lallibera1

エチオピアの奇跡の世界遺産、ラリベラの岩窟教会群に行ってみた

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

lallibera1

1978年に世界文化遺産に登録されたラリベラ岩窟教会群。地中に掘られた十字の形をした教会を誰もが一度は写真で見たことがあるでしょう。巨大な岩を手作業で掘って造ったとは信じがたいですよね。そんなエチオピアが誇る世界遺産、ラリベラの岩窟教会群の中でも見どころのスポットをご紹介します。

ラリベラってこんな町

lalibella

首都アジスアベバからプロペラ飛行機で1時間、エチオピア北部の世界遺産の町ラリベラに到着します。

その昔、ラリベラの町はロハと呼ばれていました。後にエチオピアを支配した王が生まれた時、蜂が群がったといわれ、王家やロハの住民はこれを優秀な王の誕生とし、「蜂に選ばれた者」を意味する「ラリベラ」の名がつけられました。その後、王にちなみ町の名前もラリベラに改名。

エチオピアにキリスト教が伝わり、エチオピア正教として全土に広がりました。信者たちの多くは、エルサレムへの聖地巡礼を目指すも、イスラム教との手によりエルサレムが陥落したことにより断念。熱心なキリスト教徒だったラリベラ王と人々は、エルサレム巡礼ができないことを悲しみ、ラリベラに第二のエルサレムを作ろうと24年かけて岩窟教会群を建立しました。

岩窟教会群は、エチオピア最大の見どころでもあると同時に、エチオピア最大の巡礼の地でもあります。エチオピア正教のクリスマスは1月6日。その日を祝うためにエチオピア中からラリベラを目指し徒歩で旅をしている人々を見かけます。クリスマス前後2週間は巡礼者でラリベラ中いっぱいになります。

町の中央を走るアデバベイ通り(Adebabay Street)の両脇には観光客用のホテルやギフトショップ、カフェが点在します。町には街灯がないところが多いので夜になると真っ暗になります。迷わないように注意しましょう。

ラリベラの岩窟教会群(Rock-Hewn Churches of Lalibela)

lalibelamap

ヨルダン川を挟んで大きく2つのグループに分かれます。少し離れたところに最大の見どころの聖ギオルギス教会があります。12の岩窟教会からなる世界遺産です。エチオピアの人々の信仰の場で祈りを捧げるための場所なのでマナーには注意しましょう。

一枚岩を掘り下げて造られた独特な方法で作られ、窓や部屋も岩をくり抜いて作られています。

第一グループには6つの教会があります。聖救世主教会マドハネ・アレム聖堂、聖マリア教会、聖ゴルゴタ教会、聖ミカエル教会、聖処女教会があり、ヨルダン川を挟んだ第2グループには聖エマニュエル教会、聖マルコリオス教会、聖ガブリエル・ラファエル聖堂、聖アバ・リバノス教会、聖ガブリエル・聖ラファエル教会が点在します。12〜13世紀に作られたとは信じられない圧巻の教会群です。

聖ギオルギス教会(Bet Giorgis)

george

高さ・幅・奥行き12メートルの十字型のギオルギス教会は最大の見どころです。教会内部に描かれた聖書の場面も見応えがあります。

元軍人だったギオルギウスは、ドラゴン退治で知られる聖人。異教徒の王の手により殺害された聖ゲオルギウスがラリベラ王の夢に現れ「聖ゲオルギウス教会」を造るように命じた、と言い伝えられています。

高台に登ると教会が見渡せ、写真撮影におすすめです。また、教会を見学する場合は細い通路をおりていきます。下から空を見上げると、岩を掘って作られたこの教会の凄さがわかります。

聖救世主教会(Bet Madhame Alem)

12189220414_cd296b31df_b

アクスムの町にある聖マリア教会を模して造られたとされる聖堂。34本の柱で囲まれた教会は800㎡の規模はを誇り岩窟教会群で最大です。壁を厚くし教会内部には柱がないのが特長です。内部にはアブラハム・イサグ・ヤコブ3つの墓があります。日曜の礼拝時には内部にある巨大な十字架に祈りを捧げるために信者の列が延々と続きます。

ゴルゴタ聖堂(Bet Golgotha)

golgota

キリストが処刑された地名をとって造られた教会です。ラリベラ王の墓とも言われています。建物には形の違う窓が3つあり「三位一体」を、十字架はキリストを表し、内部にはエチオピアらしいイコンが描かれて、壁には12使徒の姿が彫られています。

マリア聖堂(Bet Mariam)

maryam

小さく、一見地味な教会ですが、岩窟教会群の中では最古で唯一壁に装飾のあるマリア聖堂。聖救世主教会からは地下道でつながっていると言われています。内部から卍や十字に切れらた窓に差し込む光が美しくため息が出ます。

基本情報

アクセス:ラリベラの中心街から徒歩10分

料金:1006ブルまたは50アメリカドル

営業時間:現地にて要確認

定休日:なし

http://whc.unesco.org/en/list/18

※チケットセンターで簡単な地図をもらますが、詳しく見て回りたい場合は英語のツアーガイドを雇うこともできます。入場料とは別料金になります。

※※見学の際に靴を脱がなければいけない教会があります。教会内はダニなどの害虫が多いので、虫よけ対策はしっかりと!

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  2. 写真:Yuuma Familyインド15日目、コルカタINしてから電車を乗り継ぎイン…
  3. ※写真:yuuma familyスタートから31日目から34日目新潟県から富山県…

新着記事

  1. 201612114
    誕生日、クリスマス、お正月、もらったプレゼントやお金のすべてを寄付する、言葉にすれば簡単なよ…
  2. istock-000014228017medium
    日本人に大人気の観光地、タイ。中でも首都のバンコクには毎年たくさんの観光客が世界からやってき…
  3. rdfwse
    キャンピングカーでアメリカ横断すのは人生で一度は憧れる人も多いのではないでしょうか。しかしア…
PAGE TOP