DSC02386

オーストリアが世界に誇る銘菓〜ザッハトルテを現地ウィーンで食べ比べ

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

オーストリアが世界に誇る銘菓

世界一有名なチョコレートケーキと言ってもいい「ザッハトルテ」

発祥の地はオーストリアの首都ウィーンです。

DSC02386

甘い7年戦争

ザッハトルテの商標をめぐって起きた争いが甘い7年戦争です。

ザッハトルテの生みの親は「フランツザッハ」という人。

彼の名前をとって「ザッハトルテ」と名付けられました。レシピは息子のエドワードザッハに受け継がれ、彼が開業した「ホテルザッハ」で売り出されました。

その後ホテルザッハが財政難に陥りウィーン王室御用達のケーキ店「デメル」が援助を申し入れました。

DSC02446

ホテルザッハの息子とデメルの娘が婚姻関係を結び、援助の代わりに秘伝のレシピがデメル側に渡ったと言われています。戦争が起きたのは二人の死後・・・

ホテルザッハ側がザッハトルテの商標めぐって訴訟を起こしました。

裁判は7年にも及びホテルザッハのものを「オリジナルのザッハトルテ」デメルのもの「デメルのザッハトルテ」と呼ぶことになりました。

つまり大元のレシピは同じです。

DSC02445

デメルのザッハトルテ

日本にも支店のあるデメル。日本では「ザッハトルテ」といえばデメルという印象があります。

スポンジケーキとコーティングのチョコレートの間にアプリコットジャムが塗られたっぷりの生クリームが添えられています。上には三角形のチョコレートが飾られています。

DSC02435

店内は大勢のお客で溢れています。かなり並びましたが待っている間に厨房の様子を見ることができました。

ケーキ店ということで店内には甘い香りが漂います。

 

IMG_6620

ホテルザッハのザッハトルテ

ホテルザッハのザッハトルテはスポンジケーキが2段になっていて間とコーティングの間にアプリコットジャムが塗られています。たっぷりの生クリームは同じで、上に飾られているメダルは丸い形をしています。

こちらは日本に支店がありません。しかし世界中の支店から取り寄せることができます。

ホテルザッハに併設するカフェで食べることができました。こちらも並びましたが5分ほどで中に案内されました。ほとんどのお客がザッハトルテを食べていました。

 

味の違い

味の違いですが、パーツごとの味の違いはほとんどありません。ただホテルザッハの方がアプリコットジャムが2層塗られていることもあって食べ応えがありました。たっぷりの生クリームとコーヒーとどう組み合わせるかも食べ方楽しみ方だと思います。

 

ウィーン菓子

ザッハトルテばかりが注目されがちですが、ウィーンの伝統菓子は他にも魅力的なケーキが多くあります。

ウィーンでスイーツを堪能するのであればザッハトルテはオリジナルのッホテルザッハで、その他のケーキをデメルで食べることをお勧めします。

 

日本で食べるウィーン菓子

IMG_4762

日本でウィーンの伝統菓子を食べたいという方にお勧めのお店が神奈川にある「リリエンベルグ」というお店。店内は常に多くの客で賑わいます。こちらのシェフがデメルで修行された経験を持っているということもあって、ショーケースにも本格的なケーキが並びます。日本人向けにアレンジされ、クラシックながらどこか新感覚のケーキも味わえます。もちろんザッハトルテもありますが要予約なのでご注意を。

 

DSC02442

結局どちらが美味しいの?

結論は、どちらも同じです。アプリコットジャムの酸味を感じたい方はホテルザッハへ、もう少しチョコレート本来の味を楽しみたい方はデメルへ。どちらも最高に美味しいです。

たっぷりの生クリームとウィナーコーヒーを飲みながら優雅な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:yuuma familyスタートから61日目スタートからの距離2025k…
  2. ※写真:YuumaとうとうインドINしました。子連れバックパッカー4年目、ずっと行き…
  3. 音楽が地球を救う日が来るかもしれないニューヨークから東に十数キロにあるノーセーフティーエ…

新着記事

  1. owachomo_bridge
    私は世界を旅し、生の絶景を数多く観てきました。なかには、思い描いていたものとギャップがあり「…
  2. img_1
    最も人気の観光地ともいわれるバルセロナですが、あなたは何を楽しみに行きますか?バルセロナを満喫するた…
  3. book_natalie_alexandrov132043
    旅に出た、世界に出たきっかけというのは人それぞれ違い、テレビだったり、ブログやインスタグラム…
PAGE TOP