24時間外出禁止!?世界の少し変わった祝日7選

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

076

海外に比べ長期休暇の少ない日本ですが、祝日の数を見てみると6月を除く全ての月に祝日があり計16日もあります。この数字は世界第3位となっていて祝日の数はとても多いのです。一番多い国はインド、コロンビアの18日です。もちろん世界中にもその国独自の祝日があったりします。今回はその中でも「なにそれ!?」と驚くような一風変わった祝日を紹介します。

 

077

グラウンドホッグデー(Groundhog Day)

2月2日はグラウンドホッグデーというアメリカとカナダの祝日です。グラウンドホッグというのはリス科の一種で冬場は冬眠しています。しかし2月に一度目を覚まします。その時に巣から出てきたグラウンドホッグが自分の影を見て驚き、巣穴に戻ると春の到来は遅くしばらく冬が続くと言われ、影を見ることなく外に飛び出せば春が近づいているという春の訪れを予想する占いです。そのため特に何かを祝うということはありません。しかし、グラウンドホッグの予想がテレビや新聞で報道されるほどなのです。寒い冬をしのぎ、暖かい春の訪れを待ちわびているのは日本人だけではありませんね。

079

ニュピの日

「静寂の日」とも呼ばれるニュピの日は、一日静かに瞑想し世の中の平和を祈る日です。ニュピには4つの禁止事項があり(外出・労働・灯火使用・殺生の禁止)観光客を含めたバリ島にいる全ての人々が対象となっています。ニュピは太陰暦であるサカ歴に沿って行われるので、年によって行われる時期が異なりますが毎年3~4月に行われています。島全体が静かな時間に包まれるなんて世界中を探してもなかなかありません。緊急時以外は飛行機も欠航となります。この時期にバリ島に行くことがあれが一応確認しておいたほうがいいでしょう。

080

セント・パトリックデー(St Patrick’s Day)

アイルランドにキリスト教を広めた聖人パトリックの命日、3月17日がアイルランド共和国の祝日になっています。セント・パトリックデーが近づくとアイルランドを筆頭に世界各地がアイルランドのシンボルカラーである緑色に染められていきます。町や人だけでなく、食べ物や飲み物までもが緑色になります。緑色に染められたビールが出てきて乾杯するのもセント・パトリックデーならではだったりします。そしてセント・パトリックデーで最も有名なのが緑一色に染められたシカゴ川です。アメリカの中でも特にアイルランド系アメリカ人が多いシカゴでは町全体でお祭りをするのです。この日は緑色を身に着けていないとつねられると言われているので、くれぐれもこの日は緑色を忘れないように。

081

トルクメニスタン・メロンの日

トルクメニスタンとは中央アジアに位置するアフガニスタン、イラン、ウズベキスタン、カザフスタンに囲まれた国のことです。この国は長い間、ニヤゾフという大統領が独裁政権を握っていた国でもあります。国を私物化していたと言われるほどやりたい放題したことで有名です。そのため「中央アジアの金正日」とあだ名が付いたほどです。そのニヤゾフが大好物という理由だけで作ったメロンの日。美味しいメロンの名前を称え国民の祝日にするとテレビで発表し、8月の第2日曜日が祝日となりました。他にもたくさんの祝日を作り、彼が生きている間に24個もの祝日ができたと言われています。

082

イースター(Easter)

復活祭とも呼ばれ、死んだはずのイエス・キリストが復活したこと記念するキリスト教の最も重要な祭りで春の一大イベントです。少しややこしいのですが、「春分の日の最初の満月の次の日曜日」となっているため年によって日付が変わります。主に何をするかというと、家でご馳走を食べたり、卵料理を食べたりします。イースターエッグと呼ばれるカラフルに色に染めたり、模様を描いたゆで卵を家のあちらこちらに隠して、それを子供たちが探す遊びエッグハントもイベントの一つです。最近では日本でも定着してきているため一度は聞いたことがあるかもしれません。ちなみに「イースター直前の金曜日」はグッド・フライデーと呼ばれる祝日があります。これもキリスト教の人にとっては特別な日となっていて、イエス・キリストが十字架にかけられ処刑された日となっていてキリストに感謝する日なのです。

083

プリンセス・クヒオデー

ハワイ州だけにある祝日でクヒオ王子の誕生日の3月26日となっています。アメリカの一部となったハワイとハワイの人々のために精力を尽くしたことで「庶民の王子」として親しまれました。そのため彼の誕生日を祝日としたのです。人々は今でもクヒオを称え、毎年盛大にパレードが行われています。ハワイの王で祝日になっているのはカメハメハ大王とクヒオ王子だけなのです。

アメリカは州ごとに強い力を持っているため、国民の祝日以外にも州ごとに設定された祝日があったりもします。

084

死者の日(Day of the Dead)

ラテンアメリカ諸国の祝日の一つで特にメキシコでは盛大な祝祭が繰り広げられます。11月の1日、2日とハロウィンの日の夜に前夜祭が行われます。死者の日には家族や友人たちが集まり、死者を偲び、語り合うのです。日本でいう盆のようなものですが、日本のように悲しみに暮れるような暗いものではなく、あくまでも明るく楽しく祝うのが特徴です。メキシコでは昔、死者の骸骨を身に着ける習慣があり死を恐怖とせずに、嘲笑おうというのがモチーフとなっています。

まとめとして

世界にはユニークな祝日がたくさんあります。色んな国の祝日や時期を覚えていれば、その国に訪れた際、役に立つことがあるかもしれません。海外の人から見ると「敬老の日」も変わっているらしく、世界中で老人を祝うというのは珍しく、日本だけなのです。5月になると祝日が続きゴールデンウィークがきますよね。その呼び方も実は日本独自の呼び方でもあるのです。他にもまだまだ世界各国には変わった祝日があったりするのでこれを機に調べてみてはどうでしょう。もっと面白い変わった祝日があったりするかも!?

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※文・パパyuuenntiniikumade ←動画yuuennti2 ←動画…
  2. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…
  3. ※写真:yuuma familyスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京…

新着記事

  1. 最近、時間があれば「旅行とは何か」を考えることが多いです。そのため、普段から旅行記やエッセイ…
  2. 前回は、ケニアとは、どのような国なのか、ケニアの治安、飛行機やアクセスについて紹介してきまし…
  3. みなさん、ケニアと言われて何を思い浮かべますか?サバンナの動物たち、民族、大自然などですか?…

注目記事

ピックアップ記事

旅人の隠れ家 求人 なっちゃんの旅
PAGE TOP