image

スリランカ最大の都市、コロンボでの過ごし方

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

日本からスリランカへ向かうと必ず立ち寄るのがコロンボ。スリランカの玄関口、バンダラケイナ国際空港はコロンボから北に35kmにあり、日本からの直行便スリランカ航空をはじめ、世界の各都市から飛行機が到着します。
コロンボは経済的にも人口的にもスリランカで最大の都市ですが、古都キャンディや古代遺跡が集中する文化三角地帯と比較すると、これと言った魅力的な観光名所が少ないので、少し物足りなさを感じるかも知れません。
因みにスリランカの首都はスリジャヤワルダナプラコッテ、1985年にコロンボから遷都されました。

コロンボでの過ごし方

初めてのスリランカ旅行はキャンディやシーギリヤなどに足を運ぶ人が多いのではないでしょうか。筆者の旅もそうでした。
キャンディ、シーギリヤともにコロンボから日帰りで行ける距離ですが、移動や交通渋滞で疲れてしまうので、コロンボでは予定を決めずに気ままに街を散策しました。
今回はのんびりと過ごしたい人のための、コロンボの歩き方をご紹介します。
市内の移動でお世話になるのがスリー・ウィーラー、三輪タクシーです。メーター制とメーターのない車とがあるので、屋根や車体に「Meter」と書いてある車を選びましょう。

image

 

①まずは街の中心に行ってみる

新しい場所について最初に思うことは、「この街には何があるんだろう?」です。
とりあえずは、1番栄ている場所行ってみます。
コロンボの中心はフォート駅周辺のフォート地区とぺター地区。
フォート地区は、官庁や銀行などが集結する経済の中心地で、イギリス統治下のコロニアル建築と近代的なビルな混ざり合う地区です。
一方、運河を挟んだペター地区は活気あふれる庶民の街で、商店街は地元の人で賑わいます。

フォート地区のシンボル的存在、時計塔。
かつては灯台の役割を果たしていましたが、周囲に高い建物が増えたため、現在は時計塔としてのみ使用されています。

P1060355

ペター地区の商店街の様子。

P1060354

ペター地区にあるジャミ・ウル・アルファー・モスク(Jami Ul Alfar Mosque)。
1909年に建造されたコロンボで最も古いモスクです。
自由に入れますが、お祈りの邪魔にならないように注意しましょう。

P1060352

 

②アフタヌーンティーを楽しむ

紅茶を飲まなければスリランカは語れません。
日中は蒸し暑いので、冷房の効いた室内でゆっくりティータイムを取るのはいかがでしょうか。とても贅沢な気分になります。
レースコース(Racecourse Complex)内にあるティー・ブリーズ(Tea Breeze)という紅茶カフェに行ってみました。スリランカで最も歴史ある紅茶会社だそうです。写真のアフタヌーンティーセットは800ルピーでした。

image

同じ建物内にはスリランカの紅茶局がオープンさせたセイロンティー・モーメンツ(Ceylon Tea Moments)があります。
※ガイドブックやインターネットの情報だとカフェレストランのようですが、お茶が並んでいるだけでレストラン営業はしていなかったです。改装中でしょうか?(2016.05.04訪問)

image
所在地:
Racecourse Complex
Reid Avenue Colombo 7, Colombo
レースコースの徒歩圏内には博物館や公園、コロンボ大学などがあります。
写真はヴィハーラ マハー デーウィ公園(Vihara Maha Devi Park)です。

P1060362

 

③お寺を拝観する

ガンガラーマ寺院(Gangaramaya Temple)はコロンボで1番大きな寺院です。
境内は土足厳禁、入口で靴を預けます。拝観料は300ルピー。多数の仏像が祀られている他、世界中から寄進された仏像や仏具、絵画、骨董品も展示されています。

P1060374
P1060365

 

④スーパーに行ってみる

旅行先でスーパーに行くのが筆者の楽しみの1つ。地元の人の生活が垣間見れるし、日本との物価比較、珍しい野菜や果物が並んでいたりと、なかなか面白い場所なのです。
ARPICO(アルピコ)はホームセンター型のスーパーマーケット、紅茶やお菓子類など空港よりも安くお土産になりそうな物が手に入ります。

P1060384
image
所在地:
69 Hyde Park Corner, Colombo 2.

 

⑤波の音に癒される

image
海沿いのGalle Road(ゴール・ロード)をスリー・ウィーラーで走ると風が気持ちいいです。
ホテルが海沿いだったため、浜辺でバシャバシャと波と遊んでいました。普段海と無縁な都会に住んでいると、たまに海を見ただけで心が穏やかになります。

 

1日の締め括りはビールで

夕食後、ホテルの最上階でビールを頂きました。1人で静かに飲むのもよし、気の合う仲間とワイワイやるのもよし、旅の想い出を振り返りましょう。

image

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…
  2. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…
  3. 旅に出て半年経つあたりから「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常…

新着記事

  1. frankfurt-germany_0
    ドイツにあるフランクフルトという街を知っていますか?ソーセージを串に挿した「フランクフルト」の街とし…
  2. victoria-974779_1280
    温暖な気候に恵まれて、バンクーバーよりもこじんまりとしたBC州の州都ビクトリアは、世界中からの観光客…
  3. walter-white-money
    内戦や政情不安などにより経済が不安定な国では、通貨価値の変動が大きく動いていきます。事情を考…
PAGE TOP