b0

バックパッカーと両立しやすい職業8選、一生旅人になれる職業

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

b0

はじめに

これからも身軽に旅をし続けたい。就職してもバックパッカーを続けたい。そんな願望を持つバックパッカーやその予備軍たちに、バックパッカーと両立のしやすい職業をご紹介します。

終身雇用が仕方なしに崩れてきている日本で、実はほくそ笑んでいるのがバックパッカーなど時間をもっと自分のために自由に使いたいと考えている人々。彼らにとって終身雇用の定職は、バックパッカーの旅に出ることを阻む最大の壁でもあるからです。

職業意識が多様化してきている昨今、どんな職業ならバックパッカーと両立していけそうなのでしょうか?

b1

1. ノマド

第一にあげたいのが「ノマドワーカー」です。ノマド(遊牧民)のように定住せず仕事や気分や状況に合わせて自由自在に移動しながら仕事をしている人をいいます。

彼らの場合、バックパッカーというスタイルとノマドというスタイルの一部または全部を重ねてしまうことができます。ノマドとして時間や場所に縛られない職で収入を得られれば、まとまった時間をバックパッカーの旅に費やすことが可能ですし、バックパッカーとして旅行しながらその場所で収入を得られるノマドワークをこなしていくことだってやっぱり可能なのです。

ただし、ノマドの場合安定した収入を得られるだけの能力やチャンスは誰にでもあるわけではありません。ノマドになりたいと思っても、就職試験や資格試験があるわけではなく、あくまで自力でノマドで成功した人がノマドなのです。その点、一見簡単になれそうでありながら、実はなるのが難しい職業ともいえます。

トラベルライターやウェブサイト経営、後述の投資家もこのノマドに含まれることがあります。

b2

2. 投資家

海外で生活する日本人の中で、駐在や留学、国際結婚などを除いた個人の職業で多いのが「投資家」です。ここでいう投資家は、企業に籍をおいて業務の一環として投資を行う投資家ではなく、あくまで個人で個人の資産を使って投資を行う投資家です。

彼らは投資に関する知識と情報と電話やネット回線があれば、世界中のどこからでも世界中のトレードに参加することができます。そして、手元にある資産がたとえ数千円であってもそれを数千万円にすることが可能であり、逆に数億円の資産があっても、それをゼロどころかマイナスにしてしまう恐れもあるという、一か八かの要素を持つ職業でもあります。

投資家はなろうと思えば誰でもなれます。ただし、やはりそれなりの収入に結び付けるのは簡単ではありません。また、かなりの量の知識を常にアップデートしていく必要もあります。企業投資家の多くが、サラリーこそいいものの神経をすり減らして早期退職していくのも納得の過酷な部分があるのです。

ただ、一定の資産さえ築いてしまえば、投資家という職業は世界各国の滞在ビザを取りやすいという利点もあります。バックパッカーになるのはもちろん、ロングステイヤーになることもできるのです。

b3

3. 航空会社勤務

大手航空会社または、大きなグループに入っている中規模航空会社などに勤めるのも、バックパッカーを続けるには好都合です。

企業には福利厚生があり、それは職種によっていろいろ。航空会社の場合には非常に安く航空券を入手できるというバックパッカーにとって非常に嬉しい特典があります。もちろん、フライト直前に空席があることが大前提ではありますが、地球の裏側まで飛んでいっても数千円程度~という安さ。また、近年は多くの航空会社がお互いに路線をカバーし合う形でグループ化しています。このグループ会社の路線も格安で利用できるため、その行動範囲はかなりの広さとなります。

これは、パイロットやフライトアテンダントだけでなく、事務職や技術職も共通です。ただ、パイロットやフライトアテンダントの場合には、ロングフライトの途中と後には必ず数日から1週間近い休日がつくお得感があります。さらに外資系であれば、長期休暇もかなりとりやすいので、バックパッカーにとって天職といえそうです。

ただ、近年増加しているLCCの場合には、グループ化が不十分で利用できる路線が限られていることもあるので、就職活動の際にはその辺りも十分にチェックしましょう。

b4

4. 季節労働者

日本にも外国にも、ある特定の季節にだけ募集のかかる職業があります。国内ならスキー場や夏の海辺、高原野菜の出荷など、海外なら小麦の収穫、ブドウ摘み、羊の毛刈り、冬の雪かきなど、実にさまざまな季節的職業が存在しています。

