od1

バリニーズと神の親密度が伝わる「オダラン」を見学してみたら

»旅を職業にしたい人募集中!旅を人生の中心にしてよりハッピーな生き方に!「詳細はこちら」

od1

バリニーズと神の親密度が伝わる「オダラン」(Odalan)/インドネシア・バリ島

日本のどこかの街角で、毎日「お祭り」の一つや二つが行われているように、インドネシアのバリ島では、「オダラン」が行われています。

バリ島は「神々のいる島」。インドネシア内でも珍しいバリ独自のヒンドゥー教の神々を祀る宗教儀式や行事はほとんど毎日のように行われています。

町を歩けばお寺にぶつかり、ちょっと遠出をすればオダランに出会えてしまいます。オダランを楽しむことはバリを知り、バリを楽しむことにもつながります。

オダランの特徴

オダランとは「創立祭」のこと。お寺の創立を記念した行事すべてをオダランと呼びます。

バリのお寺には普段神様はいません。オダランなどの祭りの時だけやってきます。そのため、祭りの間は神様のために音楽や踊りや食料をたっぷりと用意しておくのです。

前述のように、バリには大小多数の寺が存在しています。バリニーズたちはとても信仰深く、観光地化しているような規模の大きな寺だけでなく、道の曲がり角、新しい商店前、古い自宅の隅っこなどには必ず小さな寺があります。

日本における神棚や仏壇にも似た感覚で寺が存在しているのです。

そんな数多くの寺が建てられたことを記念する祭は、どの寺にもバリの暦の1年に1度巡ってきます。これは西暦では約7か月に1度の割合になるため、オダランは頻繁に行われるお祝いといえます。

od2

オダランの開催会場・開催日

オダランはあらゆるお寺が会場となります。有名な寺院のオダランを見るためには、その日程を調べておく必要があります。オダランの日程はバリ暦に従って決められるので、西暦では毎年まったく違う日になるので要注意。

ただ、バリで1週間程度滞在すれば、島のどこかで必ずオダランは行われているといってもいいくらい。かなりの高確率で見ることができるでしょう。

ホームページなどで検索するほか、滞在予定のホテルやゲストハウスに問い合わせると情報を流してくれることもあります。

小規模のオダランは1、2日間で、大規模なオダランは1週間から1ヵ月も続けて祝い続けます。

od3

オダランの歴史

大きな寺が創立祭を祝うのはごく自然なことであり、歴史的にもその寺が建立された時からオダランは始まります。

家寺と呼ばれる家族のための寺は、いわゆる本家にあたる家の、聖なる方向である北東の隅に立てられる小さなもので、この家寺で行われるオダランは、日本でいうところのお正月のような感覚。一族郎党が集まって、家を守ってくれる神様をお迎えしてみんなで歌って踊って食べて楽しむというものです。

家を建て、家寺を建てた日がはっきりと分かっている場合もあれば、ウヤムヤになっている場合もあり、それぞれの家で集まりやすい日にオダランを設定していることもあるようです。

od5

オダランのパレード

オダランの前日に行われる浄化儀礼「ムラスティ」では、神へのお供えを掲げた女性がガムランの演奏隊と一緒に行列を作って、寺から海までの道を進みます。海が遠い山間部の場合には、近隣の集落を回って寺に戻ってくる場合もあります。

伝統衣装を身に着けた女性が頭の上に器用にお供えを乗せて片手で支えながら歩いて行く様子を撮影するチャンスです。

また、大規模なオダランの場合には、近くの別のお寺から神様の仲間が遊びに立ち寄ることがあり、そのための行列も組まれることがあります。

od6

オダランのイベント

数日前または前日になると、オダランが行われる寺はこれでもかと装飾され始めます。

踊りやガムラン演奏のための舞台が作られ、花や果物や紙飾りで賑やかに飾りつけられます。楽器が並べられ、バロンなどの仮面や羽織ものも仕舞い込まれていた倉庫から出されて飾られます。

供え物もどんどんと運び込まれ、あちこちに山積みです。家中、村中の人々が正装して興奮状態で寺に集まり始め、お寺の中は食べ物やたばこや花や体臭でむせ返るよう。

寺の準備が終わり、神様が寺に入ると、人々はそこここに座って祈りの時間となります。それまでのガヤガヤが嘘のように静かになり、プルメリアの花を指に挟んで両手を合わせて祈る姿と、その頭上に聖水をまき、聖なるお米粒を額とこめかみにギュっと押しつけていくお坊さんが登場。これが、オダランのメインイベントとなります。

