めに。

the-fingals-cave-scotland

フィンガルの洞窟(スタファ島)

インナー・ヘブリディーズ諸島にある独特の形が特徴のスタファ島。1800年から誰も人は住んでいない無人島です。スタファ島の観光名所「フィンガルの洞窟」は、波の浸食によって出来た海食洞で、1772年に博物学者のジョゼフ・バンクスによって発見されました。スタファ島には観光で訪れることが出来るので、岩の上を歩いて洞窟まで行くことも出来ます。洞窟の中ではこだまが響き渡り、不気味で近寄りがたい雰囲気を漂わせています。

作曲家・メンデルゾーンの「フィンガルの洞窟」は、この風景を見て霊感を受けて作曲したと言われています。19世紀の著名人が訪れていたことでも知られ、フィンガルの洞窟に関する絵画や戯曲を残しています。ヴィクトリア女王もこの地を訪れたんだそうです。自然が生み出した神秘的な景観は、1度は見てもらいたいです。

the-path-to-the-iona-abbey

アイオナ修道院(アイオナ島)

インナー・ヘブリディーズ諸島にあるアイオナ島は、長さ5.6kmの小さな島で約200人ほどの住民が生活しています。そんなアイオナ島の観光スポットとして有名なのが「アイオナ修道院」。中世に聖コルンバによって建設された修道院で、初期のスコットランド諸王が埋葬された地としても知られています。

アイオナ修道院は綺麗な状態で保存してあり、特にケルト十字はイギリスの島の中でも最高の状態で保存されています。その静寂で美しい歴史的な建造物を見るために観光客が絶えない場所です。

■ 基本情報
・島名:アイオナ島
・名称:Iona Abbey
・住所:Isle of Iona PA76 6SQ イギリス
・営業時間:9時30分~17時30分
・定休日:日曜日
・電話番号:+44 1681 700512

islae-of-skye

ニースト・ポイント(スカイ島)

スカイ島の中でも大人気のスポット「ニースト・ポイント」。ニースト・ポイントは大西洋に向かって伸びる岬で、その先には灯台もあります。

昼のニースト・ポイントは真っ青な空と海のコントラストが美しく、夕方は夕焼けのオレンジや紫のグラデーションに染まった空は感動的な美しさ。灯台までは距離があるので、歩きやすい格好で行くのがおすすめです。

5845093360_7397e1be65_b

デュアート城 (マル島)

インナー・ヘブリディーズ諸島にあるマル島。スコットランドからはフェリーに乗って行くことが出来ます。マル島の東には、崖に建てられたデュアール城があります。13世紀頃に建てられ、17世紀のイングランド内戦で危機に瀕すも居城しているマクリーン一族の力で陥落を免れたという歴史を持っています。

崖の上に趣のある佇まいのデュアート城の放つ存在感。晴れの日には青空にお城が映えて美しいですが、天気の悪い日でも何とも雰囲気のあるお城です。

■ 基本情報
・島名:マル島
・名称:Duart Castle
・住所:Isle of Mull PA64 6AP イギリス
・アクセス:オーバンからフェリーで約45分
・電話番号:+44(0)1680 812309

kilt-rock-original-7433

キルトロック(スカイ島)

スカイ島の北東の断崖絶壁の中にキルトロックはあります。その見た目がキルトスカートに似ていることからキルトロックと呼ばれるようになったんだそうです。

キルトロックだけでも素晴らしいですが、メルト湖の水がキルトロックをつたい、海に流れ落ちる様子がこれまた美しく、自然の織りなす神秘を感じられます。とても見晴らしがいいため、澄み切った空気を味わいながら自然の生み出す力を感じてみましょう。

06f539872ea4036407fe056f86ae358c

カラニッシュ スタンディング ストーン(ルイス島)

ルイス島には、まるでイギリスのストーンヘンジを彷彿とさせるストーンサークルがあります。それが「カラニッシュ スタンディング ストーン」。このカラニッシュはストーンヘンジよりも歴史が古く、約5000年前にこの島の定住者によって作られたと言われています。奇妙なストーンの並び方は月や太陽にも繋がりがあるんだそうです。

約5000年も前に作られた歴史的な遺跡としてはもちろん、現在ではパワースポットとして人気が高まっています。その不思議で神秘的な佇まいには言い知れぬパワーを感じてしまいます。

visitscotland_26835299269

スカラ・ブレイ(メインランド島)

オークニー諸島の交通の要所として機能しているメインランド島。そんなメインランドを代表する観光地「スカラ・ブレイ」です。1850年に嵐が島に上陸し、スケアブラという丘が被害を受けたことがきっかけで、丘の下に眠っていた遺産が発見されることになりました。

ヨーロッパの新石器時代の集落の中で1番綺麗な状態だったことが評価され、島にある他の遺産と一緒にユネスコの世界遺産に登録されました。

■ 基本情報
・島名:メインランド島
・名称:Skara Brae
・住所:Sandwick, Orkney KW16 3LR イギリス
・営業時間:夏季 9:30~17:30、冬季 10:00~16:00
・電話番号:+44 1856 841815
・料金:£7.10

scotland-1

まとめ

いかがでしたか?この他のも、スカイ島のダンヴェガン城やルイスアンドハリス島など、絶景やスコットランドの歴史に触れることが出来るスポットがたくさんあります。スコットランドの島はここで紹介した以外にもまだまだあります。

旅行のときはスコットランド本土ばかり行ってしまいがちですが、いろんな魅力のあるスコットランドの島にも足を延ばしてみてはいかがですか?

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…
  2. 「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  3. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…

新着記事

  1. 最近、時間があれば「旅行とは何か」を考えることが多いです。そのため、普段から旅行記やエッセイ…
  2. 前回は、ケニアとは、どのような国なのか、ケニアの治安、飛行機やアクセスについて紹介してきまし…
  3. みなさん、ケニアと言われて何を思い浮かべますか?サバンナの動物たち、民族、大自然などですか?…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人 なっちゃんの旅
PAGE TOP