jjj1

バックパッカーの知って得する外貨両替の知識。基本~裏知識

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

jjj1

海外ではその国の通貨を使わなければ何かを買ったり、サービスを利用したりすることはできません。その国の通貨を手に入れるためには、外貨両替をしなくてはなりません。しかし、外貨両替って実は色々な方法があって、それぞれでメリットとデメリットがあります。そのメリットとデメリットを理解することで、よりお得に外貨両替をすることが可能です。費用の限られているバックパッカーの旅をするなら、ぜひとも覚えておきたいことの1つですね。
では、外貨両替にはどのような方法があるのかご紹介いたします。

外貨両替の基本知識

まずは、外貨両替についての基本的な知識をご紹介いたします。

外貨両替は日本国内でも現地の国でも行うことができます。そして日本国内で行う場合と、現地で行う場合ではレートが違います。米ドルは日本国内でも現地でもレートはほとんど代わりませんが、それ以外の通貨に変える場合は現地で行った方がお得です。
特に、アジア、中南米、オセアニア、アフリカなどの通貨はレートも悪く、さらに両替ができない通貨もあるので、現地で両替をした方が断然お得ということを覚えておきましょう。

現地で外貨両替を行う場合は、銀行で行うのが基本です。ホテルではレートが悪く、銀行のほうがレートが良いのは一般的です。ただし、現地の銀行でも銀行によってレートは異なります。基本的に、大きな銀行の場合はレートが良く、地方の小さな銀行などはレートが悪い傾向があります。どの銀行のレートが良いのかは、空港内の係員さんなどに聞いてみると良いでしょう。
自分で一番良い両替所を探す場合は、平日にも関わらず行列ができているようなところを選ぶのがおすすめです。行列ができているということは、レートが良くてお得に両替ができるという可能性が高いからです。また、土日は手数料を多く取られてしまうところもあるので、基本的に両替を行うのは平日がおすすめです。

現地で外貨両替をするときの注意点

jjj2e

現地で外貨両替をするとき、いくつかの注意点があります。まず、両替をしたら、例え後ろに行列ができていようとその場で確認することが大原則です。というのも、国によってはインチキして少なく渡される可能性があるからです。特にアジア圏では街の両替所だけでなく、銀行の両替所ですらこのようなことを行う場合があるので、後ろで待たせている人がたくさんいたとしても、必ずその場で確認するようにしてください。
その場を立ち去ってから確認をして気付いても、相手にしてもらえることなんてまずありませんので、その場で確認することが、現地で外貨両替をするときの大原則です。
また、やりとりをしている間や確認している間も、自分の荷物からは決して目を離さないようにしてくださいね。両替所は置き引き被害が多発している場所でもあるので要注意です。

また、その両替所ではきちんとレシートがもらえるかどうかも確認してください。レシートがもらえないような場所ですと、古くて使えなくなってしまった通貨を出されたり、偽札を出される可能性があるからです。
普段使い慣れている日本円ですら偽札かどうかを判断するのは素人には難しいです。見たこともないような外貨ならなおさらわかりません。

そして、大きな額を両替したい場合は、一度に全て両替するのではなく、少額ずつわけて両替するのがおすすめです。なぜかというと、大金を両替すると、それを見ていた悪い人に襲われてお金を奪われるというケースがあるからです。
日本ではまず考えられないことですが、海外ではよくあることなので、面倒くさくても一度にたくさん両替するのではなく、少しずつ両替するのがおすすめです。

現地で外貨両替をする場合

では、外貨両替をする方法についてご紹介いたします。まずは「現金」で外貨両替をする場合です。

現金で両替する場合は、基本的に2~4%ほどの手数料がかかります。なので、外貨両替をする場合は2~4%ほど上乗せした額を渡さなければなりません。逆に外貨を日本円に両替する場合は、2~4%ほど差し引かれた額を渡されます。

現金で両替するときの注意点としては、多額の現金を持ち歩かないことです。海外で多額の現金は必要ありません。日本よりもスリやひったくりなどの盗難が海外では多いので、大金をそのまま持っていれば居るほどいざ盗まれてときのリスクが高くなってしまいます。
基本的には1日に必要な現金×滞在日数もしくは、長期的に滞在する場合は1日に必要な現金×1~2週間分がベストです。