od000

オダランの食べ物

神に捧げられた供物は全て家族や寺の信者たちに分け与えられます。それぞれに神からの授かりものとして持ち帰って自宅で食べるのです。

また、日本の祭りと同様に、オダラン中の寺の周囲には屋台がたくさん出店します。焼き鳥やバナナフライ、焼きそばや焼き飯、かき氷など、味付けはバリ風でも見た目は日本の祭りの屋台と大差ないものが売られていて、祭りの気分と食欲がいやがおうにも盛り上がります。

od8

オダランの記念品

供物の分け前として分けられる果物や花などは、参加者たちにとって大事な記念品です。

また、観光客の場合には、オダランに参加するために正装を購入してそれを記念品とする人も多いようです。

女性ならスケスケで肌にピッタリとしたブラウス「アパ」とサロン。男性は白装束。シャツとサロンとスレンダン(帯)とターバンのような鉢巻「ウダン」が正装です。

地元の参加者たちは子どもから老人まできっちり正装していますが、観光客の場合にはそこまで求められません。でも、揃えて参加することは歓迎されます。

od9

用意するもの

正装までいかなくても、サロンは必須です。寺でも貸してくれますが、お土産屋さんでも屋台でも購入できるものなので、自分用に一枚手に入れておきましょう。

また、オダランの格式にもよりますが、サロンだけでは浮いてしまうこともあります。特に男性は白装束がほとんどになるため、寺の入り口あたりでウロウロと覗きこむだけでいいのならともかく、中に入って祈りを捧げたり、奉納の音楽や踊りを見たいなら、それなりの正装を用意するのが礼儀です。

参加できること

参加に条件はありませんが、家寺のオダランの場合には家族の招きがなければ寺の中まで入るのは難しいでしょう。大規模なオダランであれば、服装と一定のルールさえ守れば誰でも参加できます。

また、オダランの前日と当日に行われる神様の渡りの行列にゾロゾロと参加するのは誰でもOK。

od11

一番の見どころ

ローカルの参加者たちにとっては祈りの場がもっとも大切な場面でしょう。でも観光客にとっての見どころは、神に奉納される踊りや音楽こそが見ものです。

オダランにおけるこれらの奉納は、地域の人たちが神のために行うものであり、観光用とはちょっと違っています。

それというのも、踊りも音楽も神の座す方向に向かって行われるため、観客はその後ろ姿を眺めることも多いのです。

また、それぞれのグループや団体が思い思いに奉納を行うため、時間割もなく、あちこちで同時開催されている場合もあれば、何一つ行われていない時間帯もできます。

それでも、バリに伝わる各種の伝統舞踊と音楽を一度に見聞きできる機会はそうそうないだけに、この機会は見逃せません。

od12

注意事項

バリの人々にとって寺は清浄な場であり、祭りもまた神事そのものです。

そのため、原則として穢れは持ち込めません。この場合の穢れとは、血や死を意味します。生理中や出産後すぐの女性、近親者の死後すぐの人、出血するようなケガをしている人の参加は非常に嫌われます。

残念ですが、行列を眺めるだけにとどめ、寺の中へは入らないようにしましょう。

od13

まとめとして

オダランはバリの人々の生活に密着した大切な宗教儀式です。バリニーズのシャイでありながらオープンハートな性格から、観光客に対しても門戸を開けてくれてはいますが、本来は家族や信者のためだけのイベントです。お邪魔する側が遠慮や配慮をし、マナーを守ることが大切です。

また、まったくの無関係な旅人として参加するのと、知人がいるのとでは、参加の仕方も祭りの内容への理解度も大きく変わってきます。

ホテルやゲストハウスのスタッフ、町で知り合った現地の新しい友達など、またはガイドと一緒に参加するのがおすすめです。

自由に旅をして稼ぎませんか?

自由にゆっくりと、風の吹く方向に歩む。旅そのものが職業、旅そのものが人生。
そんな生き方をする人が増える事が私たちの願いです。
だから私たちは、旅を職業にしたい人、誠の自由を手に入れたい人を心から応援しています。
このプロジェクトに参加したい人は以下の「詳細を見る」にアクセスしてください。

おすすめ

まだ読んでないの?

リアル本:2万8千部突破 世界一周の本ベストセラー

Yuuma Family – pickup

  1. dscf0860
    家族四人で世界を歩いた思い出写真…
  2. アミーゴ俺はこの町から一歩も出た事がない外の世界はどうだ?輝いている…
  3. img_2385
    2025km、61日間の思い出写真…

新着記事

  1. frankfurt-germany_0
    ドイツにあるフランクフルトという街を知っていますか?ソーセージを串に挿した「フランクフルト」の街とし…
  2. victoria-974779_1280
    温暖な気候に恵まれて、バンクーバーよりもこじんまりとしたBC州の州都ビクトリアは、世界中からの観光客…
  3. walter-white-money
    内戦や政情不安などにより経済が不安定な国では、通貨価値の変動が大きく動いていきます。事情を考…
PAGE TOP