DSC00720

イギリス南イングランドのおすすめスポット!ベスト3選

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

DSC00827

「ロンドンはもう十分満喫した。郊外におすすめの場所はない?」そんな人に教えたいのが南イングランド。

ロンドンから電車一本で行ける南イングランド地方は滞在中が夏ならぜひ足を延ばしたい場所です。

ロンドンのVictoria駅から毎日ブライトン行きの電車が出ているので、ロンドンからはそれに乗って出かけましょう。

ブライトンまでは一時間ほど。ですからロンドン~ブライトンに日帰りで出かける人も少なくありません。

では南イングランドのおすすめの場所をご紹介します。

ブライトン(Brighton)

駅を出て真っ直ぐに歩道を進んでいくとビーチがあります。よく晴れた日にはこんなにも美しい青空と海が目の前に広がります。

日本では砂浜のビーチが多いですが、ここでは砂ではなく石になっていました。

DSC00720

DSC_0206

このビーチは夏になるとロンドンからの海水浴客でにぎわいます。

海沿いにはおもに海水浴客が宿泊するたくさんのリゾートホテルが立ち並び、部屋からも美しい海を臨めます。

DSC00795

そしてここで食べておきたいのがイギリスの伝統食「フィッシュアンドチップス」。

DSC00752

ブライトンではビーチや海岸道路沿いにフィッシュアンドチップスを出すお店がいくつもあります。

よく「どこのフィッシュアンドチップスがおいしいの?」と言われますが、イギリス人いわく海辺の街でとれる新鮮な魚を使ったものがおいしいそうです。

都会のロンドンで食べる味とは一味違うという人もいるので、一度食べ比べてみてください。

セブンシスターズ(Seven Sisters)

地名は海岸線沿いに白い崖が7つ連なっていることに由来しています。崖が白いのは石灰岩でできているからだそうです。

DSC00839

ブライトン駅前からビーチの方に向かって少し歩いたところにあるバス停から、海岸線沿いを走るセブンシスターズ行きのバス(Brighton&Hove Bus)12か12Aに乗ります。

乗車券は駅のチケットオフィスで一日乗車券を買っておいてください。もしくはロンドン~ブライトンまでの切符を買うときにPLUS BUSチケットを買えば、乗車券が付いてきます。

セブンシスターズカントリーパーク(Seven Sisters Country Park、バス停はSeven Sisters Park Centre)で下車。そこからフットパスを歩きます。

DSC00814

観光客もたくさんいるので、皆が歩いている方へ進めば迷うことはありません。

しばらく歩くと白い崖が見えてきます。よく晴れた日だったので、レジャーシートを敷いて海を眺めている人もいました。

DSC00820

崖の上に上がってみるとまた違った景色を見渡せます。足元すぐ下に広がっているのはドーバー海峡です。

DSC00832

このように下からも上からも景色が楽しめるので、高所恐怖症でなければどちらも行かれることをおすすめします。特に上からの景色は絶景です。

へイスティングス(Hastings)

世界史で「ヘイスティングスの戦い」という出来事を聞いたことがある人もいるかもしれませんが、その舞台となった場所です。

ブライトンから電車で約一時間ほど。ここでは小高いところからの景色が楽しめます。

名所へイスティングス城(Hastings Castle)は駅から徒歩で行ける距離にありますが、街中を抜けてからけっこう上り坂があるのでスニーカーやバレエシューズなど歩きやすい靴がよいでしょう。

坂を上りきると下には街が広がっています。

DSC_0230

もうひとつの見どころは街なかのリフトで行くウエスト・ヒル(West Hill)です。

DSC00769

ここからもへイスティングスの街が見渡せます。海のすぐそばに街が形成されていることがよくわかりますね。

DSC_0232

ぜひこの街の上にしかない景色をカメラに収めてきてください。

それぞれ近い場所にあるとはいえ、一日で3か所すべて回るのは時間的に厳しいです。

一日はブライトンビーチとへイスティングス観光、もう一日は南イングランドの海岸線めぐりとすれば、それぞれゆっくりと楽しむことができます。

2日間も郊外へ行く時間が取れない人は、日帰りでブライトンとヘイスティングスに行くこともできます。セブンシスターズに行きたい人は朝早く出かければ、その日の夕方にはロンドンに戻ってくることが可能です。

夏でも天気がすっきりしない日が多いイギリスですが、滞在中晴れた日があれば出かけるチャンスです。

各地で美しい景色が迎えてくれるでしょう。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. 183-tn
    ※久々にパパが日記を書いてみました。トルコの人はフレンドリー過ぎる。10歩歩けば…

新着記事

  1. dscf3266
    「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  2. dscf3391

    2016/12/6

    石垣島life
    僕らがいつも石垣島で何気なく見ている風景、そして僕らの後ろ姿なんかを写真に収めてここに残して…
  3. boss-fight-free-stock-images-photography-photos-high-resolution-coffee-cafe-espresso
    コーヒーのイメージのない台湾。しかし、実は台湾人が過去に世界ラテアートチャンピオンに選ばれた…
PAGE TOP