IMG_8054

「閲覧注意」負の遺産・オランダの監獄博物館を見学~拷問・死刑の歴史

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

ヨーロッパ旅行というと、古くから残る建築物、石畳の街並み、有名な絵画が揃う美術館など、美しいイメージが強いかと思います。

とはいえ、歴史が長いヨーロッパには負の歴史も存在することも確か。

ということで、負の遺産の一つであるオランダ・デンハーグの監獄美術館(Museum de Gevangenpoort)を紹介したいと思います。

IMG_8054

 

観光名所から近い

監獄美術館の良いところは、観光名所のビネンホフ(国会議事堂)やマウリッツハイス美術館から近いということ。昔は立法権と司法権が分かれていなかったので、国会と同じ敷地に監獄があったのです。

ビネンホフと道を挟んだ向かいのカフェやレストランが並ぶ界隈にひっそりと佇んでいます。

監獄美術館は13世紀の建物で、当時伯爵宮殿だったビネンホフの正門でした。

その後、16〜17世紀にかけて現在の形の建物に変わったそうです。

監獄として使われるようになったのは15世紀から19世紀まで。

監獄として約400年の歴史を持っています。

 

それでは入場しましょう。

チケット(大人1人7.5ユーロ)を購入するとガイドツアーの時間を案内してくれます。

ガイドツアーは基本的にオランダ語ですが、英語のオーディオガイドや日本語のガイドブックを用意してくれます。

私が参加した時は、参加者がアメリカの若者ばかりだったので英語のガイドとなりました。

ガイドツアーの参加者は全員で10人ほどでした。

 

監獄も格差社会だった

「あなたたちは罪を侵した罪人だ!」

という設定でガイドツアーはスタートします。

リアルに監獄を感じてもらうための演出のようで、随時こんな感じで進みます。

 

まず連れて行かれるのは一般市民の拘置所。

薄暗く狭い通路を通っていきます。

IMG_8051

部屋は約6畳ほどのなにもない空間。質素なぼっとん便所が一つついています。

多いときは一部屋に15人もの囚人が詰め込まれるそうです。

パンや水が入り口から投げ込まれ、それを争って食べるという悲惨な生活を送ることになります。また、昔のオランダは今よりも寒かったようで、麦わらをかき集めて凍えながら眠ったそうです。

判決がなかなか下りない場合、1ヶ月くらいここに詰め込まれることになります。

 

次に案内されたのは伯爵の拘置所。

IMG_8048

暖炉もふかふかのベッドもあります。自宅から家具を持ち込むこともでき、食事やワインも最高級のものが出されます。もちろんトイレ・バス付き。

部屋の大きさも10畳以上はありましたね。こんないいホテル泊まったことない…てきな。

ただ滞在費は自腹だそうです。

 

ギロチンは身分の高い人だけ

拘置所を見た後は処刑道具のある部屋に連れていかれます。

 

IMG_8049

説明されなくても大体察しがつきましたが、

一般人の死刑の場合、

ここにくくりつけられて、ハンマーで手足の骨を粉々に砕かれたあと、最後の一撃が心臓に降ろされます。

よく映画などで見る剣で首を刎ねる、というのは身分の高い人の特権だそうです。

 

ほかにも、煮えたお湯の中に入れられるなど、地獄絵図のような死刑が行われていました。

こちらの部屋には罪人に入れる焼き印なども展示されていますし、もっとグロテスクな話を聞くことができます。

 

拷問室にデルフトのタイル?

最後に案内されるのは拷問室。

このあたりで「私は罪人」というマジックにかかって気持ち悪くなってきました。

IMG_8053

こちらも器具を見るだけである程度察しはつくと思います。

印象的だったのが壁のタイル。

IMG_8052

オランダのお土産として有名なデルフト焼きのタイルです。

拷問室に使うなんてと思いますが、タイルだと飛び散った血を拭くのに便利なので不良品のタイルを張ったようです。合理的に考えられていますね。

 

ちなみにツアーの最後は、

「あなたたちは罪人ではないので解放します!よかったね!」

という感じで終わります。

 

拷問室や処刑道具などを見るのはためらわれるかもしれませんが、人間の残酷さなどを知る機会として、観光の合間に訪れてみてはいかがでしょうか。

 

名称:監獄美術館(Museum de Gevangenpoort)

住所:Buitenhof 33 2513 AH Den Haag

営業時間:火〜金は10〜17時 土日は12〜17時

入場料:大人7.5 12歳以下5.5

HP:https://www.gevangenpoort.nl/

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. dscf0860
    家族四人で世界を歩いた思い出写真…
  2. ※写真:yuuma familyスタートから61日目スタートからの距離2025k…
  3. IMG_8150
    一人でふらっとビーチを散歩してみたくなり、外に出てみた。波がとっても高くて、水しぶき…

新着記事

  1. owachomo_bridge
    私は世界を旅し、生の絶景を数多く観てきました。なかには、思い描いていたものとギャップがあり「…
  2. img_1
    最も人気の観光地ともいわれるバルセロナですが、あなたは何を楽しみに行きますか?バルセロナを満喫するた…
  3. book_natalie_alexandrov132043
    旅に出た、世界に出たきっかけというのは人それぞれ違い、テレビだったり、ブログやインスタグラム…
PAGE TOP