これらの職業に安定性があるかといわれれば、答えはNOかもしれませんが、それはほかの職業でも多少の差こそあっても似たようなもの。季節労働のいいところは、期間限定で多くの場合食住を確保しつつまとまった金額を稼ぎ出せるところ、さらにその季節が終われば長い休みを取れるところにあります。

がっつりと稼いでバックパッカーとして旅にでるのにピッタリ。年齢や経験や体力などにもよりますが、バックパッカーとの両立を目指すなら、もっとも手っ取り早い職業かもしれません。

b5

5. 外資系

バックパッカーにとって、日系と外資系企業の違いは年功序列でも給料差でもありません。ホリデーの長さと取得のしやすさにあります。

例えばフランス系の企業で本社系列の職種につけば、1~2か月という長期のホリデーを取ることが当たり前です。日本に多いアメリカ系であっても数週間単位のホリデーは当たり前。

能力主義なので、実力さえ認められれば休みもかなり自由に取ることができるのが外資系の強みなのです。

b6

6. 研究職

大学生や大学院生などは職業とは呼びにくいのと、学生という身分そのものでは収入を得られないため、ここでは含めません。ただ、大学院卒業後につく研究職や各種研究所勤めの研究員であれば、研究して学びながら収入も得られます。そして、研究内容にもよりますが、普段休みなく働く日々が続くことがあるかわりに、まとまった長期の休みを取れる可能性が高い職種でもあります。

これこそ、得意とする分野があり、それなりの能力がないと勤まらない職種ではありますが、バックパッカーとの両立を考えるとおすすめ職業といえます。

b7

7. 塾講師

ブラック系が多いとして最近取沙汰されることもありますが、塾講師は昔も今も短時間で高収入を得られる職業の一つです。パート勤務か専任かで収入も休みやすさも変わってきますが、塾は通常の学校がある時期の放課後にあたる夕方以降勤務と、多くの学校の長期休暇中の2パターンで働きます。

パートの場合、夏期・冬期・春期講習時期に休むことでバックパッカーとして旅する時間を作れます。専任の場合には正社員なのでパートほど気軽に休めませんが、夏期講習会などで休みなく働いた分、時期外れにまとまった休暇を取れるチャンスがあります。

おすすめ度は若干落ちますが、実際のバックパッカーの多くが実際の職業としていることが多く、現実的に両立がしやすい職業の一つなのです。

b8

8. 主婦(夫)

最後にあげるのがこの永久就職口です。留守番になるかもしれない夫や妻には申し訳ないのですが、主婦(夫)は決まった休日がないかわりに、「休むぞ!」と思いきれば好きなだけ休むことも可能なのです。

心よくあなたがバックパッカーとして旅に出ることを許してくれる人と結婚できたなら、これこそ最も両立しやすい職業ナンバー1です。

b10

まとめとして

実は、日本人と日本企業の多くが今も終身雇用を目標としています。安定した職と収入こそが第一という考えは、時代とともに薄れているように言われますが、その実、人々の心の中ではまだまだ理想の一つとして残っています。ただ、現実にはそれが叶いにくくなっているのです。

でも、バックパッカーという立場からすればそれはひょっとしたら歓迎すべき事態なのかもしれません。働き方が多様化しているからこそ、バックパッカーという過ごし方と両立しやすい職業が増え、世の中でも認められやすくなっているからです。

「社会人になったらそうそう旅なんてできない?」いいえ、それこそ、あなたの職業選び次第なのです。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. SONY DSC
    日本に一時帰国。次の旅に出るまでの間どこに住もうか?家ないし、仮住まいが見つかるまででも学校に行かせ…
  2. この町では、玄関、窓、車、すべての鍵は開けっ放し、刺しっぱなし!だから僕たちもアパー…

新着記事

  1. 201612114
    誕生日、クリスマス、お正月、もらったプレゼントやお金のすべてを寄付する、言葉にすれば簡単なよ…
  2. istock-000014228017medium
    日本人に大人気の観光地、タイ。中でも首都のバンコクには毎年たくさんの観光客が世界からやってき…
  3. rdfwse
    キャンピングカーでアメリカ横断すのは人生で一度は憧れる人も多いのではないでしょうか。しかしア…
PAGE TOP