キャッシュカードで外貨両替をする場合

jjj3

海外でも使用できる銀行のキャッシュカードを持っていれば、海外の銀行ATMで両替をすることも可能です。最近ではすぐに口座が開ける銀行もありますし、1~2枚くらい海外でも使えるキャッシュカードを持っていたほうが便利です。いざという時などにも役に立つのでおすすめです。

また、キャッシュカードのレートはそこまで悪くありません。だいたい現金と同じく手数料は2~4%くらいですが、銀行によって予め手数料が決められているので、一番お得な銀行のキャッシュカードを作っていれば、わざわざ一番お得に両替できる両替所を探して両替する必要もありません。
ただし、楽天銀行にように以前は手数料が1.63%だったのに2009年4月から2.96%に上がったという感じで、銀行によって手数料が変更になってしまうケースもあるので、手数料の変更がないか予め調べておくことが必要です。

銀行によっては、外貨両替をお得にできるサービスを用意していることもありますので、そのようなサービスを利用すれば、どんな方法よりもお得に外貨両替できるようになるかもしれません。

トラベラーズチェックで外貨両替をする場合

トラベラーズチェック(T/C)は現金で両替するよりも、基本的にレートが良いのでお得です。さらに、現金はなくした場合どうにもならないことが多いですが、トラベラーズチェックは再発行することができるので、いざというときもも安心できます。
お得に両替できて、さらに安心と安全性があることから、トラベラーズチェックでの外貨両替は人気が高いです。

ただし、トラベラーズチェックを利用するには色々注意するべき点があります。まず、発行するために手数料として1%取られます。さらに、両替する際に1~3%ほどの手数料がかかり、そこに両替額に関わらず固定で1~4ドルほどの手数料が加えられる場合があります。
現金よりもお得に両替ができる場合もありますが、トータルで考えたとき、場合によっては現金のほうがお得になることもあるということです。

しかし、手続きをすれば現地でも再発行することができるので、盗難が特に多い地域などに行く場合は、トラベラーズチェックを持つことをおすすめします。

クレジットカードで外貨両替をする場合

jjj4

クレジットカードで外貨両替をする人は多く、クレジットカードが一番良いという人もいます。確かにクレジットカードにはたくさんのメリットがありますが、外貨両替だけを考えてみるとクレジットカードはあまり望ましくはありません。

その理由は、クレジットカードで外貨両替をする場合も、1~4%ほどの両替手数料がかかり、それに加えて利息がついてしまうので、実際に使った額よりも高い額を支払わなければならなくなります。さらに、ATMで両替ができるという便利な部分はありますが、ATMの場合利用手数料がかかるので両替する度に手数料が加算されてしまいます。(提携ATMなどなら手数料が無料になる場合もあります。)
なので、トータル的な手数料など考えるとクレジットカードではお得な外貨両替を実現するのは難しいと思います。

しかし、クレジットカードなら、特別な手続きをしなくても海外保険が付いているので、前もって準備する必要がありません。カード会社によって補償額は違いますが、新規で海外保険に加入する必要がないので、加入し忘れていても大丈夫です。

まとめとして

外貨両替をする方法はさまざまであり、それぞれにメリットとデメリットがあります。一番おすすめなのは、やはり一番レートが良い方法で外貨両替をすることですが。全てに対応できるように全てを準備するのはとても手間がかかります。
なので、自分と相性の良い方法で、その中で一番お得に外貨両替できる両替所などを探すことがおすすめです。

1つ方法しか知らなかった場合より、いくつかの方法を知っていたほうがお得に外貨両替できるので、これからバックパッカーの旅をしようと思っている人はぜひ覚えておいてくださいね。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. img_2385
    2025km、61日間の思い出写真…
  2. NIC_NEwYork02
    ブロードウェイジャンクションにあるモーテルから電車で30分。世界の中心ニューヨーク。そしてニ…

新着記事

  1. dscf3266
    「自宅の庭にバーがあったらいいよね?玄関を開けたら素敵な空間と美味しいお酒があったら素敵だよ…
  2. dscf3391

    2016/12/6

    石垣島life
    僕らがいつも石垣島で何気なく見ている風景、そして僕らの後ろ姿なんかを写真に収めてここに残して…
  3. boss-fight-free-stock-images-photography-photos-high-resolution-coffee-cafe-espresso
    コーヒーのイメージのない台湾。しかし、実は台湾人が過去に世界ラテアートチャンピオンに選ばれた…
PAGE TOP