h0

ノマドにおすすめ海外銀行口座「香港HSBC」

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

h0

はじめに

固定のオフィスを持たず、時には日本を離れることも多いノマドワーカーにとって、銀行選びでは信用性にプラスしてインターネットでどこまで用を足せるかが重要なポイントです。

日本国内はもちろん世界中にある星の数ほどある銀行の中から、日本人ノマドワーカーにとって使い勝手の良さそうな「香港HSBC」の利用方法や利点についてまとめてみました。

h1

香港HSBCとはどんな銀行か?

イギリスの金融グループのバックを持ち香港に本店を置いていますが、世界中に支店を持っています。

世界の主要都市に支店があるとはいっても、個人銀行業務は主に香港国内に限られます。ただし、パーソナルインターネットバンキングの充実度がハンパないため、世界のどこにいてもインターネットにさえつながることができれば、ほとんどの銀行業務をオンラインで済ませられるという長所を持ちます。

香港人にとって「金融」は人生におけるスーパー重要案件です。銀行は単なる財布や押し入れ代わりの預貯金先としてだけでなく、投資や保険といったより高度な活動を支える大切な窓口です。そしてそれを支えるのが、全世界対応24時間365日体制の各種サービスなのです。

h2

日本の銀行との違い

日本の銀行では、預貯金以外の相談には一種の特別感があります。それだけ個人で銀行をフル活用できている人がいないこと、また裏返せば銀行側にそれだけのサービス体制ができていないことを意味しています。

ところが、香港HSBCではちょっと入金や振り込みで立ち寄っただけでもすぐに、コレコレのお得な投資がある、今加入中の保険がグレードアップしたとプラスアルファの情報を押し売りしてきます。これは迷惑に感じることもありますが、いい意味でこちらが銀行を利用しやすい環境が整っていると捉えることもできます。

もちろん、予約をして別室でみっちりと相談を受けることもできますが、ちょっとした疑問や興味を満たせるチャンスがすぐそこに常に用意されている感覚なのです。また、このサービス感が窓口だけでなくインターネットや電話を通じたバンキングで十分に享受できる点も香港HSBCの大きな利点といえるでしょう。

h3

インターネットバンキングでできること

日本の銀行も近年はインターネットバンキングがオプションとして設けられていますが、その利用範囲にはまだまだ感があります。残高照会や振り込み程度でしか利用していない人がほとんどなのではないでしょうか?

香港HSBCの場合、口座ランクによって多少違ってきますが、いわゆる銀行業務のほとんどのインターネットで24時間行うことができます。できないことはほとんどないと言っても過言ではないでしょう。また、それらに伴う手数料の安さも注目に値します。時間外手数料はまず存在しません。送金や振り込みの手数料も格安である上、関連銀行間や登録済み銀行間であれば瞬時に手続きが完了します。

さらに、各国通貨の口座を簡単に開設できる点も注目。世界各地に滞在したり、各地の通貨での入金支払がある場合に非常に便利。外貨両替も自分の口座間で自由に操作できるため、レートをチェックしながら簡単に為替の差額を生かした投資もできてしまいます。

これらのインターネットバンキングや電話バンキングでつまずいた時には、やはり24時間体制のサポートセンターで電話対応してもらえます。

h4

口座開設方法

香港HSBCは、口座開設資格を定期的に見直しています。香港ID所持者であればまず問題はありませんが、香港内に住所や職場を持たない外国人の場合にはパスポートなどの身元保証以外にある程度のデポジット的初回入金を求められることが多いでしょう。

また、近年日本人をはじめとした外国人による投資目的の口座開設者が増加していることから、初回入金額が高めに設定されることも増えています。さらに、実際に現金を持ち込むだけでなく、他銀行の英文残高証明書や投資会社との取引実績証明などが信用を得る上で有効だといわれています。

ただ、同じHSBCであっても支店や対応する行員によっても対応が変わることも珍しくありません。長期滞在して何度もチャレンジすることができるならいいのですが、一度で確実に口座開設したい場合には、口座開設をサポートしてくれる業者を利用するのも一つの手でしょう。

