kh0

カイロ版アメ横?ハーン・ハリーリでシーシャと美味い飯とショッピング!

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

kh0

カイロ版アメ横? お土産から日用品まで何でもござれ~ハーン・ハリーリ「Khan el Khalili」/エジプト・カイロ

旅先でのショッピングは、目的があろうがなかろうが、実際に買い物しようがしまいが、大切なお楽しみであることは確か。

エジプトまできて何を買うって? それは、ハーン・ハリーリに行ってみれば分かる。あれもこれも欲しくて目移りしてしまうはずだ。

kh2

ハーン・ハリーリは巨大な野外マーケット

一部にアーケードがついた部分もあるが、ほとんどは露天、野外。そこに猫の通り道程度の隙間さえないみっちり感で店が立ち並んでいるのだ。

14世紀にはすでに市が立っていたらしいが、徐々に拡大し、周囲の大小のマーケットが合体するなどした結果、ここだけが古い形のままで残った。ハーンは「交易」をハリーリは「親しい友人」を意味する。この地域は古くから隊商宿が立ち並ぶエリアだったらしい。

kh1

ハーン・ハリーリはどれほど大きいか

実際に訪れた人の中には、すごく広くて歩き疲れるほどだと言う人もいれば、あっという間に通り過ぎるサイズだと言う人もいる。この捉え方の違いは買い物好きかどうかが大きく関係していると思う。

ハーン・ハリーリの実際のサイズは半径100mほどと決して広大なマーケットというわけではない。ただ、その中は縦横無尽に横道斜め道が走り、完全な迷路と化している。もし、買い物が好きであれば、あっちこっちへ寄り道しているうちに狭い中をグルグルと迷い込み、実際以上に広く感じられるだろうし、買い物は苦手な人であれば、中心の通りをまっすぐに通り過ぎて戻ってくるだけとなり10分程度で終わってしまう。

近所に住んでいて、目的の店で目的の買い物や飲食をするために出掛けるならいざ知らず、観光で訪れるなら、積極的に迷い込むつもりで出かけたほうが、当然楽しめる。

kh3

ハーン・ハリーリはその外側から始まっている

確かにハーン・ハリーリと呼ばれる市場は半径100mほどのエリアを指すが、実際にはその周辺の路地からもう露店はずらりと並んでいて、どこが始まりやらどこが終わりやら見当もつかないような状態だ。

特に、ハーン・ハリーリ内はかなり観光客仕様になっていて、売られているものは、お土産にちょうどいいものが多くていいのだが、客引きは激しく値段交渉も難しい。

一方で、市場の外側に出ている露店や小さな商店はより庶民向け。売られているものも、小さな家電や食器、衣類、寝具など、雑貨がメインになってくる。それでも、店内を除いてみるとエジプトらしいものは意外と見つかるもの。

よりローカルなショッピングを求めるなら、市場の周囲にも目を向けてみたい。

kh4

シーシャはやっぱり体験しておこう

まるで笛のような長い筒から吸い上げる水煙草「シーシャ」。カイロに来たら、これを試さない手はないだろう。

ハーン・ハリーリ内にはシーシャを専門に扱う店がたくさんある。店の中にも外にもシーシャセットが置かれているのですぐにわかる。

ところで、シーシャにはフレーバーがある。それも、ガムかキャンディか? と思うような多種類で、ほのかに甘いものもあれば苦味の強いもの、酸味メイン、メントール系など様々。店によっては、いろんな味を試させてくれることもあるが、たいていは1フレーバー1シーシャ。

水煙草とはいっても、煙はかなりモクモク。普段吸い慣れない人は間違いなく咽るのでご注意を。また、シーシャ本体が気に入ってお土産に購入する人もいるが、割れやすい素材のものは避けるべき。無事に日本に持ち帰れる可能性は限りなく低い。

kh5

ハーン・ハリーリでご飯

人の集まるところ、ご飯を出す店がないわけがない。

市場で働く人も、買い物に来た人も、通りすがりの人も、フラっと入ってはガツガツと食べているのが「コシャリ」と呼ばれる混ぜご飯の一種。

米やマカロニ、時には豆の上にミートソースをかけたもので、好みの調味料をトッピングしていただく。見た目は美しくないが、なかなか美味しい。そしてどこで食べても安いのが特徴。辛さを自分で調節できるところもいい。

kh00

ハーン・ハリーリでお茶

喉が渇けば、カイロ名物濃厚なフレッシュマンゴージュースもいいし、紅茶もいい。そしてどうせ飲むならこの店に行ってみたい。

カイロには歴史のある喫茶店がいくつも残されているが、この市場内にも「カイロ最古」といわれる喫茶店「エル・フィシャウィ」がある。古い木目がシャレた店で、有名人たちも多く訪れているという。

いつ行っても大混雑なので、仲間と順番に買い物に出掛けながら席取りをしたほうがいいだろう。

kh7

何を買うべき?

