テキーラ!

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

テキーラ!

タスコ最後の夜の思い出にと、ホテルのすぐ近くのレストランに。

オープンテラスで景色がとても良くて、ここに決めた。

案内してくれたおじさんはなんとな~く、うちのおばあちゃんに似ていた。

英語が話せるようでおススメ料理をバシバシ言ってくる。

けど、私達観光客じゃないので、断りまくっていた。

肉料理を頼んだら、生のまま来て、フライパンやコンロも準備され、

 

「今からあなた達にサービスします。」と、おじさん。

 

普通に、出来上がった料理を持ってきてくれればいいのにと、思いつつも

家族みんなで、

 

「あれ、いくら渡そうか?10?20?」と相談中。

 

ペソ(peso)と口に出してしまうと、お金の話をしてるとバレてしまうので(笑)

結局、20ペソ(タクシーに乗って5分ほどの値段。約140円)渡しました。

そしたら、次は,、

 

「テキーラどうですか?」と、おじさん。

 

「いらない!」と何度か断り、家族写真を撮ってほしいとお願いしたら、

はい、チーズ、じゃなく、、、

 

「テ・キーラ!!」だって。

 

まだ諦めないおじさん。しぶといぞ・・・

これ、いつまで勧められるの??と思いつつ1ショットテキーラを頼んだパパ。

おじさんはめっちゃ笑顔でテキーラを持ち、スペイン語で何か叫びながら

上から振りかざし、テーブルに2回ほど叩き付けた。

すごく飲みやすいテキーラだよ。とパパ。おじさんと厚い握手を交わし、

次は、お店にある

 

「アンケートに僕の名前を書いて」

 

と、手取り足取り書き方を教えてくれました(笑)

勿論、全部大変良い!!の場所にね!

 

おじさんとも写真を撮ったら今度は、「お店の住所に写真を送ってほしい」 と、住所を渡されました。

つなげ字で読めず、一文字づつおじさんと確認しながら。

メキシコにいる間に写真を送ったのでもう届いているかな☆何度も断られたのにめげずに行くその精神力に参りました。なんでもすぐ諦めないで粘ることは大事だね!

なんだか憎めないおじさんでした。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Family – pickup

  1. ニゴンボのレストランでは店のほとんどの所がアルコールを出していなく、何処に行ってもない!と断…
  2. 2025km、61日間の思い出写真…
  3. 一週間お世話になった宿のオーナーや従業員たちに挨拶をして、親切にしてくれた人たちには精一杯大…

注目記事

ピックアップ記事

新着記事

旅人の隠れ家

求人

PAGE TOP