高速船でプーケット ピピ島に到着。

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

カロンのホテルから一時間、ラッサダー埠頭(Ratsada Pier)に到着。

プーケット旅行センターで事前に予約を済ませ、(日本人スタッフがいます。)

ホテル宛にFAXしてくれた予約表をみせて、船のスタッフに直接、料金を支払いました。

このスタッフのおじさん、タイ人だけど気さくに日本語で話しかけてくれて、

「ボクノ ナマエハ、マモル!マモル!アナタ、ニホンジン?」て、聞かれ、

みんな真っ黒に日焼けしているから、

「タイジン ニ ニテルネ」って言われました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ここに到着して10分後ぐらいに、「モウ、フネデルカラ、ハヤク~」と言われ、

「1ジカンハンカ、2ジカンデツクヨ~」と、タイ人のまもる君は教えてくれました。

 

船の中はには、

ちょっとした売店、トイレもあり、Freeでクッキー、コーヒー、紅茶が飲めて、

サンドイッチやパンは売ってました。2階の売店にはスナック菓子、フルーツ、ビール、フレッシュジュース、があり、テレビでは映画の「Mrビーン」が流れていて子供たちと主人はそれに釘づけ。

私はちょっと船の中を探検中♪

 

この船、高速船だよね?と、目を疑うような光景が…OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここはいったい何処のビーチなの??

船の先端には子供が座ってたー!!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私がいる後方には、運転席があるんだけど、人もたくさん立ってるから船長さん、前方なんか見えてないし、スマホいじってる…

 

とまぁ、そんなこんなでピピ島に到着。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ホテルの送迎の方はどこかな~?って探していたら、桟橋で待っていてくれて出迎えてくれました。

ホテルの車はどこにも見当たらない。車はどこ~?って探していたら、、、草むらに置いてあった、

pipi <<動画

このホテル名がちゃんと書いてあるリアカー?台車?が送迎車でした(笑)

 

後で知ったことですが、

車もバイクも走らない島なんだそう。

唯一、自転車が走っているんだけど、道が狭いから、お互いに譲り合いながら歩いていきます。

自転車のベルの代わりに、「ピーピー、ピーピー、」と口ずさんで通り過ぎていく。

不思議がたくさんだぁ~

 

家の中に入るときは、日本と同じで靴を脱ぐ習慣があり、裸足で道を歩く人もたくさんいて、

コンビニや道にズラリと並んでる土産屋さんも、靴を脱いで上がるので、

この島に来た白人さん達も靴を脱ぐ習慣がついちゃうんだって!

 

この島でしばらく滞在予定です。

※フェリー代+埠頭への送迎込み 大人一人450B。

フェリーの中での食べ物など、60B~。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. ※写真:World Travelスタートから39日目~43日目…
  2. バンコク最後の夜に、ナイトスポット、タニヤ通近くのオカマバーへ。Dream Boy とかBo…
  3. 日本に一時帰国。次の旅に出るまでの間どこに住もうか?家ないし、仮住まいが見つかるまででも学校に行かせ…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP