yj2

こんな人には要注意!海外の危ない人の特徴と狙われた時の対策

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

yj2

日本人はつくづく警戒心のない人種だと思います。平和ボケというか、日本が安全で平和な国ですから仕方ないのです。安全で平和ってとてもありがたいことです。だけど、その感覚で海外へいくのは危険です。

日本人って海外では「お金を持っていそう」なイメージがあるので、狙われやすいですし、警戒心が他の国の人に比べて低いので、犯罪などのトラブルに巻き込まれやすいのです。

もちろん、あまりに警戒しすぎてしまうと、上手く現地の人とコミュニケーションをとることが難しくなるので、程よくコミュニケーションをとりつつも警戒心を忘れないために、海外の危ない人、いわゆる要注意人物の特徴などをまとめてみました。対策法などもご紹介いたしますので、是非参考になさってみてください。

なにもないのに話しかけてくる警察官

yj3

日本なら警察官が話しかけてきたら、職務質問や荷物検査くらいです。それもほんの数分ほどだったり、軽い荷物検査くらいですし、人によっては警察官に話しかけられたことすらない人もいます。

日本なら話しかけられたら、きちんと従うと思いますが、海外ではきちんと従う前に「本物の警察官かどうか」を疑いましょう。世界各地で、偽の警察官が犯罪を犯しているケースがいくつもあるのです。

警察官を名乗る人に話しかけられたらつい荷物を全部出してしまったりと、従ってしまいますが、荷物検査や職務質問をするふりをして、強盗や盗難をすることだってあるのです。

対策としては、まず身分証明書を提示してもらいましょう。そして、現地の警察や大使館などに連絡をして、本物の警察官かどうか確認しましょう。身分証明書の提示を渋ったら、その時点で怪しいと思ってよいでしょう。また、予め警察署や交番の場所を把握しておきましょう。大使館などに連絡するのが大変な時などは、近くの警察署や交番で荷物を見せると行って一緒にいきましょう。相手に付いて行くのではなく、自分で相手を先導するようにいきましょう。

相手に付いて行くように移動してしまうと、人気のないところなどに連れて行かれて、その偽警察官の中間に囲まれて、無理矢理金品を奪われる可能性があるからです。もしも、一緒に警察署に行くのを嫌がったら、偽警察官である可能性が高いので、通報しておきましょう。

そもそも、本物の警察官がなんのトラブルもないのに観光客に荷物検査を強いることはありません。本物の警察官なら、「警察署で見せる」と言ったらちゃんと警察署で対応してくれます。

日本では偽警察官なんて滅多にいませんが、海外では偽警察官による犯罪に頭を悩ませている地域もあるくらいです。例え警察官を名乗っている人がいてもまずは警戒しましょう。

なぜか食べ物や飲み物をくれる人

日本では大阪のおばちゃんは飴をくれるとか、巣鴨のおばあちゃんはお菓子をくれるとか、知らない人に食べ物や飲み物を配っている人って地域によっては珍しくはないですよね。しかし、海外でもし、食べ物や飲み物をくれる人が居た場合は警戒した方がいいです。

もらうだけならいいのですが、もらったものを口に入れるのはちょっと待ちましょう。実は、海外には食べ物や飲み物の中に睡眠薬を混ぜて渡してくる人がいるのです。睡眠薬で急激な眠気に襲われ、気付いた時には身ぐるみ剥がされて金品全て奪われてしまっていたなんてケースもあります。

公共機関や街中で仲良くなった人にもし、食べ物や飲み物をもらったら、丁寧に断るか、断れなかったらあとで食べると言って、その場では口にしないようにしましょう。

仲良くなった人とお酒を飲みに行くのも危ない

yj4

現地で現地の人と仲良くなるというのは珍しくありません。時にはお酒を飲みに誘われることもあると思います。

日本だったら付いて行ってしまいますが、海外ではまず付いていかないほうが良いでしょう。何日も案内してくれて一緒に居てくれるくらい優しい人なら大丈夫だと思いますが、知り合ったばかりで仲良くなりたてなら付いていかないのがベストです。

というのも、食べ物や飲み物をくれる人のように、お酒や食べ物の中に睡眠薬などを入れている可能性があるからです。気付いたらよくわからない契約書にサインをしていて、大金を払わざるをえない状況になってしまうこともあるからです。

また、睡眠薬などが入っておらず、普通に飲み食いできた場合でも、実は案内されたお店の人と、仲良くなった人がグルになっていて、必要以上にぼったくられてしまうこともあるからです。

対策としては、断るのがベストなのですが、もしも、断れなかったら、相手が選択したお店ではなく、自分で選んだお店に行きましょう!「行ってみたいお店があるから・・・」と言えば大丈夫です。頑なにそれを拒めば怪しいと思ったほうが良いです。「そこのお店はまずいよ!」と言われても「なら、こっちも行ってみたいからこっちにしよう!日本人の口に合うかもしれないし!」と、相手にお店を選ばせないようにしてください。

一人旅だと余計に、仲良くなった人と一緒に食事をしたいと思うかもしれませんが、金品を盗んだり、お金を巻き上げるために近づいてきている人もいますし、全て実際にバックパッカーが体験したトラブルであり、作り話ではないので、実際にこのようなことが世界各地で起こっているのは確かな現実です。

仲良くなった人が写真に写ってくれない&身分を教えてくれない

yj1

やっぱり旅をしている中で出会った人たちとは思い出として写真に残しておきたいですよね!インターネット上でもよく、旅人と現地の人が仲良く写っている写真を見かけます。

しかし、中には写真に写ってくれない人もいます。恥ずかしいという理由もあるかもしれませんが、思い出に残したいと言われて断る人ってあまりいません。それでも頑なにに嫌がるなら要注意です。さらに、どこに住んでいるとか、名前とか職業とかも全然教えてくれない人はかなり怪しいです。

このような人は、騙して金品を盗むために観光客に近寄ってきている可能性があります。犯罪目的で近寄ってきた人は、証拠を残したがりません。写真は大きな証拠になってしまいますので、絶対に拒みます。いくら仲良くなっても、怪しいと思ったらすぐに離れましょう。自分の身のためです。

日本語で話しかけてくる人

例えば、お店に行ってたら店員さんが日本語を話せる人だったというときは問題ありません。しかし、店員さんでもないし、自分は普通に歩いているだけなのにやたら日本語で話しかけてくる人は注意しましょう。

海外に行くと、言葉が通じなくて孤独な思いをすることもしばしばあると思います。そんな時に日本語で話しかけられたら、つい嬉しくなったり安心してしまうのが日本人です。しかし、用もないのに日本語で話しかけてくる人は注意したほうが良いでしょう。

日本人をターゲットにぼったくり商売を行っていたり、犯罪を犯している可能性があるからです。海外では日本人と中国人ってあまりみわけがつきません。しかし、そこをちゃんと見分けて日本人に日本語で話しかけてくるということは、日本人慣れているということです。ハワイのように日本人が多い観光地ならともかく、あまり日本人がいないのに日本語で話しかけてくる人は注意しましょう。

共通して言えることは「話しかけてくる人には注意」ということ

要注意人物に共通して言えることは、「相手から話しかけてくる」ということです。明らかに自分が困っているような素振りをしていたら、助けたいと思った人が助けてくれるかもしれません。しかし、別に困ってもいないし、ただ電車に乗って移動しているだけ、ただ歩いているだけ、ただ買い物をしているだけなのに話しかけてくる人は怪しいです。

何か困ったことがあったら、明らかに困った素振りをするか、自分から話しかけますよね?自分から話しかけたわけじゃないし、困ってもいないのに話しかけてくる人は、あなたをターゲットにして何かをしようとしているに違いありません。良い人もいるかもしれませんが、警戒した方がいいです。

中には、現地人だけでなく日本人で日本人をターゲットに犯罪を繰り返している人もいますので、注意してくださいね。

海外では、この警戒心がとても大切になってきます。日本とは全く環境が違うし、安全性も違う、文化も違うということを忘れないようにしましょう。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:yuuma familyスタートから44日目~47日目琵琶湖志賀駅から京…
  2. NIC_NEwYork02
    ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…
  3. ※写真:yuuma familyスタートから14日目から15日目青森県つがる市周…

新着記事

  1. red
    みなさん、ミャンマーは実はワインの名産地だということを知っていましたか?ミャンマーを訪れる観…
  2. cs_promologoorangerevrgb_fullsize
    みなさん、カウチサーフィンをご存知ですか?世界中の旅行先で、無料で泊めてくれる人を探すことが…
  3. barista
    日本でも大人気のスターバックス。繁華街のスタバ店内はいつもイス取りゲーム状態です。海外ほとん…
PAGE TOP