また、口座には数種類のランクがあり、それぞれに利用できるサービス内容が多少変わってきます。必要なサービスが受けられる口座を開設するよう十分な下調べをしておきましょう。プレミアクラスの口座を開設できれば、クレジットカードも付帯させることが可能です。

h6

口座の種類

大きく分けて3種類の口座があり、それぞれの口座開設条件として総残高の金額が設定されています。

「パーソナルインテグレーテッドアカウント」は、もっとも初歩的な口座で総残高が10,000香港ドルで開設が可能です。IDや他行の残高証明、投資履歴などの提出によってそれ以下の金額でも開設できますが、10,000ドルを下回る場合には口座維持手数料が月60ドル発生します。

海外向けの投資やFX、保険などを扱うのが目的であれば、この口座でも十分に対応できます。

続いては「アドバンス」と呼ばれる口座で、総残高200,000香港ドル以上の条件が課されています。残高がそれ以下になると月120香港ドルの口座維持手数料が発生します。

「パーソナルインテグレーテッドアカウント」との違いは、ATM引出限度額が多いことと、専用の窓口が用意されていることがメイン。現在はアドバンス口座だからといってクレジットカードも無条件で発行されません。そのため、両者に大きな差はなくなり、強いてアドバンスを選ぶ必要はないかもしれません。

「プレミア」はもっとも上位の口座となります。1,000,000香港ドルという高額残高利用者向けの口座で、世界中のプレミア口座間で送金手数料が無料になります。これは、定期的な海外送金を必要とする人にとっては大きな利点でしょう。また、各地の本支店で特別ラウンジや窓口を利用できるため待たされることがありません。さらに、年会費無料のクレジットカードが自動付帯で発行されます。ただ、最低残高を下回ると月380香港ドルの口座維持手数料がかかるほか、定期的に適性の見直しが行われているため口座がダウングレードされる可能性もあります。

h7

海外バンク利用の注意点

香港HSBCは海外投資を行う日本人に人気の高いブランドです。距離的に実際に足を運んで口座開設をしやすいこと、比較的口座開設が易しいこと、インターネットバンキングが充実していること、外国為替口座が作れること、そして、イギリスと中国を背景とした銀行そのもののパワーへの期待などがその理由です。

世界を旅するバックパッカーの入出金バンクとしてだけでなく、アジア各国向けの投資を行うメインバンクとしても十分使いこなせるというマルチさが本格的なノマド投資家たちにもウケているわけです。

ただ問題は言語の壁。個人で口座開設をする場合には、英語か広東語・北京語のいずれかが必須となり、会話が成り立たないレベルの語学力では口座開設を断られます。また、一定残高や定期的な利用痕跡がない場合、また電話やメールでのコンタクトがつかない状態が続いた場合には、口座を凍結されてしまうこともあります。

使えるバンクもこちらが十分に使いこなさなければ、銀行側から三行半を突きつけられる可能性があるわけです。

h9

まとめとして

海外の銀行での口座を開設は、そこで生活をするか仕事をするかといった長期的視野を持った人にのみ許されることのように思われていました。

ところが、法人だけでなく世界を股にかけて活動する個人が増えたことから、各銀行では個人投資家を視野に入れた新規口座開設にも門戸を開き始めています。ただし、その基準は銀行によってまちまちであり、意外と厳しいのが現実です。その点、香港HSBCは比較的手軽に口座開設が可能である点と便利なインターネットバンキングが充実しているところが魅力。

既に海外でお金を動かしている人はより安全性と利便性を得るために、これから海外で投資を始めてみたいという興味を持つ人にはその第一歩として、香港HSBCの口座開設は有意義な一歩となりそうです。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…
  2. 旅に出て半年経つあたりから「旅への意識」が変わってくる。旅をしているのではなく、日常…
  3. NIC_NEwYork02
    ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…

新着記事

  1. 201612114
    誕生日、クリスマス、お正月、もらったプレゼントやお金のすべてを寄付する、言葉にすれば簡単なよ…
  2. istock-000014228017medium
    日本人に大人気の観光地、タイ。中でも首都のバンコクには毎年たくさんの観光客が世界からやってき…
  3. rdfwse
    キャンピングカーでアメリカ横断すのは人生で一度は憧れる人も多いのではないでしょうか。しかしア…
PAGE TOP