20151126_170215_1280

イタリアに長期滞在してみて分かったイタリアの郵便事情

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

家族に手紙を送ったり荷物を送ったりと何かと利用する郵便局。
海外から荷物を送ることには慣れている私は、今回、イタリアの首都ローマから日本へ荷物を送ろうと試みたのですが…

これがイタリアの郵便局、スペインとはまた違った衝撃を受けたので、ここに記したいと思います。

営業時間がとにかく短い

20151126_170215_1280
全ての郵便局というわけではありませんが、大きい郵便局以外は大体お昼過ぎくらいには営業終了します。

写真の郵便局はミラノにある郵便局ですが(とは言えこの郵便局も平日でも14時15分に営業終了しますが)、私がはじめに訪れた郵便局は平日だったにも関わらず13時50分に営業終了で(その時の時刻は14時、一歩遅かった)唖然としてしまいました。

大きな郵便局は19時まで営業しているところもありますが、そんなに数は多くないです。

郵便システムを理解していない従業員が多い

20151126_170133_1280
はじめに行った郵便局の営業時間が終了していたため、私と親友(イタリア人)は19時まで営業しているローマで一番大きな郵便局に行くことに。
英語が通じないことは薄々気付いていたため親友の助けを大いに借りました。
親友「日本にこの荷物を送りたいのですが、どうしたら良いですか?送るための箱はありますか?」
郵便局員「…」(その辺にいる他の従業員に何かを聞いている、20分くらいかかった)
親友「…」
郵便局員「分からないので少々お待ちください。」(インターネット検索を始める)
親友「この荷物を送れる箱はありますか?」
郵便局員「箱はここにはありません。」
親友「(唖然)あそこにある箱は?(大きな郵便用と思われる箱が2つほどあったため)」
郵便局員「うちに箱はありません。」
親友「じゃあ、どうしたら良いんですか?(若干怒ってる)」
郵便局員「その辺のお店で買って来てください。」
私と親友「…(唖然)分かりました。」

従業員がインターネットで調べていることにも驚きましたが、箱がないことに関しては空いた口が塞がらないくらい衝撃でした。
ということで、私たちは箱を売っているお店を探しに行くことになりました。

郵便局に箱がない、だからひたすら箱を探す

20151117_090346_1280
郵便局員がその辺のお店で買って来てと言うくらいなのだから、近くに箱を売っているお店でもあるんだろう、そう思っていました。

近くにそれらしいお店を発見したため、箱を探すことに…
…なんと箱が売っていないではありませんか。従業員に聞いても箱は売っていないとのことでした。
他にそれらしいお店がなかったため、お店を2件、3件、4件、5件と巡り、余っている箱がないか聞いても(親友がすべて聞いてくれました)、どこのお店も「あそこのお店にあると思うよ。」と答えるばかり。

しかし、ついに6件目のお店の従業員が異なる答えを言いました。
「あそこのゴミ捨て場にはたくさん段ボール箱があるよ。」
これ以上時間を無駄には出来ません。(お店巡りだけで30分はかかりました)私たちは、ゴミ捨て場にある使えそうな箱を探すことにしました。
もちろんそこはゴミ捨て場なので綺麗な箱はありません。しかし、これが箱を手に入れられる最後の望みだろうと感じました。

ゴミ捨て場には確かに大量の段ボール箱が。しかしそれらはゴミ。破れていたり汚かったりサイズが良いものがなかったり…箱を選ぶのにまた時間を費やしてしまいましたが、良い見た目・大きさの箱を見つけたため、即その箱を手に入れ箱を組み立てました。

ここまで約1時間。箱1つを探すのにこんなに時間がかかるとは…。

カード払いはできないと思ったほうがいい

実はこれは郵便局に限った話ではありません。バーやカフェ、タバコ屋さん…そして、メトロの切符を購入する機械もイタリアはカードが使えないことが多いです。
(因に、筆者は4ヶ月旅して一度もスリ等にはあっていませんが、イタリアはカードが使える場所でも現金で払った方が良いです。カード払いをしている人はスリの良い狙い目となるためです。)

さて、郵便局ですが、今まで訪れた各国の郵便局ではカード払いができたので、当然この郵便局でもカード払いができるだろうと思っていました。(ローマで一番大きな郵便局でもあるので)
しかし…なんとカード払いはできないとのこと。カードの機械はあったのですが、どうやら使えないようです。唖然。
現金を持ち合わせていなかった私は、一旦近くの銀行でお金をおろすこととなりました。
その後、色々書類に書き込んだり(書類に書く内容は他国とそんなに変わりません)、手続きをしたり、郵便局員は相変わらずインターネットで調べたり…。

全ての手続きが終わり郵便局を出た頃には、なんと17時30分。
箱1つ送るのに約3時間もかかるとは…思ってもいませんでした。

まとめ

20151126_134822_1280
まず、郵便局へ向かう際は時間に余裕を持って行動した方が良いと思います。小さな郵便局だと、本来の営業時間終了前に終了なんていうこともあり得ます。
荷物を送る際は、事前に大型スーパー等で箱を購入するか、ゴミ捨て場で綺麗な箱を探す..等の準備をしておいた方が良いでしょう。

また、スペイン同様、イタリアの郵便局員も英語が喋れない人が多いので、事前にイタリア語を勉強することをオススメします。

とにかく唖然としてしまった、イタリアの郵便局でした。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. dscf0860
    家族四人で世界を歩いた思い出写真…
  2. SONY DSC
    日本に一時帰国。次の旅に出るまでの間どこに住もうか?家ないし、仮住まいが見つかるまででも学校に行かせ…
  3. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…

新着記事

  1. frankfurt-germany_0
    ドイツにあるフランクフルトという街を知っていますか?ソーセージを串に挿した「フランクフルト」の街とし…
  2. victoria-974779_1280
    温暖な気候に恵まれて、バンクーバーよりもこじんまりとしたBC州の州都ビクトリアは、世界中からの観光客…
  3. walter-white-money
    内戦や政情不安などにより経済が不安定な国では、通貨価値の変動が大きく動いていきます。事情を考…
PAGE TOP