バラマキ用のお土産なら、スフィンクスやピラミッドを象ったマグネットや栞がおすすめ。文鎮や置物なども手頃な価格で見栄えもいいが、重いので持ち帰るのが大変。

自分用には、金・銀・真鍮などの食器やアクセサリーがエジプト風の絵柄で引きつけられるし、お買い得。ただ、アクセサリーの場合には純度などでごまかされないようある程度目利きが必要かも。

また、女性用にはベリーダンサーの衣装も人気。実際にはいつ着るのか? というデザインではあるが、珍しさと話題性では抜群だろう。

kh8

香水と香水瓶

何と言ってもカイロでのショッピングでのおすすめは香水と香水瓶。

オーソドックスなものからエキゾチックな香りまで、できあがった香水を選ぶこともできるし、好みにアレンジしてもらうことも可能。ただこれも、自分の鼻にある程度自信のある人向け。または、店の鼻利きさんにお任せするのが意外と正解だ。

さらに、気に入った香水に合わせたボトルを購入しよう。ガラス製品だが、小さくきちんとした布箱に入れてもらえるので割れる心配はほとんどない。キレイな細工が掘られたり描かれたりしているボトルは、香水を入れなくても、飾りとしても十分価値がある。

kh9

ハーン・ハリーリショッピングの奥義

ある人は店員の言い値の半額からといい、またある人は10分の1からスタートともいう。ずいぶんと幅のある話だが、彼らの言い値とはそれくらいいい加減なものなのだ。

ただ、彼らもやたらとふっかけているわけではない。ちゃんと相手と懐具合を見ている。だから、まずはふっかけられない外見を作っておく必要がある。その上で、自分が納得できる物価をあらかじめチェックしておくといいだろう。

その金額は、懐具合次第でもいいし、町の定価販売の店でチェックしてきた価格を目安にしてもいい。ようは、自分と店員が「よし!」と思えばそれが適正価格なのだ。

kh10

注意

値段交渉は楽しい面もあるが、煩わしい面もある。そして何より時間がかかる。

ショッピングにあてられる時間が限られているなら、交渉も適当なところで手打ちにしないと目的の買い物を終えることができない。また、あまりゴネると自分の気分だけでなく店員も気分を害して険悪なムードになることもある。だからといって、まず乱暴にされることはないが、せっかくの旅の思い出が曇ってしまうので、笑顔でやりとりできるうちに「買う」か「買わない」かをはっきりさせるべきだろう。

kh11

ハーン・ハリーリにはいつ行くといいか

日曜は原則定休日であり、店の大半が閉まっている。また、彼らの宗教的な祝日にも閉まることがある。

それ以外は、午前中からかなり夜遅くまで開いているので、いつ行っても買い物には困らない。ただ、夜に一人でウロウロはあまりおすすめしない。

kh12

最後に

時間がたっぷりあるなら、ブラブラとあっちもこっちも覗いてゆっくりと品定めすればいい。何日でも楽しめるだろう。

ただ、多くの旅人は市場1つにそこまでの時間をさけない。そこで、おすすめしたいのが、ガイドを雇うこと。カイロ歩きではガイドを雇うのはごく一般的。ガイドがいたほうが、何かとコトがスムーズに運び、フラストレーションも少なくて済む場合が多い。

1、2時間程度ガイドに市場内を案内してもらい、おすすめの店や見どころ、価格設定などをチェックしておく。その後で自分でもう一度ゆっくりと足を運んでショッピングというのが一番だろう。

最近ではカイロ土産のアメ横とまで呼ばれるハーン・ハリーリ。客引きのおじさんに負けず、勢いと機転で上手な買い物を楽しみたいものだ。

そこを訪れた人しか感じることのできない感動を、写真、動画、そして言葉で表現してみませんか? あなたの旅の話を聞かせてください。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. ※写真:yuuma familyスタートから61日目スタートからの距離2025k…
  2. IMG_8150
    一人でふらっとビーチを散歩してみたくなり、外に出てみた。波がとっても高くて、水しぶき…
  3. NIC_NEwYork02
    ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…

新着記事

  1. 201612114
    誕生日、クリスマス、お正月、もらったプレゼントやお金のすべてを寄付する、言葉にすれば簡単なよ…
  2. istock-000014228017medium
    日本人に大人気の観光地、タイ。中でも首都のバンコクには毎年たくさんの観光客が世界からやってき…
  3. rdfwse
    キャンピングカーでアメリカ横断すのは人生で一度は憧れる人も多いのではないでしょうか。しかしア…
PAGE TOP