魅力度最下位!?そんな事はありません!茨城観光ランキング

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

魅力がない?そんなことはありません!

maxresdefault maxresdefault-1茨城県といえば、、、、。あまり思い浮かぶものがないと思っている人も多いのではないでしょうか?最近では、都道府県魅力度ランキングで常に最下位を争っているというようなイメージがあるかもしれません。

しかし!茨城県は自然も豊かで観光地もいつもある魅力的な県なのです!今回はそんな知っているようで知らない茨城県の魅力を観光地ランキングという形でお伝えします。知っていた!というようなものも、こんなのあったんだ!というようなものもあるかもしれません。

ぜひこの記事を一読して、茨城県の魅力を再発見してみてください。茨城県は都心からもアクセスしやすい場所でもあります。気になった観光地はぜひ詳しくチェックして、週末などの短い休みを利用して気軽に訪れてみてくださいね。距離感的にもちょっとした小旅行として楽しめると思います。また、いつもは都心など人が多いところにいる人には自然を満喫してリラックスするのにもぴったりです!

1.アクアワールド 茨城県大洗水族館

1200x0_5809c1fa-fe50-4df3-8e3f-104e0a0103c9-jpgまず、最初にご紹介するのは、大洗にある水族館、アクアワールドです。茨城県は誰もが知っているほど有名な水族館です。館内では、水族館の定番、イルカのショーはもちろん、あざらしやペンギンなども見ることができる充実した水族館です。ペンギンが目の前を歩いてくれるペンギンショーも人気です。よちよち歩くペンギンの姿はいつまでも見続けられるほどかわいいです。

展示の方法に一工夫がなされているのもアクアワールドが人気の秘密です。暗黒の海ゾーン、森と川ゾーン、世界の海ゾーンなど、魚たちが生活している環境に合わせた展示をしています。自然で生きている姿を想像しやすいので、イメージが膨らみやすいですよね。小さなお子様がお魚たちと触れ合えるキッズランドも家族で訪れる際にはうれしいですね。

アクアワールド周辺は砂浜になっているので、水族館だけでなく、海も楽しむことができます。夏場には、近くの大洗ビーチで海を楽しむ人が多いので、水族館に来たついでにはぜひ足を伸ばしてみてください。水族館を回ったあとに海を眺めると、なんだか魚たちが泳いでいる姿が想像できるようで楽しいですよ。

2.袋田の滝

img_0-2袋田の滝は久慈郡大子町にある迫力満点の滝です。県内はもちろん、県外の観光客からも非常に人気の高いスポットです。平安時代の西行法師が袋田の滝を見て和歌を詠んだと言われているように、古くから多くの人に愛されてきました。滝の高さは120m、幅が73mもの大きさがあります。その大きさ、迫力、美しさから日本三名爆のひとつと数えられています。

袋田の滝には、「四度の滝」という別名もあります。これは、滝の流れが四段を落ちることが所以だそうです。また、西行法師が「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ新の風趣は味わえない」といったこともその所以とも言われています。この言葉のとおり、四季折々で異なった顔を見せてくれるのが袋田の滝。春には鮮やかな草木を、夏にはさわやかな活気ある緑を、秋には紅葉を。特に人気があるのは冬の姿です。滝が凍っている姿が冬の間のみ見ることができます。このように壮大な滝が凍っているのを見る機会はなかなかないですよね。機会があれば、春夏秋冬、それぞれの季節に訪れてみてください。

袋田の滝周辺には、他にも見どころがあります。一緒に観光するスポットとして特に人気なのは竜神大吊橋です。バンジージャンプができるスポットでもあります。また、生瀬の滝、月侍の滝など他の滝を合わせて楽しむこともできるので、袋田の滝に寄った際にはぜひ訪れてみて下さい。

3.鹿島神宮

src_10956095鹿島といえばサッカーチーム、鹿島アントラーズでも有名な街ですね。そんな鹿島に神社が鹿島神宮です。全国にある鹿島神宮の総本山となっているのが、茨城県鹿嶋にあるこの鹿島神宮で、千葉県香取氏にある香取神宮、茨城県神栖市にある息栖神社と並んで東国三社と呼ばれています。歴史的にも非常に重要な神社で、古代には朝廷から蝦夷の平定神として、藤原氏からは氏神として崇敬されてきました。

境内には荘厳な鳥居と仮殿、本殿などがあります。これらは国の重要文化財として認定されています。また神宮がある場所一体は三笠山と呼ばれていて、その歴史的重要性から国の史跡としても指定されています。時代劇などのロケ地として使われることもあるようです。その他にも境内には鹿が飼育されていたり、湧き水が溢れている場所があったりと見るべきポイントは多いです。境内の裏側に続く道は、左右が木に覆われていて、厳粛な雰囲気を味わうこともできます。

4.牛久大仏

2182牛久大仏は茨城県牛久市にある、巨大な大仏です。大仏は立像で、120mもの高さがあります。なんと、世界最大120mの青銅製の大仏としてギネスブックに認定されているほどなのです!その大きさは奈良の大仏が牛久大仏の手のひらに乗ってしまうほどだとか。近くを運転の最中に遠くから見ても圧倒されてしまうほどの大きさです。

実はこの牛久大仏、大仏様の中に入ることができるなんとも珍しい大仏なのです。大仏の中は5階構造になっており、最上階の展望台まで、なんとも不思議な空間を通って行くことができます。それぞれ空間ごとに名前がついており、「光の世界」、「念仏の間」、「知恩報徳の世界」、「蓮花蔵世界」、「霊鷲山の間」などがあります。展望台は広く外が見まわせるわけではありませんが、大仏の胴体に小さく空いた細長い形の窓から周辺の景色を一望できます。

牛久大仏は大仏内だけではなく、大仏の周りに広がる公園も楽しむことができます。入口から入ると、大仏の大きさを示す様々な展示が行われています。また、大仏の後ろ側はミニ動物園になっていて、うさぎをはじめとする小動物と触れ合うことができます。一日に数回、猿の曲芸ステージも開催せれているので、時間を調べて合わせて行ってみるのもよいでしょう。

5.筑波山

mt-tsukuba最後にご紹介するのは茨城県つくばのシンボル的存在、筑波山です。標高は877m、広い関東平野に聳え立つ威厳のある山です。朝や夕方などは太陽の日を浴びて、山が色を変えることから「紫峰」とも呼ばれています。男体山と女体山と呼ばれる二つの峰を持っているのが特徴で、独特で印象的な形をしています。

筑波山は山登りのスポットとしても有名です。いくつもの登山道があり、難易度や時間、見れる景色などで自分の好きなコースを選ぶことができます。すごく険しい山というわけではないので、普段は山に登りなれていない方でも挑戦がしやすいです。紅葉の季節には特に綺麗な景色を楽しむことができ登山客で混雑します。

茨城の隠れた魅力も楽しもう

9608f4fae42f3ab94f25814cd25bd34fここまで、ぜひ訪れてほしい茨城県の観光スポットをご紹介してきました。どれもとても人気があり見応えがあるものばかりです。休日のドライブの目的地として、または日頃の疲れを癒す小旅行に、ぜひ訪れてみてくださいね。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…
  2. ※写真:yuuma familyスタートから31日目から34日目新潟県から富山県…
  3. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…

新着記事

  1. 「南米」と聞くと、あまり治安が良くないんではないか、と思われる方多いですよね。たしかに日本と…
  2. 前回のパート①に引き続き、今回も、タイ人女性にモテるには、どういったことに注意すればいいのか…
  3. タイに興味のある男性なら、タイ人女性はどんな人が好きか?というトピックについて少なからず知り…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人
PAGE TOP